多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:非正規雇用

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    日本の政治 に参加中!

    現在、首都圏で仕事を探しても、まともな仕事はなく、非正規雇用・年収200万以下の
    ワーキングプア、並びに、生活保護がアベノミクスを開始する以前と比較しても増加して
    いる。 現状、求人広告を出しているのは、概ね人材を使い捨てているブラック企業
    ばかりで、数年間に渡り求職活動を続けたが、結局、まともな仕事は見つからずに、
    求職活動を諦めてしまった人たちもかなり大勢居るが、そのような状況を一切鑑みずに、
    国をあげての偽りの有効求人倍率や、ウソの完全失業率の公表には、もううんざりを
    通り越して、あきれ果てるばかり。

    現在アベノミクスの好景気を享受出来るのは、政府によって優遇され続けている大手企業
    だけ。 その大手企業の首都圏での非正規雇用者の割合は、70~80%前後。 残りの
    約2~3割だけが正社員となっている。 必要以上に人件費を削った挙句の果てに、全て
    内部留保へと回されているのが現実。 現状、日本では、人件費の安い海外の人材を
    メインで使っており、国内にはまともなお金が落ちないシステムになっているため、好景気を
    享受しているのは、無意味に人件費を削りまくっている人たちのみ。 その内部留保は、
    めぐり巡って、政治献金へと還元され、更に大手企業の海外進出を加速させているため、
    国内の雇用はますます疲弊している。 アベノミクスの3本の矢と言われている以下の
    政策も疑問だらけ。

    01192

    ①公共事業
    相変わらず無駄が多く、それが、莫大な日本の赤字の原因となっているのにも関わらず、
    全て利権がらみのため、無駄遣いが止まらない。 昭和の好景気の時代に建設をした
    建物や施設も、そろそろ老朽化を迎えているため、今後は、その建て替えのための予算の
    確保が難しくなるであろう。

    ②金融緩和
    強引なまでの円安政策の結果、民主党政権後期の際には、70円程度だった円が、一気に
    売られて、現在では、常に120円前後となっているが、一気に50円程度の円安は、少々
    行き過ぎで、輸出産業にとっては、良い事づくめなのかもしれないが、中小企業の場合は、
    むしろ、輸入がメインであるため、大手企業には優しく、中小企業には手厳しい状態と
    なっている。 雇用のメインは、中小企業である事から、雇用を控える企業が多くなり、
    結局は、その殆どが、非正規雇用者へと流れているのが現状である。
     
    ③成長戦略
    大企業ばかりが優遇されており、ものづくり大国日本と言われていたのは、既に過去の話。
    大手企業を取引先としている中小企業は、ますます厳しさを増しているが、それに伴って、
    個人消費も控えられており、物の売れない時代に突入、それが、デフレの原因であったが、
    根本的な原因が取り払われていないため、突発的に財布の紐が緩む事はあっても、それが
    継続しないため、結局は、全体的にマイナス成長となっている。

    民主党政権までは、雇用問題を度々取り上げていたが、安倍政権になってからは、
    偽りの好景気であるため、雇用問題は、既にないものとして扱われているが、その根の
    深さは、じわじわと生活苦という名前で表舞台に出ようとしているのではないか。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    『派遣切り』は、最近では、とんと聞かなくなった死語の一種。 但し、東朝鮮に
    おいては、名前さえ変更してしまえば、何をやっても許されるという、無礼講まがいの
    しきたりがあるため、現代用語に正しく言い直すと、『派遣の契約満了』。 その名の
    通り、『契約を更新しない』という意味しかないため、派遣社員を切った事にはならない。

    現在の大手企業においては、その時々の情勢やら、気分やらにより、派遣社員を
    はじめとする、非正規雇用者の出し入れなどは、全くもって、『モノ』と同じで、ものの
    数ヶ月単位で、お気軽に出し入れ自由となっており、ちょっと人手が足りなくなったと
    言っては、派遣社員を気軽に雇い入れ、やれ、財源が厳しいとか、やれ、気に入らない
    だとかの難癖を付けては、気軽に切捨てている。

    企業側としては、安い人材を気軽に確保出来、かつ、いつでも出し入れ自由、更に、
    ボーナスや交通費等も全く必要ないため、自分たちが財源を溜め込む際には、
    かなりの好都合。 しかも、入社したら最後、石にかじりついてでも退職などをしない
    人材などを入社させてしまった日には、それこそ、死ぬまで面倒を見なければならなく
    なるため、おいそれとは、ゾンビ社員なんかを入社させられない。 そんな状況が
    長く続いたせいか、現在の日本における、正社員の比率は、ますます落ちる一方。

    バブル期に大量採用した『残党』がそこかしこにのさばっているため、気軽に新入
    社員すら採用出来ません。 今となっては、途中入社なるものも、ほぼ不可能で、
    現在の日本は、人材の流通が、ほぼ止まっているか、または、『ブラック企業』に
    代表される、企業に『使い捨て人材』として、次々と『モノ』のように切り捨てられるかの
    何れか。

    032

    『アベノミクス』により、景気が回復したと、あちこちで耳にはするものの、そんな
    好景気は一体どこの国にあるものやら?と本気でクビをかしげてしまうような
    有様で、最近では、好景気を装って、既に少数派と化している『正社員』の給与と
    ボーナスを若干引き上げてしまったがために、今度は、予算面が厳しくなり、常々、
    『予算削減せよ!』と口が酸っぱくなるほど社内に呼び掛けをしてみたところで、
    ゾンビ社員の耳には、馬の耳に念仏。

    派遣社員の3倍以上の給与を貰っているため、自己満と社会見学を兼ねて、
    海外の『可哀想な 子供たち』を助けては見るものの、すぐ目の前で自分がこき使って
    いる、『可哀想な非正規社員』などには、目もくれず、今日も仕事の丸投げに
    明け暮れては、社会のお荷物と化しております。

    更に、こんな歪な社会は、どこ吹く風と、『知らぬ存ぜぬ』と周囲どころか、自分すら
    押し殺し、隣で誰が死のうが、そ知らぬ顔で、『自分は幸福』だと、充実した毎日を
    おくっていられるのは、バブル世代以上の人間である事にすら、気付かぬ世の中に
    なってしまいました。 これは、ある意味、『国策』とも言えるため、非正規社員などと
    言う、『社蓄』ごときに、個性やら感情やら、ましてや、恨みなどを持たれぬように、
    学校、メディア、情報統制等を通じて、日々洗脳活動に精を出しているのが、今の
    日本の政治なのでは。

    数年前までは、年末になると、大量に非正規社員が切られるため、『派遣村』なる
    ものも、日本のあちこちに現れたものだが、今では、その非正規社員が増え過ぎて、
    そんな事すら言っていられなくなったのか、『生活保護』等のセイフティーネットすら
    ろくに構築されていない、日本に置いては、その場を去れる、唯一、かつ、手っ取り
    早い方法が、『自殺』となっております。 『自殺』と言うと、惚れた腫れたかと思いきや、
    今では、不安定な雇用による自殺が、ダントツ。 その昔、自民党が推奨した、
    『新しい働き方』とは、従来の『全うな働き方』を完全否定しており、お金持ちには
    優しく、貧乏人には、とことん手厳しい国が、黄金の国ジパングとなっております。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    現在、非正規雇用社員の数は、既に約4割を突破しているが、一生派遣での生活が
    定着すると、社会が破綻します。 非正規社員の経験ばかりで、正社員の経験がない
    年代の最も上の世代は、現在、45歳前後ですが、その年代が、約20年後、65歳に
    なった時、年金もまともには貰えず、預金も全く持てず、生活保護だけに頼る世の中が
    来るとすれば、この国は間違いなく破綻します。

    最近では、その派遣にすらなれずに、フリーターが激増しています。 派遣社員も、
    時給1,500円を上回っていれば、都内では、なかりましな方です。 ボーナスはもちろん
    のこと、交通費や有給すらまともには貰えず、職歴の蓄積にはならないため、この先、
    日本の技術力は、確実に落ち込みます。 単に先に生まれたという安易な理由だけで、
    大した学歴もないのに、大企業に入れたバブル世代と、その人たちが全く辞めない事に
    より、新たな雇用が生まれず、それ以下の世代には、まともに働く機会すら与えられ
    ません。

    CFiH21EUMAAzSt

    現状、派遣社員は、正社員の尻拭いをするような存在で、正社員は、特に何も出来
    なくても、仕事を右から左に丸投げするだけで、高給取りとなっているが、それを何もかも
    丸投げされる派遣社員の方は、その給与も、正社員の3分の1程度。 現在の日本の
    正社員の平均年齢は、既に50歳前後となっているため、後10年も経過すると、正社員
    自体が、殆ど居なくなってしまいます。 日本の場合は、転職が出来づらいではなく、
    転職を悪と捉えている人間が多過ぎるため、まともな転職自体がもう出来ません。

    転職した時点で、収入が半分~3分の1になったとかは、よくある話。 例え、リストラを
    したとしても、転職能力のある有能な人材から率先して出て行くのが普通。 年功序列は、
    既に過去の遺物。 実力を完全無視して、無能な人材だけを助ける社会は、もう終りに
    すべきです。

    一生ハケンは社会の時限爆弾

    >>トップページに戻る

    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    近年、例え、大学院を卒業したとしても、非正規雇用に甘んじなければならない、
    いわゆる、『高学歴ワーキングプア』が社会問題となっているが、日本の
    大学教育は、ヨーロッパ等の無料の大学教育とは異なり、単なる金儲け第一
    主義の『ビジネスの場』となっており、既に教育の場ですらなくなって
    いるのが現状と言える。 

    大学の非常勤講師の約6割が、大学講師を専門としている、いわゆる、専属非常勤
    講師と呼ばれる形態で仕事をしているが、その平均年収は、約306万円となって
    おり、そのうち44%は、年収250万円以下のワーキングプアとなっている。
    非常勤講師の基本的な給与は、一般に90分の授業1コマ当たり月2万5,000円が
    平均となっており、年間に換算すると、1コマ当たり30万円ということになる。
    よって、年収300万円を稼ぎ出すためには、10コマ程度必要となる。 授業は
    例え90分であっても、直前直後の準備もあるため、1コマ当たり2時間労働と
    考えられている。 現在、日本の労働基準法では、上限が40時間ということに
    なっているため、10コマやったとしても、20時間で300万円程度にしかならない。

    gggtttttrr

    現在、非常勤講師の約44%が、年収250万円以下となっており、また、研究者として
    扱われないという問題もある。 同じ仕事をしている専任教員は、研究者として大学
    から書籍代なども支給されており、学会に行った場合に学会費の一部や懇親会費の
    一部が補助される。

    一方、非常勤講師には全く何も支給されず、また研究室もないため、自分の家で勉強
    しなければいけないという、不利益な面が多くなっている。 研究者として扱われ
    ないにも関わらず研究業績は、専任と同じように要求され、但し、賃金は低く抑え
    られている。 非常勤講師のほぼ全員が大学院に進んでいるため、博士課程を終了
    するまでに、1,000万円近くの借金を抱えている非常勤講師も多く、自体を更に
    酷いものにしている。

    高学歴ワーキングプアばかりではなく、日本の現在の平均年収が、既に30年前と
    ほぼ同水準である事を余り公開しないのは、大企業ばかりを優遇した国策と考えて
    良いのかも知れない。 右肩上がりであった30年前は希望が見えたが、右肩下がりの
    今となっては、絶望しか見えない。

    正規と非正規の雇用格差は、そのまま収入における格差へと繋がっており、一度
    正社員の道を踏み外すと、二度と正社員には戻れないため、自殺者が後を絶たない。
    今の日本の自殺の原因は、惚れた腫れたの恋愛の悩みからではなく、仕事上の
    問題が殆ど。 その中でも、最も上位に位置するのは、人間関係と収入格差、
    言い換えれば、ビジネス最優先でエゴ丸出しの過当競争の成れの果てとも言える。
    右肩上がりの利益ばかりを突き詰めると、こうなるという典型的な例が、日本と
    アメリカ社会。 行き過ぎた資本主義は、既に限界に達している。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ