多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:SNS

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領は、2017年5月16日、ロシアへの
    報復の拡大として、ロシアのソーシャルネットワーク『VKontakte』
    『Odnolkasniki』『Yandex』『Mail.Ru』へのウクライナ国内でのアクセスを
    ブロックする法令を発表した。 モスクワでは、この報道に対して、
    『ウクライナ政府による検閲』とまで揶揄されており、大きな驚きを持って
    伝えられている。 

    ウクライナを含む旧ソ連・ロシア語圏では、『Facebook』よりも『VKontakte』
    の方が利用者数が圧倒的に多く、当然、その他のSNSも、ウクライナ人の殆んどが
    ほぼ毎日利用している大人気ソーシャルメディアとなっている。



    ウクライナでも非常に人気のあるSNSリソースのほとんどが完全にブロックの
    対象となるため、ウクライナ政府による独裁体制の強化とも言われているのだが、
    最も困るのは、ユーザーで、この法令によって、ロシアとウクライナの情報の
    分断が更に加速することとなる。 特に、これらのSNSをビジネスで活用している
    ユーザの場合は、死活問題となるであろう。

    ウクライナ政府はこれまでにも、急にロシア語を禁止にしてみたり、キエフ⇔
    モスクワ間の空路を廃止してみたり、ヨーロッパ最大の音楽の祭典、
    『ユーロビジョン』においても、既に決定していたロシア代表をクリミアで
    コンサートを開いたためと称して、一方的に入国させなかったりと、これまでの
    ウクライナ政府の数々の横暴な対応は、正気の沙汰とは思えない。 ウクライナ
    では、旧態よりも更に酷い独裁体制が続いているため、ソ連時代の方がまだまし
    だったと見るのが妥当かも知れない。

    65b60ce65f

    ウクライナは、旧ソ連からの独立時、さほど大きな問題もなく独立を果たしたの
    だが、その反動として、常にロシアとの間で『アイデンティティー』の問題に
    苦しんで来た。 自らの国の存在意義をロシアへの恨みと妄想にしか頼ることが
    出来ない原始的な退化した国に、EUへの加入は決して認められない。
    ヨーロッパの秩序を完全に無視し続けるウクライナは、ヨーロッパにも決して
    入れない、ロシアにも戻れないというジレンマを抱えている。

    これまでも、ロシア軍が侵攻しているとして、自国民を大量に空爆しているのも
    実は、ウクライナ政府で、ウクライナは、アメリカによる情報操作の最先端に
    置かれている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    現代社会は、ほんの一握りの支配階級によって、社会全体が支配され、社会格差が
    年を追うごとに広がっている。 現代社会においては、子供は既に贅沢品となって
    おり、極度に不安定な雇用条件により、既に結婚すらしない社会においては、
    子供の貧困以前に、社会全体、国民全体が貧困となっている。

    結婚は出来ただけで勝ち組、ましてや、子供を設けられただけでも、十分勝ち組と
    言えるかも知れない。 そんな社会においては、子供手当てがどうのと言われても、
    『馬の耳に念仏』ならぬ、『勝ち組に補助金』となるため、社会的な関心が薄い。

    kakusa1

    一般労働階級の日常的な生活においては、ほんの数十円ですらケチって生活を
    しないと、既に生活が成り立たない状況となっており、そもそも、給料が余りにも
    安過ぎるため、関東では、既にダブルワーク、トリプルワークが当たり前なのだが、
    地方には、何故かその情報が全く伝わらない。 情報伝達に問題があるのは、何も
    格差社会ばかりではないが、特に、情報伝達を阻害しているのは、無関心による
    ウソの拡散。

    2000年前後位から、インターネットが急速に普及し、ウソ、間違いだらけの
    マスメディアに対しては、不信感が拭えないため、インターネット上の情報を
    鵜呑みにしてしまう人間が増えが、そのインターネットの情報もウソだらけで、
    ウソと本当の境界線が非常に曖昧となったため、インターネットの世界こそ
    ウソだらけと言っても過言ではない。 

    79c47f0c0453

    SNS等により、情報の伝達は、以前と比較すると、飛躍的に上がった筈なのだが、
    日本人のSNSの使い方は、綺麗ごと、あるいは、うわべ的な事柄しか言わないため、
    正確な情報が伝達されているとは言えない。

    疑わしい情報や、明らかにウソと分かる情報は、基本的にシェア拡散をしないのが
    大鉄則なのだが、思考停止時代のウソの情報伝達ほど早いものはない。 単なる
    ウソや出まかせに限らず、その伝達途中で、情報が更に歪み、ありもしない
    都市伝説にまで大化けているものまである。

    ウソと真実を見極めるためには、それなりの知識と情報を見て、自分の頭を使って
    判断をするのが一番なのだが、何もかもが『右へ倣え』の日本社会においては、
    他人と違う意見を主張をすると、社会からつまみ出されてしまう可能性が高いため、
    なかなか真実を言うことが出来ない。 また、右の人と同じ意見を言っておけば、
    少なくとも、社会から浮くことはないため、『安心感』という名の社会保障の
    ようなものを皆手に入れたがっていると言った方が分かりやすいのか。

    ウソだらけの社会を変えるためには、もっとそれぞれが腹を割ってウソ偽りのない
    現実的、かつ、建設的な話し合いをしなければならない。 一人ひとりの意識が
    変わらなければ、ウソだらけの社会は何も変わらない。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    東日本大震災から6年。 被災当時、かなり頻繁に使われていた『絆(きずな)』
    とは、本来は、犬、馬、鷹などの家畜を通りがかりの立木につないでおくための綱を
    表しており、しがらみ、呪縛、束縛の意味に使われていた。 人と人との結び付き、
    支え合いや助け合いを指すようになったのは、比較的最近である。

    fcb14375

    SNSなどでは、プロフィール画像にも頻繁にこの『絆』が強調されていたりもした
    のだが、実際は、被災地などには関心が薄い人が多く、単に『自分は良い人』を
    アピールするために使われていたのも事実。 これさえ付けておけば、自分も
    善良な日本人的な安易な発想から、好んで使っていた人も多かったのだが、
    被災から6年以上が経過し、風化を通り越して、既に災害が一切なかったことに
    なっている現在では、被災地以外では、既に完全に死語と化している。

    そもそも、熱しやすく冷めやすい国民性であるため、ものの数ヶ月で見事に
    この『絆』自体が風化してしまったのだが、単なる『友情』よりも強い結び付きを
    表している筈の『絆』は、元々、そこまで硬く結び付いてはいなかった。 結果
    として、単なる言葉の安売りになってしまったため、本来の言葉の意味が薄れて
    しまったとも言える。

    硬い友情で結ばれた『絆』とは、互いの価値を認め合い、相手のために出来ることを
    しようとすることを意味しているのだが、『脱原発』に見られるような、単なる
    一方的な思想の押し売りもこの『絆』に含めてしまったため、最終的には、収拾が
    付かなくなって消滅した。



    心から信頼し合える本当の友達を見つけるのも非常に大変なのに、そこまで硬く
    結ばれた友情など、おいそれとは存在しない。 SNSの発達により、世界中の
    人たちとは『友達』になれる時代になったが、SNS内の友人たちは、『友達』など
    ではなく、単なる『知り合い』に過ぎないことを忘れてはならない。

    被災時の海外からの支援に対する感謝の気持ちを日本人として当たり前と大々的に
    述べている人を多く見掛けるものの、実際は、義捐金のネコババが横行している
    ため、その支援は、被災地にはほとんど届かなかった。 義捐金は、被災者に
    届いてこそ、義捐金なのであり、思い通りの額を懐に入れて良いものでは決して
    ない。 阪神淡路大震災の頃からずっと言われ続けている義捐金の中抜きだが、
    一向に改善の兆しは見られない。 

    『絆』はお金で買えるものではなく、自分から一方的に求めるだけでも得られる
    ものではないが、一時の硬い結び付きよりも、緩く長い付き合いの方がまだまし
    なのではないだろうか。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    人間とは、非常に都合の良い生き物で、自分にとって不都合な真実は、なかなか
    受け入れようとはしない。 あえて茨の道を突き進むのであれば、心地の良い嘘を
    選択するのが人間の心理とも言えるのだが、そのような人間ばかりが増え過ぎた
    結果、真実と嘘の境界線がなくなってしまった。 嘘も大勢で押し通せば、真実に
    されてしまい、更にその嘘がマスコミに拾われてしまった場合、爆発的に嘘が
    広がるという矛盾を常に抱えている。
     
    人の噂も49日とは良く言ったもので、情報過多な現代社会においては、下手に
    抵抗をして波風を立てるよりは、その場はじっとこらえて、嵐が過ぎ去るのを
    待った方が賢い選択とも言える。 SNS等、気軽に誰でも情報を発信出来る
    ようになったのは良いが、その情報全てが正しいとは言えず、特に有料の雑誌、
    新聞、ブログ等に至っては、常にセンショーショナルな話題を振りまかないと、
    誰も見向きもしなくなるため、例え事実にそぐわない内容であったとしても、
    読者の心をつかむような記事を書く以外に金儲けの術はない。
     
    20150402top
     
    普段から自分の頭を使って、色々と判断をする訓練をしていれば、多少の嘘ぐらいで
    あれば、簡単に見抜けるのだが、現代社会においては、特に何も考えずに、SNS上で
    平気で嘘をシェアしたりしているため、嘘の拡散の速度が年々加速している。
    嘘を計画的にばら撒いている人間は、最初から言語道断なのは言うまでもないが、
    それを何の責任もなしに気軽に世間に拡散しているのは、自ら進んで嘘を発信して
    いる人間とほぼ同罪としか言いようがない。

    民主主義とは、そもそも、人民が権力を所有し、行使する政治のこと。 国民主権・
    基本的人権・法の支配・権力の分立などが重要とされる。 現代社会では、政治形態
    だけでなく、広く一般に、人間の自由と平等を尊重する立場を言うが、民主主義
    とは、無責任な発言を放置、容認するという意味では断じてない。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    現代社会は、膨大な情報に常にさらされた社会とも言うべき状況で、連日様々な
    ニュース、噂、ウソ、偽りが世間を賑わせているが、実際のところ、ウソと本当の
    境界線がハッキリとはしておらず、ブログやSNS等を通じて、個人が気軽に情報を
    発信出来るようになったため、更にその状況は複雑になった。

    テレビから流れて来る情報は、様々な情報をまんべんなく流していたものなのだが、
    インターネットの時代に移行してからは、自分の関心のある事柄にだけ特化して
    調べることが多くなり、関心に偏りが生じるため、自分に関係のない事柄には、
    関心を示さなくなった。 日本のマスコミも、視聴者の関心には敏感で、より
    数字を稼ぎ出せるニュースばかりを報道するようになったため、それぞれの
    地域ごとに情報の分断化が進んだ。

    hukannyou

    若い時にバリバリ働いて、老後のおカネを蓄えることが出来た高齢者世代。 一方、
    若い現役世代の間では、世代間格差ばかりではなく、深刻な経済格差が生じており、
    既に社会問題にもなっている。 若い世代は、いくら働いてたとしても貯金が全く
    出来ず、生活が豊かにならないという葛藤の中で、高齢者がねたましく思えて来る。
    逆に、高齢者世代は、子育ても親の介護も妻がやっており、男性は外で働いて家計を
    支えるという固定観念があるため、話がまるでかみ合わない。

    長引く経済不況の中、ここ数年で日本社会の不寛容性は遥かに増大した。 他者への
    過剰な批判やバッシングなどの攻撃的な言動ばかりが目立っているが、元を辿れば、
    社会に対するつもり積もった不満が他者への過剰なバッシングへと繋がっており、
    不寛容社会をますます酷くしている。 以前は、幼稚園がうるさい、ベビーカーが
    邪魔などと言う人は、ほとんど居なかったのだが、昔は問題にすらならなかった
    ような事柄がニュースや話題となることが最近は非常に多くなっている。

    そもそも、この不寛容性というのは、対象となるものを許せないという心理から
    来ているものであり、この許せないという感情は、怒りへと容易に変わる。
    よって、不寛容社会という言葉の意味は、皆が他人を許せずに常に怒りを抱いて
    いる社会のことと言えるのかも知れない。 常に自分以外の誰かや何かに対して、
    無意識に怒りの感情を抱いているのが不寛容社会。

    tsuruno1203

    個人が何気なく発した一言が、Twitterやブログなどを通して、炎上したり、有名人
    などで何か過ちを犯した人が一斉にバッシングや袋叩きにされるのは、もはや
    珍しいことではなく、他人事ですらない。 その中でも、特に厄介なのは、自分が
    絶対的な正義だと思っている人間で、その感情が過剰に行き過ることも多々あり、
    非常におかしな社会を作り出している。

    我々が平和な社会を築いて行くためには、自分と価値観の違う人や嫌いな相手に
    対して、無理に理解したり仲良くなる必要はなくても、お互い平和に共存して行く
    必要性がある。 嫌いだから、気に入らないからといって、相手を攻撃したり、
    危害を加えても良いという話にはならない。 

    00001hjkh6

    【社会が不寛容で攻撃的になっている理由とは?】
     
    ①怒りによって刺激を求めるのが人間の本能?

    人間は、おだやかなでポジティブな感情よりも、怒り、憎しみ、妬み、悲しみと
    いったマイナスな感情の方が記憶に残りやすい。 よって、ポジティブな言動
    よりも、ネガティブな言動の方が多くなる。 特にその中でも、怒りは一番
    強烈で刺激が強く、攻撃的な言動をする人間が多くなる。 

    ②マスコミやSNSによる怒りの増幅と拡散

    テレビや雑誌、インターネットでは、日々さまざま問題や出来事を取り上げて
    いるが、マスコミは視聴率や売上がを常に気にしなければならないため、
    その内容は人の目を引くような刺激的、あるいは、ネガティブなものが当然
    多くなる。 このようなマイナスな社会的なニュースばかりを見ていると、
    自分の感情を抑え切れなくなるため、むしろ、マイナスな話題をプラスに変える
    ような柔軟な発想の転換が必要となる。 負の感情ばかりが社会全体に蔓延
    しやすい状況に陥っている現代社会においては、気付かないうちに怒りの感情を
    他者によって持たされていることが実は多い。

    ③感情を抑制出来ない

    社会の価値観、倫理観が時代と共に大きく変化し、少し前までであれば、周囲や
    世間の目を気にして抑えていた感情や行動を、抑制することなく、表に出す人間が
    増えた。 現代社会では、過剰サービスなどにより、社会が便利になり過ぎたため、
    むしろ、忍耐力がなくなった。
     
    thumbnail2
     
    不寛容な社会を変えるためには、我々一人一人が怒りの感情や負の感情を出来る
    限りコントロールし、自らを変えて行く必要性がある。 たまには、便利なものから
    遠ざかり不便なもの、理不尽なことに対する耐久性を身に付ける必要性がある。
     
    現代社会においては、相手の悪い点ばかりを並び立て、他者を一切認めないため、
    時には、自分の悪い点にも目を向け、自己反省をする必要性がある。 自分のことは
    完全に棚に上げ、他者を攻撃し、己の感情を野放しにしていることが、今の息苦しい
    社会を作り出している最大の原因ではないか。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    『仕事も人生も、とてもつらい。今までありがとう』−−。 2015の
    クリスマスの早朝、東京で1人暮らしの高橋まつりさんから静岡県に住む母
    幸美さん(53)にメールが届いた。 あわてて電話し『死んではだめよ』と
    話しかけると、『うん、うん』と力ない返事があった。 数時間後、高橋さんは
    自ら命を絶った。

    高橋さんが中学生の時に両親が離婚。 『お母さんを楽にしてあげたい』と
    猛勉強して東京大に入り、電通に入社した。 だが高橋さんのSNSの書き込みは
    昨年10月以降、『体も心もズタズタ』『眠りたい以外の感情を失った』などと
    深刻になった。『君の残業時間の20時間は会社にとって無駄』などと上司から
    パワハラ発言を繰り返されていた様子も書かれていたという。

    電通は2016年9月23日、ネット広告を契約通りに流さず、広告主に過大請求
    していた問題を公表している。 高橋さんが所属していたダイレクトマーケ
    ティング・ビジネス局もこの問題に関わっていたという。

    1878666049

    電通の過労自殺問題で明らかになったのは、日本社会の歪みと、何もかも
    見てみぬ振りをする人が多いという事実だと思う。 比較的成功した人間に
    限って、この事件に対して否定的な意見が多かったのは、これまで他人を
    蹴落として生きて来たたためで、この事件を認めてしまうと、自分を否定して
    しまうため、否定的なコメントばかりするのだと思う。

    過去に派遣社員として某超有名大手企業数社で数回働いたことがあるのだが、
    どこも正社員として残っているのは、ひとくせもふたくせにある人間ばかりで、
    他人を蹴落として自分だけ生き残った人達ばかり。 他人の成果を自分のものに
    して伸し上がった人間も多く、基本的にまともな人間は、生き残れない世界と
    考えて間違いない。 そもそも、世間で言うところの『失敗』をした経験がない
    人達であるため、他人の痛みなど理解出来る筈もない。

    gkmflokt

    50代以降の人達に比較的否定的な意見が多かったのは、デジタル社会に対応
    していないため、現代社会の仕事量の多さが良く理解出来ていないためなのでは?
    根性論だけで乗り切ろうとするのは、今時時代錯誤で、競争力のない企業は、
    市場から撤退してしかるべき。 デジタル時代とアナログ時代とでは、そもそも、
    取り扱っている情報量が格段に異なる。 

    610134637

    日本社会では、誰とでも仲良くしろと言うものの、実際は、その真逆で、足の
    引っ張り合いが多い。 よって、人間関係とは、周囲に合わせるのではなく、
    自分で選ぶべき。 その理由は、いくら努力をしたところで、元々理解する
    気持ちがない人間には、どう説明しようが、理解出来ないため。 同じものを
    見ても、その人の主観によって、見え方が180度違うということも理解すべき。

    kAAgxIX

    今時の超絶ブラック企業では、一度や二度、退職の意思を伝えたところで、
    執拗に引き止められて、なかなk辞められないため、自分の身を守る退職
    方法としては、連絡なしで出社せず、そのまま郵送で退職届けを出すことが
    一番の方法らしい。 連日1~2時間しか寝ないと、思考もおかしくなるらしい。

    日本社会は転職を未だに『悪』とみなしているため、その後転職活動は茨の道。
    いくら自分に投資をしようが、転職を『悪』としか見なしていない人間には、
    何がどう出来ようが意味がない。 日本社会を停滞させているのは、人材の
    流動性のなさと、そこから来る生産性のなさが最大の原因。

    本来であれば、能力の低い人間は辞めて頂き、能力の高い新しい人材を雇い
    入れるべきであるのにも関わらず、日本ではこのような人材の流動性が一切ない。
    その理由としては、常に同じメンバーでばかり長年作業をしているため、単なる
    仲良しごっこになってしまっているのと、転職を許さない社会であるため、実際は、
    有能な人材から企業を辞めて行くのにも関わらず、辞めたその人を悪者に仕立て
    上げてしまうところに尽きる。

    海外では、転職でキャリアアップするのは当然のことであるのだが、日本の
    場合は、下手に転職をしてしまうと、大幅に待遇が落ちてしまうため、命取りに
    なりかねないため、一度たりとも失敗が許されない。

    欧米型のゆとりのある働き方が日本に導入されるためには、厚生労働省と
    労働基準監督署がまともに機能しなければならないのだが、厚生労働省と
    労働基準監督署自体がブラック体質であるため、日本の労働環境は、一向に
    改善の兆しすら見えない状態が続いている。

    【お勧めの一冊】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    『自分の考えを捨て去れ』の動画を見ながら、下に書いたテキストを読んでみて下さい。
    外国語がひとつ出来るようになる度に、その人の価値観と、人生観がもうひとつ増える
    事になりますが、その利用方法は、千差万別で、お金儲けにしか興味がない人の場合は、
    何語がどう出来ようが、このような事には一切気付きません。 よって、『外国語は単なる
    ツール』という言葉が吐き出せるのでだが、そもそも、自分の母国語である、日本語が、
    単なるツールなのかを考えてみれば、一発で理解出来る問題だと思います。

    1分15秒のところまで、翻訳しましたが、その後どうなるのか、自分の頭で考えてみて
    下さい。 ロシア語で紹介した内容は、こちらです



    『自分の考えを捨て去れ】
    私には、422人の友人が居ます。 でも、私は、孤独です。 私は、毎日彼らと連絡を
    取り合っていますが、彼らは、本当の私を知りません。 これは、本物の人間の目で
    見た世界と、PCスクリーンの中との間に隠された、『見解の相違』という問題から
    来ています。 私たちがソーシャルメディアと呼んでいる、SNSは、意思の疎通を図る
    ためのツールとしては、意味がありません。 私たちは、ノートPCを開けると共に、
    外界へのドアを閉めます。

    これらの新しい技術は、全て、幻想に過ぎません。 友好的な交流の場としての
    コミュニティーは、帰属の場にしか過ぎず、もし、あなたが、これら機械による幻想を
    捨て去れば、混沌とした世界が見える筈です。 インターネット上で飛び交っている
    情報は、欲張りで、貪欲な守銭奴が売っている情報です。 自分だけが利益を
    得ようとする世界は、我欲と自己主張ばかりです。 私たちは、情報を共有している
    気持ちになっているだけで、感情を忘れています。 喜びを分かつ人間が、周りに
    居たとします。 もし、周りに誰も居なくなれば、それは、同様に幸福と呼べるの
    でしょうか? 会話を楽しみながら、周りに喜びを分かち合える友達が居ます、周りに
    誰に居なくなり、1人になったら。。 そうならないように、私達の感情は、誇張され、
    賞賛を切望するようになります。

    kemuri_man_kaiwa_koteikannen

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ