多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:CNN

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    大統領選を戦う候補者たちは、ありとあらゆる公約をする。しかし2016年、
    ヒラリー・クリントン氏がついに、歴代大統領候補者たちが誰も足を踏み入れ
    なかった領域に踏み込んだ。

    彼女はどうやらこう約束するつもりのようだ。 『UFOの政府極秘ファイルを
    調査し、機密扱いを解除して、国民に公開する』と。

    これは、CNNのジェイク・タッパー氏とクリントン氏の選挙事務長ジョン・
    ポデスタ氏とのやりとりで、4月7日に明らかになった。

    20e41d2f.jpg


    2人はこんな会話を交わしている。

    タッパー氏:
    クリントン氏が大統領になったら、エリア51(極秘戦闘機が開発されている
    ネバダ州の空軍基地。 UFOの研究が行われていると考えられている)を
    どうするつもりなのでしょうか。アメリカ政府は、宇宙人について何か知っているのでしょうか?

    ポデスタ氏:
    クリントン前国務長官が大統領になれば、彼女はアメリカ連邦政府の持つ、全ての
    UFO記録の開示を要求するでしょう。 タッパー氏:あなたは以前、
    ホワイトハウスで大統領首席補佐官でしたが、これらの文書を見たことが
    ありますか?

    ポデスタ氏:
    ビル・クリントン元大統領は、エリア51についての情報の開示を要求していました。
    未確認飛行物体について一体何が行われているのか。 人々が疑問に思うのは
    当然です。 アメリカ政府は、この疑問に対して、もっと適切な回答ができるし、
    アメリカ国民も真実に向き合うことができると思います。 政府は徹底的な
    調査をし、その情報を開示すべきです。

    タッパー氏:
    その真実とは何でしょう? 宇宙人が存在するという証拠はあるのですか?

    ポデスタ氏:それを判断するのは国民です。 アメリカ政府が持つあらゆる証拠を
    見て初めて、それはわかるでしょう。

    タッパー氏:
    個人的には、どう思われますか?

    ポデスタ氏:
    私がどう思うか? 宇宙にはありとあらゆる惑星があると思っていますよ。
    ヒラリー・クリントン氏自身も、3月24日の『ジミー・キンメル・ライブ!』に
    出演した際、UFOに関する極秘ファイルの開示を成功させると、有権者に訴えた。

    『ファイルを詳しく調査したいと考えています。 成功すれば、可能な限り国民に
    開示します。 もし何も見つからなければ、何もなかったと皆さんにお伝えします。
    もし何か見つかり、それが国家の安全保障を脅かさないものだったら、皆さんと
    共有すべきだと思います』

    また、ニューハンプシャー州コンウェイでも、クリントン氏はこう発言している。
    地元紙『コンウェイ・デイリー・サン』に、夫のビル・クリントン氏の
    『いつの日か宇宙人がやって来たとしても、私は驚かないだろう』という発言に
    ついて尋ねられた同氏は、『もうやって来ているかもしれませんね。 はっきりと
    知っているわけではありませんが』と述べた。

    一連のクリントン氏とポデスタ氏の発言は、何を意味しているのだろう? 民主党の
    大統領候補を指名する党大会を3カ月先に控えていることを考慮すると、ふたりは
    どうやら冗談を言っているわけではなさそうだ。

    大統領選が白熱するにつれ、『UFO』は彼女の切り札になるだろうか?

    いや逆に、ライバルが彼女の信頼性を疑問視する理由としてUFOを取りあげる
    だろうか?

    それはそれで、面白い展開になりそうだ。

    出典:huffingtonpost

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    日本の政治 に参加中!

    アメリカのオバマ大統領は、CNNのインタビューの中で、「米国は、ウクライナにおける
    権力の移行をやり遂げた」と認めた。 いこれまで、『ユーロマイダン』は、汚職に満ちた
    ヤヌコヴィチ体制に反対する一般大衆の抗議行動を基盤とした、ウクライナ内部から
    生まれたものだと言われてきたが、よくよく考えると、キエフでのクーデターが本格化
    したのは、ロシアでソチオリンピックが開催されていた期間中
    であるため、『世界の警察』を
    自認してやまないアメリカが、口ばしを突っ込んで来ない方が不自然と考えるのが
    妥当な考え方。

    4482557_n

    米国務省のヌーランド報道官は、既に1年前に『米国は、ウクライナにおける民主主義
    発展のために50億ドル出した』と述べており、日本の某新聞記者も、ユーロマイダンでの
    クーデターが勃発した折に、暴動に参加したウクライナ人達は、日給3,000円程度で
    雇われているとハッキリと述べている。 その直後に発生したマレーシア航空機の撃墜
    事件も、腑に落ちない点が多過ぎるため、アメリカの関与は、当初から決定的であったが、
    日本の報道機関や、専門家たちは、一方的に、アメリカとウクライナの味方をした。



    見方を変えると、他国の関与によって、政権交代をしたのだから、明らかに内政干渉に
    なる筈だが、世界で唯一の超大国は、世界で何をやっても良いらしい。 元々、アメリカや
    カナダには、ウクライナ人の移民が多く、100年ほど前に起きた飢餓や、スターリンの
    粛清から逃れて、遠く北米大陸に移り住んだウクライナ人の子孫たちが、今でもその
    恨みを抱いて生きており、その2世、3世の世代になっているため、その恨みが増幅して
    いる。

    93003642

    カナダ最大の都市であるトロントには、世界最大のウクライナ街があるが、そこで、
    ロシア語で話し掛けると、あからさまに嫌な顔をされる事が多々ある。 そもそも、
    ロシア語とウクライナ語は、そのまま喋っても、その殆どが理解可能な言語であるため、
    本来は、喜ばれるべきだが、その逆の状況となっているのは、歴史的な湾曲が進んでる
    証拠。 元々、被害者意識は、増幅されやすく、ありもしない妄想を生み出すのが世の常。



    現在の政権に代わった当日に、ポロシェンコ大統領は、ウクライナ南東部のドンバス地域で
    大々的な空爆を開始し、総勢で8,000名以上の罪のない一般市民が殺され、数十万人にも
    及ぶ、ロシア系住民たち(日本では、親ロ派と呼ばれている)が、ウクライナ国外へと逃れた。
    特に、ウクライナ南部のオデッサでは、親ロ派がウクライナ人らによって、大量に殺された
    事件があったが、日本では、ほぼ報道すらされなかった。

    6e5bef2c

    今回のこのウクライナでの大規模な内戦を見ていると、日本には、ウクライナとロシアを
    正確に見ている専門家が皆無に近いことが良く分かる。 所詮、アメリカのバイアスしか
    入ってない英語からの直訳のニュースの垂れ流しは、そろそろ止めにしないと、アメリカに
    よる洗脳がますます酷くなるばかり。 何もかも、イメージだけで物事を判断していると、
    このような醜態を晒すという事を肝に銘じるべし。

    999796740_n

    何度か、ウクライナに関する大学での講演会にも出席して見たが、まともな意見を聞く
    ことはなかったため、あの人たちは、一体何のために専門家面して長年大学に居座って
    いるのかと非常に疑問を感じたが、そのような適当な仕事であったとしても、仲良し
    ごっこでどうにでも出来るのが、日本社会の長年の悪しき習慣だといつになったら
    気付くのか?

    出典:オバマ大統領 ウクライナでの国家クーデターへの米当局の関与ついに認める

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ