19世紀の終わりまで、ドイツは、沢山の小さな国家の集まりだった。 しかし、
これらの国家は、団結して、より大きな集団を結成した。 その集団の中でも、
最も強大だったのは、神聖ローマ帝国で、形を変えながら、800年から1806年
まで存続した。

神聖ローマ帝国は、ローマ教皇によって、カール大帝が西ヨーロッパ全域に
またがる帝国の皇帝として戴冠した時に始まる。 数世紀に渡る歴史の中で、
神聖ローマ帝国の領土が現代のドイツと重なる時期が何度かあった。
神聖ローマ帝国は、15157年、改宗に続いて、プロテスタントがドイツで誕生
した後、カトリックを保護するために力を尽くした。

最後の神聖ローマ帝国皇帝フランツ2世は、1806年に退位した。 フランスの
ナポレオン・ボナパルトによって、神聖ローマ帝国は、解体された。

【1756年の神聖ローマ帝国】
537993800

【統一ドイツの誕生】
人類が北ヨーロッパに定住し始めたのは、およそ1万年前、最後の氷河期が
終わった後のことだ。 約5,000年前には、現代のドイツ語に似た言語を話す
最初の人々がこの地域に住んでいたと考えられる。 しかし、ドイツという国が
出来るまでには、それから何千年という年月が掛かった。 1871年になるまで、
ドイツは、国王や諸侯が治める小さな領邦国家の寄せ集めだった。 これら
領邦国家の多くは、神聖ローマ帝国の一部でもあったが、国民全員がドイツ語を
話し、多くの伝統を共有しているとは言え、それぞれがハッキリとした独自性を
保っていた。

領邦国家の間には、しばしば戦争が起こり、特に宗教改革後は、それが増加した。
宗教改革を切っ掛けに、キリスト教の新しい宗派が生まれ、ドイツを、そして、
ヨーロッパ全体を2つに引き裂いた。 ドイツの領邦国家のうち、プロテスタントに
改宗した者もあれば、そのままカトリック教会に従う者もあった。

【1871年のドイツの国境】
d0550

1871年に、ドイツででは大幅な変化が起きた。 領邦国家の中の強国
プロイセンの政治家オットー・フォン・ビスマルクが、いくつかの同盟と
戦争によって、他の国々をまとめ上げた。 こうして出来た統一国家は、
ベルリンを首都として皇帝ヴィルヘルム1世により、統治された。

19世紀の終わりになると、ドイツは、他のヨーロッパ諸国と争うように、
アフリカやアジアに植民地を建設した。 ヨーロッパの強国同士の対立は、
ついに、1914年~1918年の第一次世界大戦へと発展した。 ドイツとその
同盟国は、イギリス、フランス、アメリカとその連合国に惨敗した。
これは、これまでに世界が経験したことのない悲惨な戦争であった。

何百万人という兵士と市民がこの戦争で生命を失った。 戦後のベルサイユ
条約によって、ドイツは、海外植民地を失い、自国の領土の一部を近隣諸国に
割譲させられた。 戦争を引き起こした責任を取らされ、戦争中に破壊された
ものを修復する費用として、多額の賠償金を課せられた。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村