多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:TGV

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    マラケシュからタンジェまで
    モロッコ鉄道最南端のマラケシュ駅から午前6時出発の電車に乗り、
    一路モロッコ鉄道最北端のタンジェ駅へと向かいます。 丸1日でモロッコを
    南から北まで一気に駆け抜けるため、6時間以上の旅となります。

    IMG_3125

    この列車に乗って、カサブランカを目指しますが、途中、空調が壊れているのか、
    外風がそのまま車内に送風されており、幾らアフリカとは言え、1月初旬なので、
    かなり寒かったです。

    モロッコ国鉄は、日本国内からも予約出来ることにはなっているものの、最終的な
    決済がカードでは出来ないため、実質予約が出来ません。 前日のうちに、翌日の
    チケットを予約しようと思い、窓口で尋ねたところ、チケットは当日以外は
    発売しないとのことで、早朝6時の出発に向けて、宿を4時40に出発しました。
    マラケシュの旧市街は、新市街から5キロ弱離れているため、歩くと1時間以上
    掛かりますが、タクシーだと早朝料金で50ディルハム(約900円)でした。

    途中のカサブランカ・ボヤジュー駅で乗り換えが必要なので、一旦駅の外に
    出て見ましたが、乗り換え時間が15分しかなかったため、ほんの数分で、
    カサブランカ観光を終えました。

    IMG_3128

    モロッコ南部は、100%フランス語が通じましたが、北部は、スペイン語以外は
    殆ど通じず、南北格差が非常に大きい国だと感じました。 基本的に、英語は
    どちらもさほど通じないため、モロッコ北部では、とりあえず、フランス語で
    話し掛けてみて、駄目であれば、スペイン語で訊くを繰り返しましたが、北部では
    フランス語は、殆ど通じませんでした。

    【マラケシュ駅→カサブランカ駅】
    IMG_3119
    IMG_3120
    IMG_3122
    IMG_3124
    IMG_3126
    IMG_3127
    IMG_3129
    IMG_3133
    IMG_3134

    カサブランカを出発
    IMG_3130

    「カサブランカ」とは、スペイン語で「白い家」と言う意味ですが、その名の通り、
    白い駅でした。 ここからは、フランスのTGV風の列車に乗って、一路、
    タンジェを目指します。 カサブランカは、モロッコ最大の都市ですが、首都は、
    このお隣りのラバトです。 商業都市と政治の街が分離しているため、東京の様に、
    どこも激混みということはありませんでした。

    【タンジェ駅】
    IMG_3135
    IMG_3137
    IMG_3139
    IMG_3140
    IMG_3141
    IMG_3143
    IMG_3144
    IMG_3142
    IMG_3145

    カサブランカからタンジェへ向かう電車は、フランスのTGV、タリスと同じ列車。
    モロッコの凄いところは、駅にも駅名が書いていないところ。 車内は何語でも
    放送をしないため、非常に困るのだが、流石に、終着駅なので、タンジェ駅で
    あることは分かりました。 モロッコ国鉄最南端のマラケシュ駅から最北端の
    タンジェ駅まで乗車したため、モロッコ国鉄は、3分の2程度走破したことに
    なります。 尚、マラケシュ→タンジェ間は、6時間弱で、直通列車はありません。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1964年に日本の新幹線が時速210kmの世界最速で営業運転を開始した。 しかし、
    1981年フランス国鉄は、パリ~リヨン間(南東線)に、最高速度270kmの高速列車
    TGVを走らせ、トップの座を奪ったが、その後も、フランスは研究と実験を繰り
    返し、1990年には時速515kmの最高速度を達成した。 その結果を元に、最高
    速度300kmの営業運転を開始した。 それと前後して、新幹線網も広がり、パリと
    トゥールーズやル・マンを結ぶアトランティック線、パリとリールやカレーを結ぶ
    北ヨーロッパ線が新設された。

    tgv0901

    更に、南東線を延長して、地中海のプロバンスまで路線を伸ばし、2007年には、
    ストラスブール方面の東線も完成した。 東線は最高時速320kmを出しており、
    東北新幹線はやぶさと同じ営業速度となっている。 フランスの新幹線は、起動の
    幅を在来線と同じ1435mmにしたため、どの路線にも乗り入れることが出来る上、
    平らな土地が多いため、鉄道の建設費が安く上がる事などから、座席指定券は
    必要だが、特別料金は必要ない。

    フランスの新幹線網は、自国内だけに留まらず、1994年5月、イギリスとフランスを
    結ぶ全長約50kmの英仏海峡トンネル(ユーロトンネル)が開通した。 この
    事業には、青函トンネルを開通させた日本も、技術協力を行っている。 これを
    受けて、ロンドンとパリを結ぶ高速列車ユーロスターが開業し、両都市間は
    3時間で結ばれる事となった。

    eurostar

    更に、1996年には、フランスとベルギー、オランダ、ドイツを結ぶ高速列車
    タリスが営業を開始した。 これらの高速列車には、いずれもTGVの技術が
    生かされており、フランスのTGV各線もスイスやベルギー、ドイツ等へ路線を
    伸ばしてている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ