多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:黄河文明

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    上海の中心部、人民公園の中にある無料の巨大博物館、上海博物館。 建物が
    かなり特徴的なので、すぐに見つかるのかと思いきや、林に隠れて、なかなか
    見つかりません。 しかも、人民公園は、大きく2つに分かれているため、この
    横断が大変。 最初から地下鉄の出口を確かめてから出る方が賢いと思います。

    上海博物館で、特に充実しているのが、古代文明。 上海は、黄河(揚子江)の
    河口に開けた街で、こちらの博物館は、世界3大文明のひとつ、黄河文明の展示が
    かなり素晴らしいです。 千年以上も前に、こんな陶器が中国にあったのかと
    思うと、黄河文明は、かなり高度な文明であったことが分かります。

    IMG_4998
    IMG_5000
    IMG_5002
    IMG_5003
    IMG_5004
    IMG_5005
    IMG_5006
    IMG_5007
    IMG_5009
    IMG_5010
    IMG_5012
    IMG_5013
    IMG_5014
    IMG_5017
    IMG_5022

    この日は、特別展示として、『ハンガリーとシシィ展』開催していました。 シシィ
    とは、オーストリア最後の皇后、エリザベートのこと。 日の沈まない国とまで
    言われたオーストリアの落日を残したような展示品ばかりで、貴族の気品と気高さが
    感じられました。

    上海博物館は、全部で4階建てで、全てを見ようとすると、かなりの時間が必要。
    日本語での解説書、並びに、音声ガイドもあるため、必要に応じて、借りてみるのも
    良いと思いますが、その音声ガイドを借りるために、一旦警備の外に出なければ
    ならないため、面倒だったので、借りるのを断念しましたが、ただみているだけでも
    十分勉強になるため、自分で色々と歴史に想いを馳せてみるのも、また一興。
    但し、ある程度の基礎知識の習得程度は、事前にして行くべきでしょう。

    世界の磁器・陶器は色々見て来ました、ギリシャやメソポタミアと比較しても、
    中国の磁器・陶器は、かなり抜きに出ています。 何が違うのかと言うと、細かい
    模様と、色使いが多く、一目見ただけでも、様々な色合いを出しているところと、
    表面が非常につるんとしているところが、他の文明とは明らかに異なっています。

    IMG_5023
    IMG_5024
    IMG_5025
    IMG_5029
    IMG_5033
    IMG_5035
    IMG_5036
    IMG_5039
    IMG_5040
    IMG_5041
    IMG_5042
    IMG_5045
    IMG_5046
    IMG_5047
    IMG_5095

    中国は印鑑の文化も非常に発達していて、古来からの印鑑や、仏像の展示も非常に
    充実しています。 特に印鑑は、種類も非常に豊富で、様々な場面で印鑑は使われて
    いたのだろうと容易に想像出来ました。 日本の仏像は、中国というイメージしか
    ないものの、こちらに展示してある仏像は、全体的にインド風のものが多く、同じ
    仏教と言えども、大きく分けて、大乗仏教と小乗仏教に分かれるため、やはりインド
    から伝来した宗教だと想いを新たにしました。

    歴史上、過去に栄えた場所は、なかなか再興しないと言われているものの、上海は、
    既に2回目の栄華を誇っているため、世界3大文明の中でも、黄河文明は、別格なの
    かも知れません。 指先の器用で、細かい作業が得意な中国人ならではの特技を
    活かして、サービス業にも更に力を入れると、本物の経済大国になる日が近づくと
    思います。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    中国の人々は、自分達の国の長い歴史を誇りにしている。 およそ5,000年前に、
    黄河流域に最初の集落が出来始めた。 人々は敵を寄せ付けないため、村の周りに
    壁を築き、小麦や雑穀、野菜を栽培した。

    およそ4,000年前になると、陶器を作る技術を身に付け、文字を発明した。 また、
    道具や武器にするために、青銅や鉄を作ることを覚えた。

    43245d3ef

    【王朝の支配】
    中国初期の王は、現在の中国の極一部を支配していたに過ぎなかった。 紀元前
    221年、秦王の嬴政(えいせい)が幾つかの国々を統一し、中国最初の皇帝と
    なった。 その後の全ての皇帝と同じく、嬴政は、帝位に就くと名前を変え、秦の
    始皇帝と名乗った。 後に続く皇帝たちは、始皇帝から引き継いだものを更に
    拡大し、中国はより大きく強い国になって行った。

    それぞれの王朝、あるいは、支配者の一族は、新しい業績を残している。 漢王朝は
    中国の政治制度を発達させた。 隋と唐の王朝は、芸術と建築の黄金時代を築いた。
    宋王朝は、運河建設に大いに力をいれた。 明の時代は、美しい青白磁の生産で
    名高い。

    436465436

    【皇帝の壁】
    中国北西部の秦王国の王であった嬴政は、周辺の敵国を打ち倒し、秦の最初の皇帝、
    秦の始皇帝と名乗った。 英語で中国をChinaと言うのは、秦という国名がChinと
    発音されることから来ると考えられている。 始皇帝は、強力な政府を樹立し、
    度量衡と言語、貨幣を帝国全体で統一した。 彼はまた、モンゴル族の侵入を防ぐ
    ため、中国の北の国境沿いに長大な壁の建設に取り掛かった。 壁には監視所と
    厳重に防衛された門が設けられた。 壁の上部は、馬に乗った兵士たちが敵を
    迎え撃ったり、伝令として通ることが出来る程広かった。

    その後の皇帝たちは、何世紀も掛けて壁をより頑丈に、より長くして行った。
    とうとう壁の長さは約7,300キロにも達し、地球上で最も巨大な人工建築物と
    なった。 この万里の長城には、現在世界中から観光客が訪れる。 万里の長城は
    月からも見ることが出来る。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ