多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:EU

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    オランダの主要産業は、工業となっており、全輸出量の7割を工業製品が
    占めている。 代表的な企業としては、電機メーカーのフィリップス社、
    石油のロイヤル・ダッチ・シェル、化学工業のユニリーバ社等があり、
    世界市場で大きな業績をあげている。 また、サービス業が発達していて、
    全人口の約60%の人が働いている。 その中でも、輸送業は非常に重要な
    産業となっている。

    ph0092

    オランダでは、ヨーロッパの物資の流通上、中心となる位置にある。
    アムステルダムの半径500キロ以内には、西ヨーロッパの主な商業、工業都市が
    殆どあり、更に半径1,000キロ以内には、ヨーロッパの大都市がほぼ収まる。 

    国内とヨーロッパ各地は、高速道路や鉄道網で結ばれており、ヨーロッパ内の
    貨物の8割は、トラック、鉄道等で運ばれているが、ヨーロッパの各地を結ぶ
    トラック輸送の約3割は、オランダの輸送会社が行っている。

    また、ヨーロッパの3大河川である、ライン川とマース川が、オランダと流域の
    各国を結ぶ水運の大動脈となっている。 それに加えて、5,000キロにも及ぶ
    細かい血管のような運河等の水路が、国内輸送に役立っている。

    klmairplane

    世界一の貿易港であるロッテルダム港は、ライン川の河口にあり、ドイツの
    ルール工業地帯ち海外とを結ぶ港として栄えました。 近年は、ヨーロッパ
    諸国の統合、発展に合わせて、『ユーロポート』計画が進めあれており、更に
    大きく便利な港となっている。

    bynight

    ヨーロッパ諸国から世界へ輸出される全ての貨物のうち、65%以上が
    ロッテルダム港を経由している。 オランダの空の玄関口であるスキポール
    空港は、ヨーロッパ諸国の空の輸送の要となるよう、現在更に拡張工事が
    進められている。 このようにオランダは、陸海空の流通大国となっており、
    日本から全ヨーロッパに輸出される物資の約35%は、オランダを経由している
    ため、ヨーロッパでも有数の物流大国となっている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    ◆ドイツ◆ に参加中!

    敗戦から70年を迎え、同じ敗戦国でありながら、日本とドイツは、
    戦後の国のあり方が、大きく別れた。 ドイツは、ナチス時代の誤ちを
    全面的に認め、ポーランドをはじめとする周辺国への謝罪を今なお続けて
    おり、EU内での信頼度も抜群に高い。 一方、日本は、今なお韓国や
    中国との政治的な問題を抱えており、アジアの中での発言力は、今では
    中国には遠く及ばない。

    この2つの国の違いは、国民性にもハッキリと現れており、『ただ何となく』を
    心情に、何もかも有耶無耶にして来た日本人と、その『何となく』を許さずに、
    全て結果に結び付けてきた両国民の国民性の隔たりは大きい。 この国民性の
    違いは、ひとえに、教育の差であり、小学生の頃から活発に議論を交わして、
    話し合いによって結論を導き出して来たドイツ人と、議論を極力避けて、
    『鶴の一声』で何もかも決められて来た日本人とでは、思考回路がまるで
    異なる。

    image0014

    幼少期の頃から、自分の考えを持つように教育をされ、自分の考えを
    他人に分かりやすく伝える能力を日々培われて来たドイツ人と、自分の
    考えを持つ事すら許されず、ましてや、それを人様の前で発表する事は、
    ほぼ非国民に等しい扱いをされる日本人。 この差は、ひとえに、『結論』を
    重視しているのか、それとも『和』を重視しているかによるものだが、
    間違いを素直に認めて、ひたすら先へと進む国と、何もかも有耶無耶に
    して周辺国との対立を今なお続けている国との差はますます開くばかり。

    >>敗戦から70年 日本とドイツの異なる戦後

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    仕事あれこれ に参加中!

    2014年12月24日、オランダ政府は、1912年に締結された「日蘭通商航海条約
    (The Treaty of Trade and Navigation between the Netherlands and Japan)」を
    根拠として、日本国籍者はオランダで労働許可なく労働が出来るとの判断を下した。
    これは、オランダ雇用者がその赴任者である被雇用者に関する労働許可申請を
    行う必要がないことを意味する。

    日本国籍者には「自由に労働が可能な居住許可(Residence Permit “work freely
    permitted - work permit (TVW) not required”)」が交付される。 したがって、
    日本国籍者の場合、知的労働者手続きを経る必要がなく、またオランダ雇用主は、
    スポンサー企業登録の必要がない。

    20130307164741

    これまで、EU内では、EU市民以外への労働ビザの発給には、かなり慎重で、
    実際に現地で働いていたとしても、労働ビザを得るのは至難の業であったため、
    今回の規制解除は、日本国籍者にとっては、かなりの朗報。 オランダ語圏は、
    経済的にもEU内ではトップクラスを維持しており、英語圏以外では、最も英語が
    通じる地域のひとつであるため、日本人には、最も行きやすいヨーロッパとも言える。 
    煩雑なビザの手続きが要らなくなっただけでも、日本国籍者にとっては、かなりの
    メリットがある。 

    日本国籍者以外の手続きは、従来通り。 日本人赴任者は、「自由に労働可能な
    居住許可」を取得した後は、居住する自治体での住民登録と、銀行口座を開設
    すれば良い。

    【オランダでの永住権取得の要件】
     
    オランダに合法的に継続して5年以上住んでいること
    現在、長期的な目的での滞在許可(家族との居住、長期的な雇用先など)を持っていること
    長期的に十分な生活手段(お金を稼ぐ方法)を持っていること
    社会にたいして危険をもたらさないこと
    オランダ社会に適合し、オランダ語を十分に理解(読み書き喋り)できること。
    (オランダ語コースを修了するか他の学位などを得る必要がある)

    詳細はこちらから
     
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ウクライナの財政を圧迫しているのは、新興財閥のオリガルヒなので、日本政府が何を
    どう援助しようが、無駄だと思います。 ウクライナ政府は、戦争をも金儲けの手段として
    使っているため、一度デフォルトした方が、ウクライナ国民のためだと思います。 このまま
    中途半端に、お涙頂戴的な援助を続けたところで、実際に困っているウクライナ人の元には、
    資金は届かず、途中で、オリガルヒの懐に消えるだけです。 ロシアも、『手癖の悪い』
    ウクライナ国内にパイプラインを通し続ける事には、懐疑的で、前々から、ウクライナを
    避けて通るパイプラインの建設計画を進めていたところ、ブルガリアに拒否されて、今後は、
    ウクライナ以外のどの国を通すのかが、争点になると思います。

    ウクライナの現状としては、キエフを含む、ウクライナ全土では、ロシア語が使用されており、
    旧ポーランド領の西部の端の方まで行かなければ、ウクライナ語を使用していません。
    但し、そのウクライナ語も、ロシア語と激似のため、そのまま喋っても、ほぼ通じます。
    AS20140222000302_comm
    【ウクライナ、ロシアからガス輸入再開 財政危機深刻化】
    2014年12月13日23時53分  朝日新聞
    ウクライナがロシアからの天然ガス輸入を半年ぶりに再開した。 ロシアへのエネルギー
    依存を避けたいウクライナは10月に条件面で合意した後も再開を見送っていたが、
    東部の紛争で深刻な電力不足に陥った。 一方で財政危機はますます深刻化。 新たな
    支援を求める声も強まり、欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)を悩ませそうだ。

    ガス輸入は、国営エネルギー会社が、ロシアの天然ガス企業ガスプロムに10億立方
    メートル分、3億7,800万ドル(約455億円)を前払いし、9日から再開された。
    EUが仲介した10月末の合意では、ウクライナが債務の一部を支払えばロシアは
    3月までは料金前払いを条件に輸出に応じる。 ウクライナは、直後に債務31億ドルの
    うち14億5千万ドルを支払ったが、輸入を続けるためには残りも年内に支払わなければ
    ならない。 財政をさらに圧迫する要因になる。
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    EU内で、ウクライナの居場所を見つけ出せ☆

    皆様、ウラジーミル・プーチンです! 本日は、皆でこの問題を解こうではありませんか!w
    10430424_10153769274963539_4284877776077353944_n
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ