多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:韓国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ロシアオリンピック委員会によると、韓国ソウル市出身(韓国名アン・
    ヒョンス)で、2011年11月にロシアに帰化したヴィクトル・アン選手が、
    引退後はロシアナショナルチームのコーチングスタッフとしてロシアに
    留まるよう要請されているという。

    この事は、既にロシアオリンピック委員会からアン選手にも伝えられており、
    アン選手は、『良く考えてから回答する』と答えたと言う。

    vitya

    現在33歳のアン選手は、2006年のトリノオリンピックでは3つの金メダルを
    獲得、世界ショートトラックスピードスケート選手権大会は2003年から
    5連覇を達成した。 この功績により、韓国では兵役を免除されている。
    その圧倒的な強さにより、韓国では『ショートトラック皇帝』の異名がある。

    尚、ヴィクトル・アン選手の名前である『ヴィクトル』は、ロシアで非常に
    有名な朝鮮系ロックアーティストの『ヴィクトル・ツォイ』(交通事故で死亡)の
    名前に因んで付けたもの。

    【オリンピックでの成績】
    金 2006年 トリノ 男子 1000m
    金 2006年 トリノ 男子 1500m
    金 2006年 トリノ 男子 5000mリレー

    2010年のバンクーバー大会は、ひざの故障により、韓国代表を逃したが、
    結果的に、このことが、アン選手がロシアへ帰化する切掛けとなった。

    金 2014年 ソチ  男子 500m
    金 2014年 ソチ  男子 1000m
    金 2014年 ソチ  男子 5000mリレー
    銅 2006年 トリノ 男子 500m
    銅 2014年 ソチ  男子 1500m

    >>トップページに戻る




    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    韓国の兵士は、四六時中、軍事境界線を監視している。 いつでも北朝鮮の
    侵略を撃退する用意が出来ている。 朝鮮は今も戦争中だと考えている人もいる。
    朝鮮戦争(1950~1953年)で韓国にはかろうじて国の存在を守ったが、この戦争は
    正式には終わっていない。 2つの国に分断された朝鮮の人々は、お互いの国を
    自由に行き来することは出来ない。 家族が離れ離れになってしまったままの人も
    多い。

    非武装地帯にある村、板門店に、ただひとつの非武装地帯がある、ここを通過する
    許可をもらうためには、たくさんの書類をそろえなければならない。 軍事境界線に
    めぐらされた塀と有刺鉄線は、朝鮮における過去の激しい戦いを常に思い出させる。
    それでもなお、南北朝鮮の多くの人々が、いつかまた、朝鮮はひとつになるという
    希望を持ち続けている。

    dims

    【非武装地帯】
    朝鮮半島で野生動物が手付かずのまま生息している数少ない場所が、非武装地帯
    である。 非武装地帯は、韓国と北朝鮮の軍事境界線上に延びる幅4キロの一帯で、
    1953年、朝鮮戦争停戦の時に儲けられた。 それから70年近くもここには誰も足を
    踏み入れたことがないが、その両側からは、およそ200万人もの兵士たちが互いに
    監視を続けている。 予想外だったのは、この非武装地帯が、野生動物が人間に
    邪魔されずに生きることの出来る安息の地になったことだった。 ツルやその他
    沢山の貴重な鳥が、ここで冬を越す。 もし朝鮮半島のどこかに今も野生の虎が
    いるとしたら(否定する専門かもいる)、住んでいるのは、この非武装地帯である。
    もし非武装地帯がこのまま続くのであれば、自然保護家たちは、ここを世界的に
    有名な自然保護区にしたいと考えている。

    5896

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    韓国の人口密度は1平方キロメートルあたり485人となっており、アメリカの人口
    密度は32人となっている。 この人口密度の差をサッカースタジアムを単位として
    考えてみると、アメリカならば1人で7つのサッカースタジアムを使えるが、韓国では
    逆に2人で1つのサッカースタジアムを一緒に使わねばならないという計算になる。

    韓国では5人に4人が都市に住んでいるので、農村に住んでいる人は少ない。
    山間の川の近くや海岸近くの低地に、村々が寄り集まるようにある。 韓国の
    都市人口4,000万人の半数は、ソウル、釜山、仁川、大邱、大田の5都市に集中して
    いる。 仕事を見つけようと都市に移り住む人は益々増えており、農村部の伝統ある
    暮らしは失われ始めている。

    newvol7241

    【新首都セジョン】
    韓国は非常に人口密度が高く、中でもソウルには最も人口が集中している。
    2004年に政府は、韓国の中心部に新しい首都を建設することを決定した。 新しい
    首都の名前はセジョンと名付けられ、ソウルほど人口が集中せず、政府関係で
    働く人々がそちらへ移れば、ソウルの人口密度も減ると思われる。 また、
    韓国の大部分の企業は、現在ソウルに本拠地を置いているが、その多くがソウルを
    出て、新首都へ移ると考えられる。

    新首都はソウルから南約160kmの高速鉄道と清州空港に近い農村部に建設される
    ことが決まり、2007年に工事が始まった。 計画通りに進めば、その都市は
    2030年には韓国の首都になる予定となっている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ヨーロッパで初めて慰安婦像設置の計画を進めていたドイツ南西部の
    フライブルク市が、日本側からの抗議を受け中止を決定した。

    ianfu

    慰安婦像の設置をめぐっては今年5月、フライブルク市の姉妹都市である韓国
    スウォン市が提案し、合意していたもの。 しかし、日本などから抗議が殺到、
    さらに、日本側の姉妹都市である愛媛県松山市も『像が設置されれば交流に
    影響が出る恐れがある』と懸念を伝えていた。

    これを受け、フライブルク市は設置中止を決定し、スウォン市の市長にも直接
    伝えたということです。 フライブルク市は『日韓の2国間の問題に干渉すべき
    でないと判断した。 我々は双方とうまくやって行きたい』と話した。



    慰安婦像は、韓国以外ではアメリカやオーストラリアなどにあるが、
    フライブルク市に設置されればヨーロッパで初めてとなる予定だった。

    ヨム・テヨン水原市長は、フライブルク市に遺憾の意を含めた公式立場を
    伝え、日本側にも抗議書簡を送ると明らかにした。

    【お勧めの一冊】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【日本に統治されて良かった】
    もし、韓国が日本でなくロシアの属国になっていたら、年をとった人や
    インテリは、日本が韓国を占領したのを幸いに思っているんです。 なぜか
    といえば、あのとき日露戦争でロシアが勝っていたら、韓国はロシアの属国に
    入るんです。 するとどうなるか、韓国人でも勉強している人には分かるんです。

    ロシア人が入ってきたらみんな捕まってシベリアに連れていかれて、ロシア人が
    韓国を盗ってしまうでしょう。 そうなると韓国人は、日本人が統治した場合
    とは比べられないほど惨めな状況になる。 インテリはそれを感じています。

    当時、日本人による差別はなく、反日感情もわかなかった日本統治時代には
    反日なんてまったくありませんでした。 米ができたらちゃんと皆と同じく分けて
    くれたように、韓国人とか日本人といった区別や差別などなかったんですよ。
    それなので、生活にはあまり困らなかったですね。



    【日本統治時代のエピソード】
    日本人の学校と韓国人の学校とで喧嘩になった後、日本人の学校と韓国人の
    学校とで喧嘩になったことがありました。 韓国人の先生たちは怖くなって
    『やめろ』『生活ができなくなる』と言い、級長だからという理由で、私が
    呼ばれ、ものすごく殴られて傷だらけになりました。 そして日本人の学校へ
    行って謝りなさいと言われ、その通り学生を連れて行って謝りに行ったら日本人の
    方はどうしたかというと、反対に『おまえも日本人だ』と言って褒めて
    くれたんです。

    今でも同窓会を開き、当時をなつかしんでいる
    教育がもっと優れていました。先生は日本人で、ものすごく真面目に教えて
    くれました。 今でも同窓会をしています。 みんな日本統治時代を懐かし
    がっています。 それが日本統治時代の事実なんです。

    【戦後、韓国ではずさんな教育体制が30年ほども続いた】
    私個人としては(日本統治時代には)ちゃんとした教育を受けたんです。 勉強も
    自由に出来ました。 ところが戦後は、教育がなっていない。 例えば、ソウル
    大学には教授が一人もいないので、田舎で酒を造って暮らしていたような人が急に、
    昔日本でちょっとフランス語を習ったというだけでフランス語の教授になったり
    するのです。 ですから、ちょっとでも学生が勉強すれば先生よりもずっとできる
    ようになります。

    フランス語を1か月習ったら『早く来てください』と言われて、フランス語の
    教授にしたりします。 更に言えば、私はフランスに留学するまで、日本語の本で
    勉強したんですよ。 韓国語のテキストがめちゃくちゃなんです。 何が正しいのか
    分からないし、発音も分からない。 それで韓国語では30年間は誰も勉強が出来
    なかったんです。

    そういった時代があったことを韓国の今の若者は全然知りません。 だから、私が
    教えています。 あの時代の話をしたら『おーっ』といって驚くんですよ。 何の
    経験もないのに韓国の歴史の本を見てそれを信じてしまうんですね。 だから、
    今の若者は正しい歴史を何も知らないです。 私が話すと初めて聞くという人が
    いっぱいいます。

    【戦後、国をあげて反日運動を始めた韓国】
    韓国人には、昔の文化が日本よりも優れていたというプライドがあるんです。
    それで日本にやられたことが悔しい、という思いがある。 韓国が日本に、仏教や
    その他の文化を伝えたなど、いろいろなものがあるにも関わらず、軽蔑されるのが
    たまらないんです。

    戦後に反日になったんです。 『日本に支配されたから、日本人をやっつけたら
    自分は偉い』という、そういう妄想というか、そういうものを持っているんです。
    一部の人間が賄賂目当てに反日パフォーマンスでテレビに出る。 竹島(独島)の
    問題に関してもそうです。 命懸けで行って、日本の悪口を言ってテレビに出る
    人がいますが、そういう人が愛国者と呼ばれるんです。 テレビに出たら英雄に
    なるんですね。 しかし、実際の彼らは、賄賂をもらうことしか頭にないですよ
    国のことなど考えていません。 質の悪い人間が多いんですよ。

    賄賂を与えているのは、一般的には野党が多いですね。 そちらのほうが不満が
    多いんです。 そういう人がたくさんいるから、みんな反日のように見えるん
    ですよ。 本当は日本に対していい感情を持っている人の方が多いです。
    韓国でも、日本と仲良くした方が未来があると思っている人の方が多いんです。

    【植民地を解放した日本は世界的に感謝されるべき】
    日本人の一番偉いところは、植民地を解放したことです。 韓国は例外かもしれ
    ないけど、インドとかインドネシアの南の方にとっては、日本は恩人です。
    これは、世界的に感謝されるべきものなんです。 西洋人に支配されている時に、
    日本なしでは独立は不可能だったと思います。 それは非常に感謝すべきこと
    だと思います。

    ミン・ヒシク名誉教授は、インタビュー中に何度も、あのときは差別はなかった、
    恨みなどもなかった、ということを繰り返しました。 そして最後に、『日本が
    負けても精神的に国を愛する気持ちとか団結力とか、そういうものは世界的だから
    日本は滅びないという感じがしますね。 日本が滅びることはないと思いますよ』
    とあたたかく語りかけてくださいました。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    国際連合が2015年度版の世界人口推計を公表した。 前回発表された2012年版
    では、主要国の中で
    人口減少に転じている国として、特に日本、ロシア、ドイツが
    指摘された。



    afbe224c.jpg

    afbe224c.jpg


    2000年を100とした指数を以下の図で見ると、2012年に予想されていた2070年度の
    日本の人口は、
    77の23%減と見込まれていたが、2015年度版では、76の24%減と
    下方修正された。

    平均寿命の短いロシアは、2012年度版の予想では、2070年時点の
    人口が75と予想されていた
    ものの、2015年度版では、82と大幅に改善された。

    一方、ドイツは、2012年度版では、78と予想されており、日本とほぼ同様のペースで
    減少する見込みとなっている。

    一人っ子政策の影響により、中国の人口も2070年頃からは、減少に転じるとされている。
    今回の2015年度版で見ると、2070年時点で人口減少となる主要国は、日本、ロシア、
    ドイツ、
    中国の上記4カ国に加えて、韓国、イタリアの2カ国が加わっている。

    2100年の時点で、世界全体の人口は183となっており、全体では人口増加が続いて
    いるものの、
    スペイン、インド、インドネシア、メキシコ、ブラジルといった国々でも、既に
    人口減少が始まって
    いることが確認出来る。

    この先も順調に人口が増加し続ける国は、イギリス、フランス、アメリカ
    ぐらいである。
    日本をはじめとする、人口減少が進む国々の状況を見てみると、2012年度から見た
    2070年度の
    推計では、ロシアが75となっていたものの、2015年度の推計は82と大幅に
    改善されており、
    人口減少のペースが鈍化しているのが分かる。 また、ドイツも、
    2012年度の推計では78だった
    ものが、84となっており、ロシアと同様に鈍化が確認
    出来る。

    2100年の予想を見ると、ロシアは80となっており、2012年度に予想されていた落ち
    込みを回避し、
    また、ドイツも77と減少ペースが減少している。

    一方、日本の2070年度の予想を見ると、2012年度に予想された数値は77だったのに
    対し、2015年度においても76と改善は見られず、2100年には、66という大幅な下落が
    見込まれている。

    中国は2015年度の予想を見ると、2100年時点で79と急速に悪化するが、統計外
    人口の存在が確実視されており、統計の真正性にも疑念が残っている。 日本の2100年
    時点の人口は、8,300万人台と見込まれており、この66という指数は、2000年当時の
    人口と比較すると、約3分の2程度の人口しか維持出来ないという状況となっている。

    日本の65歳以上の高齢者が生産年齢人口に対する比率は、2000年には36%であった
    ものが、2100年には69.2%と大幅に上昇する見通しとなっている。

    日本以上に人口減少する見込みの国は、台湾、アルメニア、ジョージア、ブルガリア、
    ポーランド、
    モルドバ、ルーマニア、ウクライナ、エストニア、ラトビア、リトアニア、
    アルバニア、クロアチア、
    セルビア、ボスニアヘルツェゴビナ、プエルトリコ、米領
    バージン諸島、バミューダ、北マリアナ諸島
    だけとなっている。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    日本の政治 に参加中!

    世界一高い日本の国会議員の報酬。 日本では、上の方だけで、お金の奪い
    合いをしているため、結局は、一般市民レベルまで、お金が落ちて来ない。
    政治家は、適当に保身だけしていれば、後は安泰。 よって、あえて危険を
    犯して何かを変えなくても、適当にお茶を濁して、辞職にさえ追い込まれなければ、
    国民は、二の次三の次。

    その政治家に寄生をしている大企業の資産家たちも、自分たちの保身ばかりを
    考えているため、結局は、経済の血流とも言える、お金が市場に回らなくなった。
    国民には、まともな情報を与えず、各々の立場で、同じような思想の人間たちが
    固まり、対立しているだけ。

    協力どころか、お互いに足の引っ張り合いしかないため、結局は、一切何も
    変わらず。 今の日本では、0か100かの極端な考え方が支配的になっているため、
    相手を認めず、盲目的な攻撃を繰り返しているだけ。 平時は、全体主義を当然の
    ように押し付けて来るくせに、肝心な時には、無視されるか、逆に、攻撃されるかの
    何れかなので、結局のところ、 日本人を頼りにしないのが、一番賢い。

    1a630c238af0815181f9
    日本

    約2,200万円 (年間)
    歳費(=議員報酬)129万4000円 (月)
    期末手当(約635万円)
    9559e8b1c92e99f
    アメリカ

    約2,088万円
    議員報酬 $174000(年)
    1ドル=120円換算 
    2fbae2135e552f7692

    イギリス

    約1,200万円
    議員報酬(下院) 64,776ポンド(年)
    1ポンド=185円換算
    e9757862f8bf67914
    ドイツ

    約950万円
    議員報酬:70090ユーロ(年)
    1ユーロ136円換算
    29c5d982c3dcc
    カナダ

    約1,450万円
    議員報酬:$157,731
    1加ドル=92円換算
    1526bc9563ba
    韓国

    約1,240万円
    議員報酬(月額):940万ウォン(約103万円)
    1ウォン=0.11円換算

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    ◆ドイツ◆ に参加中!

    敗戦から70年を迎え、同じ敗戦国でありながら、日本とドイツは、戦後の国のあり方が、
    大きく別れた。 ドイツは、ナチス時代の誤ちを全面的に認め、ポーランドをはじめとする
    周辺国への謝罪を今なお続けており、EU内での信頼度も抜群に高い。 一方、日本は、
    今なお韓国や中国との政治的な問題を抱えており、アジアの中での発言力は、今では
    中国には遠く及ばない。

    この2つの国の違いは、国民性にもハッキリと現れており、『ただ何となく』を心情に、
    何もかも有耶無耶にして来た日本人と、その『何となく』を許さずに、全て結果に結び
    付けてきた両国民の国民性の隔たりは大きい。 この国民性の違いは、ひとえに、
    教育の差であり、小学生の頃から活発に議論を交わして、話し合いによって結論を
    導き出して来たドイツ人と、議論を極力避けて、『鶴の一声』で何もかも決められて来た
    日本人とでは、思考回路がまるで異なる。

    image0014

    幼少期の頃から、自分の考えを持つように教育をされ、自分の考えを他人に分かり
    やすく伝える能力を日々培われて来たドイツ人と、自分の考えを持つ事すら許されず、
    ましてや、それを人様の前で発表する事は、ほぼ非国民に等しい扱いをされる日本人。
    この差は、ひとえに、『結論』を重視しているのか、それとも『和』を重視しているかに
    よるものだが、間違いを素直に認めて、ひたすら先へと進む国と、何もかも有耶無耶に
    して周辺国との対立を今なお続けている国との差はますます開くばかり。

    >>敗戦から70年 日本とドイツの異なる戦後

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    韓国ドラマ に参加中!

    数年ぶりに韓流ドラマの『馬医』を見てみたところ、比較的すんなりと全50話を見る
    ことが出来た。 これまでにも韓流ドラマは、かなりの数を見ているが、韓流ドラマ
    独特の設定がこれでもかと散りばめれれており、突っ込みどころが満載。 韓流
    ドラマは、『恋愛『』を得意としており、概ね内容が同じであるため、ドラマを1本見れば、
    概ね内容は予想出来るのだが、この『馬医』は、同じイ・ビョンフン監督という事も
    あって、『宮廷女官チャングムの誓い』と9割方同じ内容。

    3953

    身分の異なる赤子の入れ替わりから始まり、陰謀、罠、罪の擦り付け、禁断の恋、
    両班と賤民との身分の違い、すれ違い、三角関係まで。 このドラマの中には、
    交通事故と記憶喪失を除き、韓国ドラマの要素が全て盛り込まれております。

    卑しい馬の医者から、王の主治医にまで出世した実在の人物で、賎しい賤民として
    生まれたが、実は、支配層である両班であったという設定。 王の寵愛を受けて、
    主治医にまで上り詰めたが、結局は、身分の低い女を嫁にしてしまったため、その
    子供は両班にはなれないという、禁断の愛を描いたもの。 陰謀渦巻く宮廷内で、
    常に正しくあろうとし、度々その座から引きずり降ろされるが、それに負けることなく、
    何度でも戻って来るという、善者と悪者がハッキリとしてて、分かりやすい内容と
    なっている。



    賎しい賤民であるため、馬の医者になるしかなかったが、王宮の首医のはからいで、
    ある日、人間の医者になることに。 その後は、天性の才能を存分に発揮して、試験も
    なしにあっという間に、医官へと就任、その後、数々の手柄を建てたため、権力者達の
    反対を押し切って、王が直接主治医に指名するところで、概ねのドラマは終わる。
    人間も賎しい動物も別け隔てなく、病気に苦しんでいる生き物全てを外科手術で治療
    するという、メディカル歴史ドラマ。

    韓流ドラマ初心者には、かなり分かりやすい内容となっているため、まあまあ
    オススメの作品。 主演は、韓国ミュージカル界のスター、チョ・スンウが務めている。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    日本のGDP成長率マイナス7.1%は、かなり前から話題になっているのだが、
    愛国主義の極右の人間の目には全く入らない模様。 何故なら、全て韓国と中国の
    せいだから。

    最近、また求人が極端に減って来たが、特に何の報道もなく、未だに景気が上向いて
    いるとか、雇用状況等を全く把握していない寝言ばかり。 安倍首相は、被災地にも
    年に数回来ているのだが、毎回自分に都合の良い場所しか訪れず、特に被災度合いが
    酷い場所には行かないため、特に行かなくても良いと思います。
    BxA2SnUCMAA_GDH
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    日本が、今後も『先進国』を名乗る気があるのであれば、文句を言う比較対象国を
    これまでのアメリカ、中国、韓国だけではなく、同じ先進国のドイツ、フランス、
    スウェーデン、オランダ、デンマーク、カナダとすべき。 これらの国々と比較すると、
    日本は単なる途上国である事が良く分かる。

    世界中で、これ程自殺が多い先進国はありません。 動物実験に対して一切何の
    規制もない先進国はありません。 大学教育が無料にならない先進国は、日本と
    英語圏のみ。 この際、政治の腐り切った部分を徹底的に洗い出して、自浄すべき。
    それで多少国会が停滞しようとも、長い目で見れば、それが最終的には近道。

    誰かがやるだろうではなく、自分から何かを変えようと思わない限り、この国は、一切
    何も変わらない。 この際、自民党と民主党が刺し違えたとしても、政治を変えるべき。

    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ