多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:NHK杯

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    フィギュアスケートのシーズン前半戦・世界一を決定する『グランプリ・ファイナル』は、

    2015年12月12日スペイン・バルセロナで男子フリープログラムが行われ、ショート
    プログラムで世界最高点を更新した羽生結弦が219.48点という高得点をマーク。
    合計330.43点で優勝し、男子史上初の3連覇を達成した。

    羽生は冒頭の4回転ジャンプ2つを軽々と決め、後半の4回転+3回転、3回転+2回転
    などのジャンプも見事に成功。 初めてフリーで200点を超えたNHK杯の時よりも、
    後半でさらに
    点数を伸ばした。 点数が発表されると涙が溢れ、膝に抱えたくまの
    プーさんのぬいぐるみに
    顔をうずめた。



    演技後のインタビューでは、『全てのエレメントにおいて、完璧な演技を目指した。
    点数と
    演技は異なるものだから』と英語でコメント。 確固たる自信はどこから来る
    のかとの質問には、
    『とても緊張していた。 私の方こそ、どうやって自信をつける
    のか誰か教えてほしい』などと
    答えた。

    e6846564.jpg


    後に開かれた記者会見では、NHK杯の点数や演技を意識しており、かなりの
    プレッシャーが
    あったことを告白。 『ワールドレコードに追われて演技した感じが
    あった。 点数とか、NHK杯のパフォーマンスがあったからこそ、今回は自分を
    追い込んだ。 しかし、フリーをやっている最中に
    吹っ切れた。 今できることを
    考えながら滑った』などと語った。

    歴史的な記録更新。 自分の演技を見た子供へのコメントを求められたインタビュー
    では、『私も小さいころ、プルシェンコらを見ていた。 どうかスケートを、練習を、
    夢をあきらめないで』
    などとアドバイスした。

    出典:Huffingtonpost

    >>【羽生結弦】~数々の困難を乗り越えての金メダル獲得~

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    フィギュアスケートのグランプリ・シリーズ最終戦、NHK杯の第2日目は2015年
    11月28日、長野市で
    男子フリープログラムが行われ、ショートプログラムで
    世界最高得点を出し首位に立った羽生結弦が216.07点をマーク。 合計322.40点
    となり優勝した。 フリーでの200点超え、そして
    総合得点の300点超えは世界初の
    快挙となっている。

    7ffe1812.jpg


    羽生は冒頭の4回転ジャンプ2つを軽々と飛び、後半の4回転-3回転、3回転-1回転-
    3回転などの連続ジャンプも見事に成功。 この日は全てのジャンプを成功させる
    離れ業を見せ、中継を担当
    していたNHKのアナウンサーも思わず『次元が違います』
    とコメントするほどだった。



    演技の後、羽生は『応援という大きな力をもらいました。 皆さんのおかげです』と
    コメント。 点数については、『まだ信じられていないです。 スコアは本当にびっくり
    しましたが、ここまで、カナダからNHK杯まで、本当に血の滲むような、本当に辛い
    練習をしてきたので、練習をさせて
    くださった周りの方々、サポーターの皆さま、
    カナダのクリケットのリンク、生まれ育った仙台のリンク、全てに感謝したい』と話した。





    そして、『緊張したんですが、長野のオリンピックがあったリンクで滑ることで、自分
    自身に
    プレッシャーをかけて、絶対王者だぞと言い聞かせてやっていた。 とにかく、
    ここまで、すごい
    ハードな練習をしてきましたけれども、ケガをしないでこれた自分の
    体、ケアしてくれた先生たちに
    感謝しつつ、これ以上の演技ができるよう、練習を
    積んでいきたい』などと語った。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ