多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:B-29

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    現在は、東北の中心地として発展著しい仙台なのだが、現在の美しい杜の都の
    街並みは、戦後の焼け野原から長年を掛けて復活したもので、特に、現在仙台の
    表玄関となっている仙台駅西口付近は、アメリカ軍のB-29によって、焼け野原と化
    したため、何も残らなかった。

    仙台駅東口付近は、逆に戦後も焼け残ったため、20年ほど前までは、戦争で焼けた
    地域と焼け残った地域がハッキリと分かったのだが、現在では、東口も大々的に
    再開発が行われたため、その差が殆どなくなった。



    1945年(昭和20年)5月20日、B-29による仙台の偵察飛行が行われ、街の様子が
    上空から撮影された。 アメリカ軍は、仙台を工業面での重要性はないが、住宅が
    密集し延焼を防ぐ広い道路や広場がほとんどないといった点から焼夷弾攻撃に適した
    都市であり、爆撃による心理的効果も期待出来ると評価していた。 アメリカ軍は、
    大規模空襲を行う前に、ビラを上空から撒き空襲を予告しており、そこには、
    『仙台よい町森の町 7月10日は灰の町』と印刷されていたという。 更に連合国は、
    ラジオでも恐怖を煽るために、繰り返し『仙台にお邪魔します』と放送したという。

    1945年7月10日、テニアン島からB-29 124機が飛び立ったが、そのうち1機は引き
    返した。 B-29 123機は、午前0時3分から2時5分まで、仙台中心部を大規模
    攻撃し、約912トン、1万2,961発の焼夷弾を投下した。 仙台上空に到着した
    爆撃機は、3~5機編成で飛行し、25回に渡る空爆を敢行した。 この時の死者は
    1,399人にも上り、負傷者は1,683人となった。 主に仙台駅西側の約500
    ヘクタールが焼け野原となり、被災戸数は約1万1,900戸にも上った。



    仙台空襲では、仙台城付近も空爆されたため、その際に大手門や当時国宝であった
    伊達政宗の墓所、瑞鳳殿も焼け落ちた。 戦後の復興において仙台では、大幅な
    道路の拡張が行われ、杜の都を取り戻す活動が行われた。 仙台が城下町であり
    ながら、片側5車線もの幅の広い道が整備されているのは、戦後の復興計画による
    ものであり、戦後の更なる仙台の発展を見越して計画されたもの。 計画当初は、
    余りにも広い道路であったため、一体何に使うのかと揶揄されたという。

    kuusyu11

    伊達政宗が仙台にやって来た際、それまでにあった『千代』の街と城は徹底的に
    破壊され、新たな城下町が建設された。 その後、日本を二分した内戦『戊辰戦争』
    において、仙台藩は総指揮を取ったが、戦に敗れてしまったため、仙台の街は
    官軍によって徹底的に破壊された。 太平洋戦争でも徹底的に街が破壊され、
    2011年には、東日本大震災によって、今度は沿岸部が消滅した。

    『仙台の街はフェニックス』という言葉があるが、それは、過去に何度も破壊され
    ながら、その度に着実に復興、復活をして来た仙台の街の歴史を物語っている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    事件について に参加中!

    1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分17秒、アメリカ軍のB-29爆撃機
    『エノラ・ゲイ』によって、原子爆弾の投下行われてから70周年目の夏を
    迎える。 広島への原爆投下は、実戦で使用された世界で初めての核兵器と
    なっている。 この一発の原爆により、当時の広島市の人口約35万人のうち、
    9万~16万6千人が被爆から2~4カ月以内に死亡したとされている。 今でも、
    約1万柱の遺体が見つかってはいないと言う。



    現在の広島の地図から名前が消えた中島地区(中島本町・材木町・天神町・
    元柳町・木挽町・中島新町)は、数千人の一般庶民が暮らす街であり、また
    広島の第一の歓楽街・繁華街であった。 この地区は爆心地から500メートル
    以内にあり壊滅、唯一、RC建築の燃料会館(旧大正屋呉服店)だけが耐え残った。

    原子爆弾投下の目標となった相生橋の東詰にあった広島県産業奨励館は、現在では、
    原爆ドームと呼ばれており、世界遺産にも登録をされている。 戦後、この地区は
    広島平和記念公園として整備され、燃料会館は全焼した内部を全面改築して公園の
    レストハウスとなって現在も残っている。
     
    genbakudome

    爆心地から500メートル以内での被爆者では、即死、および、即日死の死亡率が
    約90パーセントを越え、500メートルから1キロメートル以内での被爆者では、
    即死、および、即日死の死亡率が約60から70パーセントにも及んだ。 更に、
    生き残った者も7日目までに約半数が死亡、次の7日間でさらに25パーセントが
    死亡して行った。
     
    11月までの集計では、爆心地から500メートル以内での被爆者は98から99
    パーセントが死亡し、500メートルから1キロメートル以内での被爆者では、
    約90パーセントが死亡した。 1945年(昭和20年)の8月から12月の間の
    被爆死亡者は、9万人、ないし、12万人と推定されている。



    B-29爆撃機は、相生橋を投下目標として原子爆弾を投下した。 投下43秒後、
    爆弾は上空約600メートルの地点にあった、現島外科内科付近で炸裂した。
    原爆炸裂後、付近にあった建物は、0.2秒で通常の日光による照射エネルギーの
    数千倍という熱線に包まれ、地表温度は3,000度に達した。 0.8秒後には、
    前面に衝撃波を伴う秒速440メートル以上の爆風が襲い、350万パスカルという
    爆風圧にさらされた。

    eiro0013-view

    原爆の炸裂の高熱により巨大なキノコ雲(原子雲)が生じた。 これは、
    爆発による高熱で発生した上昇気流によって巻き上げられた地上の粉塵が
    上空で拡散したため、特徴的なキノコ形になったものとされる。 キノコ雲の
    到達高度は従来約8000メートルだとされてきたが、米軍機が撮影した写真を
    基に測定したところ、実に二倍の約16000メートルに達していたことが判明した。

    低高度爆発であったためにキノコ雲は地表に接し、爆心地に強烈な誘導放射能を
    もたらした。 熱気は上空で冷やされ雨となった。 この雨は大量の粉塵・煙を
    含んでおり、粘り気のある真っ黒な大粒の雨であった。 この雨を黒い雨と言う。
    この雨は放射性降下物を含んでいたため、雨を浴びた者を被曝させ、土壌や
    建築物及び河川などを放射能で汚染した。

    米調査機関ピュー・リサーチ・センターが2015年4月7日発表した世論調査に
    よると、米国が第2次世界大戦中に広島と長崎に原爆を投下した事について
    『正当だった』と考える米国人は56%に上った。 一方で「正当でなかった」
    との見方は34%に留まった。

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

    にほんブログ村

    このページのトップヘ