多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:高速鉄道

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    中国経済特区への旅、アモイ(中国語名:廈門(シャーメン))編です。
    こちらも中国に5つある経済特区のひとつ。 深圳からアモイに行く途中に、
    もうひとつの経済特区であるスワトウも通るのですが、今回は、時間が
    なかったため、スワトウは通過しました。 アモイへの高速列車は、全て
    深圳北駅から出発します。

    深圳駅から深圳北駅までは、地下鉄で丸1時間掛かります。 香港から深圳駅
    までは、45分程度で到着出来ますが、深圳から深圳北駅までの方が遠い
    ということになり、中国では、発車時刻の10分前には全ての手続きが終わって
    しまうため、移動のためには、かなり時間の余裕を持って行動しなければ
    なりません。 尚、深圳北駅は、英語では『Shen Zhen bei』。

    アモイ駅とアモイ北駅も新交通システムBRTで約1時間ほど離れており、
    深圳北からアモイ駅までは、時速200キロの中国高速鉄道でも3時間45分
    掛かります。 料金は、深圳北→アモイが188元(約3,570円)、深圳北→
    アモイ北が180元(約3,420円)でした。

    【深圳北駅】
    IMG_7143
    IMG_7144
    IMG_7145
    IMG_7146
    IMG_7147
    IMG_7148
    IMG_7149
    IMG_7151
    IMG_7152
    IMG_7153
    IMG_7154
    IMG_7155

    中国の国内移動には、身分証明書の提示が必須で、パスポートを常に持ち
    歩かなければなりません。 中国人の場合は、駅でタッチするだけで改札が
    通れる身分証明を皆所持しているのですが、外国人の場合は、パスポート
    以外提示出来る物がないため、特にどこかへ行く予定がなくとも、パスポートは
    持ち歩いた方が無難。 アモイのコロンス島に渡る際にも、パスポートは
    必須でした。

    この日は、アモイに行くことを見越して、深圳北駅のそばに宿を取ってあったため、
    地下鉄に乗って4駅目の深圳北駅で、まずは腹ごしらえ。 中国でも日本同様、
    車内販売の売り子が回って来ますが、やはり、食べ物は駅で購入した方が安い。
    中国は意外と物価が高いため、油断すると、結構お金が掛かります。 深圳は、
    香港と比較すると非常に物価が安いものの、東京と比較すると、ほぼ同程度の
    物価(物によっては深圳の方が高い)であるため、油断は禁物。 尚、深圳北→
    アモイまでは、概ね1時間に1~2本程度の高速鉄道『和調号』が走っています。

    【アモイ駅】
    IMG_7171
    IMG_7174
    IMG_7157
    IMG_7177
    IMG_7176
    IMG_7180
    IMG_7182
    IMG_7185
    IMG_7187
    IMG_7188
    IMG_7192
    IMG_7193

    深圳北駅からの中国高速鉄道は、2、3年ぐらい前に開通したばかりで、深圳北
    からアモイまでの路線と、深圳北から福建省省都である福州南までを結ぶ路線の
    2系統があります。 深圳北からアモイまでは、3時間45分の長旅、距離にして
    約500キロ離れています。 アモイは、台湾の対岸、福建省にあり、福建省は
    世界中に散らばっている『華僑』の故郷とも呼ばれています。

    日本語にもなっている『茶』は、福建省の方言で、『お茶』の語源は大きく分けて、
    『テー』か『チャ』の2つの系統に分かれるものの、どちらも元々は中国語が語源。
    中国高速鉄道和調号は、全席指定ですが、誰も指定された席には座ってはおらず、
    それでも誰一人として文句を言わないのが、中国人のおおらかさ。

    中国では、一般的に一軒家は相当な田舎まで行かなければ存在せず、通常、一般
    市民は、高層アパートに住んでいます。 これは、香港、マカオ、ロシアも全て
    同じ。 現在、中国では、建設ラッシュの真っ最中であるため、至る所で高層
    アパートの建設が進められています。

    アモイ駅からは、数年前に新たに開業したばかりの新交通システムBRTに乗り込み、
    終点の海側まで行くことにしました。 アモイ駅自体も、1年ちょっと前に高速鉄道
    開通に向けて、大幅にリニューアルされたばかり。 アモイ駅からアモイ北駅
    までは、BRTで約60分、4元(約76円)です。

    【フェリーターミナル】
    IMG_7195
    IMG_7196
    IMG_7199
    IMG_7200
    IMG_7201
    IMG_7202
    IMG_7203
    IMG_7204
    IMG_7210
    IMG_7205
    IMG_7206
    IMG_7207

    コロンス島へのフェリーは、余りにも観光客が多過ぎるため、昨年度から
    新フェリーターミナルの方へと移転しました。 通常、移転と聞くと、便利に
    なるものなのですが、中国の場合は、むしろ、不便になりました。
    旧フェリーターミナルは、BRT終点駅からギリギリ歩いて行ける距離に
    ありましたが、新フェリーターミナルは、そこから4キロ弱離れているため、
    51番のバス(1元=19円)に乗って行くことになります。

    BRTは、分かりやすく言うと、バス専用道路を走行する2連結のバスのことで、
    全て立体交差であるため、信号がなく、バス自体は2~3分おきぐらいにやって
    来るものの、車内が日本以上に激混みするため、ラッシュ時には、バスを数本
    待たないと乗れないことも多々ありますが、そこは中国なので、たくましく
    割り込んで行かなければ、いつまで経ってもバスに乗ることが出来ません。 

    アモイのバスは1元(約19円)で、約15分程度で新フェリーターミナルに到着
    します。 尚、アモイのバスは全て中国語のみの表示となり、英語での
    アナウンスも一切ありません。 終点で降りる場合は大丈夫ですが、途中の
    バス停で降りる場合は、運転手に一言降りる場所を告げておくと安心です。
    アモイのバスには、ちゃんと冷房も付いていました。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    中国広東省省都にある広州駅と同じく広東省の深圳駅とを結んでいる広深線。
    この路線の営業距離は、全長146kmとなっており、中国では最初に最高運転の
    速度が220km/hに到達した路線となっている。 但し、現在の営業運転での
    最高速度は200km/hとなっている。

    現在は、ドイツのボンバルディア・トランスポーテーション社(カナダに本拠を置く
    ボンバルディア・グループの鉄道部門)
    と提携して導入されたCRH1型車両が使用
    されており、
    最高速度200km/hの複線の旅客線、並びに、最高速度120km/hの
    単線の客貨両用線で構成されている。

    【広州東駅】
    IMG_6306
    IMG_6308
    IMG_6309
    IMG_6310
    IMG_6311
    IMG_6314
    IMG_6317
    IMG_6318
    IMG_6320

    現在、広州駅から深圳駅までのノンストップの列車の所要時間52分となっており、
    深圳駅から先、香港との境界線からは、東鉄線とも路線共用している。 尚、
    広深線の約3分の2近くが、広州駅ではなく、広州東駅が始発終着となって
    いるため、乗車前には注意が必要。 実際に和諧号に乗車してみた感想としては、
    平均時速180km/h程度しか出さないため、さほど早いとは感じなかった。 最高
    時速170km/hの京成スカイライナーと同程度のスピードと思えば分かりやすい。
    広州駅から深圳駅までの料金は、2等車で89元(約1,600円)。

    深圳駅
    IMG_6315
    IMG_6322
    IMG_6324
    IMG_6328
    IMG_6329
    IMG_6330
    IMG_6331
    IMG_6332
    IMG_6333

    深圳駅は、香港との国境に接しているため、ここから先は香港となっている。
    地下鉄駅の名前は、深圳駅ではなく、香港側と同じ羅湖駅。 ここから地下鉄に
    乗って約30分の華僑城駅(6元)まで移動し、巨大テーマパークである『錦綉中華』
    まで移動しました。 地球の歩き方には、深圳の治安に注意と書かれていますが、
    深圳は夜に出歩いても、特に問題はないぐらいに平和だった。 日本と中国、
    香港の地下鉄の違いは、皆IPhoneを手に持ち、電話を掛けている人も普通に
    居るため、マナーが悪いのではなく、大らかな人が多いのが特徴。

    錦綉中華】
    IMG_6334
    IMG_6336
    IMG_6338
    IMG_6339
    IMG_6342
    IMG_6352
    IMG_6353
    IMG_6359
    IMG_6361

    中国をテーマとするミニチュアパーク。 中国にある歴史・文化などに関する
    建造物や遺跡などが15分の1のミニチュア版として造られている。 万里の長城、
    故宮、石窟寺院、石林、ポタラ宮など、広大な中国内に点在する有名観光地を
    半日程度で巡ることが出来る。 園内は30万平方メートルという広大な広さと
    なっており、中国民族文化村も併設している。 こちらは、中国の民族と文化に
    テーマを絞ったテーマパークとなっている。 園内には24の民俗村が作られており、
    各民族の生活の様子や風俗を見学することが出来る。夕方以降は舞踏、雑技、
    マジック、武術などのショーやパレードがあり、これだけでも見応え十分。
    入場料は、両園合わせて180元だが、午後7時以降の入園料は65元となっている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ