ジンギスカン(Dschinghis Khan)は、1979年から1980年代前半にかけて活躍した
旧西ドイツのミュンヘン出身の音楽アーティストグループ。 男女6人組で、
『ジンギスカン』や『めざせモスクワ』などが世界的に大ヒットした。



1985年に一旦解散したが、2006年からは、20年ぶりに活動を再開している。
1993年に他界したルイス・ヘンリック・ポンジェッター (Louis Hendrik Potgieter)と、
スケジュールの調整がつかなかった、レスリーを除く、4人にゲストダンサー3人を
加えた新たなメンバーによる初のライブが、2006年12月17日にモスクワの
オリンピックアリーナで開催された。 2006年にスティーヴ・ベンダー (Steve Bender)が
他界し、翌2007年からは、残るエディナ、ヘンリエッテ、ヴォルフガングの3人に、
新たに7人からなる『遺産(The Legacy)』というバックダンス&コーラス集団を加えて
活動を続けている。

 

1979年、旧西ドイツの音楽プロデューサー、ラルフ・ジーゲル (de:Ralph Siegel)と、
経済学者であったベルント・マイヌンガー (de:Bernd Meinunger)が、当時人気を
博していた旧西ドイツのアーティスト、ボニーMのヒット曲『怪僧ラスプーチン』
(Rasputin) をモデルとして、『ジンギスカン』という楽曲を作った。 それをヨーロッパの
ポップ・ミュージックの登竜門でもある『ユーロビジョン・ソング・コンテスト』に応募
するためにメンバーが集められ、結成したのがこのグループである。

 
 
6人のうち、ルイスは、企画当初からメンバーとなることが決まっており、彼を除く
5人はオーディションで選ばれた。 1979年のユーロビジョン、ドイツ国内予選では
グランプリを獲得したものの、本選では4位に終わり、グランプリはならなかった。

楽曲の多くの作詞はマイヌンガーが、作曲はジーゲルがそれぞれ担当したが、
後にはグループのメンバーも作曲を手掛けるようになった。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村