ブログネタ
時代のアゴラⅡ に参加中!

1990年代前半のバブル崩壊後に、日本経済は、長期停滞したが、その『失われた25年』
の間に日本の非正規雇用労働者の数は、年々右肩上がりに増加し、その数は2015年
1~3月期の平均で1979万人と、労働者全体の37.7%まで達している。

ここ数年は、景気が比較的安定しており、採用環境も改善していることなどから、34歳
までのいわゆる『若年フリーター』は、ピークの2003年からは減少に転じているが、
90年代後半からの『就職氷河期』に直撃された世代を含む35歳以上の『中年フリーター』に
関しては、増加に歯止めが掛っていない。 中年フリータの定義は、35~54歳の非正規の
職員・従業員(女性は既婚者を除く)としている。
 
hqdefault

中年フリーターの数は、90年代は130万人台で安定していたが、バブル崩壊から
約10年が経過した2000年代に入ってからは、急激に増え始め、2015年には、
273万人にまで達している。 非正規雇用は、以前は主婦パートが中心だったが、
その後、グローバル競争への対応を求められるようになった企業の雇用手法の
変化などを背景に、世帯の主な稼ぎ手であっても、契約社員や派遣社員として
働く人が増えて行った。
 
004441

『新卒一括採用』が、今なお企業の主体である日本では、就職時に派遣社員などの
形で非正社員として採用されると、中途で正社員に転換することはなかなか難しい。
これが、非正規労働を継続させる理由となり、就職氷河期のフリーター層が年をとり、
今では、中年の年代に差し掛かっている。

非正規問題への対応については、賃金を一律に上げるのではなく、それぞれの
仕事に見合った対価を支払う必要性があり、景気が悪くなったら突然クビを切るような
不安定さには問題がある。 中年フリーターについては、長期的に同じ仕事を続けて
きたのであれば、その技術を生かせるマッチングの機会を増やすなどの対応が
必要となっている。

3d45018c-s

バブル経済崩壊後、まともな職に就けなかった世代の一番上は、現在45歳前後で
あるため、後15年程度で定年を迎えるが、まともな貯蓄すら出来なかった世代が
一斉に定年を迎えた時の日本の没落ぶりは、目を覆うものがある。 この失われた
25年間で、平均収入は、元通りどころか、30年前のレベルまで落ち込んでいる。

まともな社会的なセイフティーネットすらないこの国では、刑務所か、あの世だけが、
唯一の駆け込み寺なのか。 東日本大震災が起きる前までは、首都圏では、デモなど
全くなかったが、最近では、ほぼ連日デモと右翼だらけとなっている。

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
にほんブログ村