多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:長時間労働

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    先進国と呼ばれる国の中でも、アメリカ、韓国と並び、最も劣悪な部類の日本の
    労働環境。 日本人の働き方は、かなり異常であり、特に、アベノミクス以降は、
    企業側は労働者を安く休ませず『効率的』に使うことばかりを考えるようになり、
    まともな休みすら取れない長時間の劣悪な労働環境は、国連によっても指摘されて
    いる。 これら劣悪な日本の労働環境を他の経済協力開発機構(OECD)加盟国である
    オランダ、ドイツ、フランス等と良く比較して欲しい。

    iuruui

    日本の労働環境は、長時間労働の上に有休取得日数も極端に少なく、政府が
    低賃金で安く雇える非正規労働者ばかりを増やし続けた結果、若者や女性の約半数
    以上が非正規雇用となった。 その結果、男女の賃金格差は急速に拡大した。

    但し、派遣労働者となれるのは、概ね女性ばかりとなっており、男性が
    派遣社員になるのは、至難の業となっている。 現在、非正規労働者である
    派遣社員の約7割が女性となっていることでも分かる通り、特に、男性の40代
    以降の派遣での就労は、極めて難しくなっている。 かと言って、正社員での
    雇用は年々減少をたどっているため、仕方なく、フリーターでの低収入な
    生活に甘んじている40代の男性も実はかなり多く、深刻な社会問題となっている。
    14225

    先進諸国のほとんどの国の最低賃金は1,300〜1,500円程度だが、東京の2016年度の
    最低賃金は932円となっており、これが先進国なのかとみまごうばかりの劣悪で
    低賃金な労働環境下での労働にも関わらず、誰ひとりとして不平不満を漏らさず、
    暴動すら起きないこの国のこの状況は、政府や企業側による洗脳の賜物なのか? 

    gkdnbkjr
    日本では、長時間労働も長年常習化しており、特に、正社員の場合は、折角手に
    入れた正規雇用での雇用の機会を逃したくないという理由により、無理に残業を
    したり、または、正規雇用と言えども、収入が余りにも少な過ぎるため、残業で
    その分を補う必要性が生じるため、無意味に仕事を作り出しては、残業を繰り返す
    社員がますます増え続けている。

    新聞等のメディアで良く目にする『完全失業率』や『有効求人倍率』は、今時
    誰も行かないハローワークからのデータを基にしており、ハローワークには登録を
    せずに、インターネットからの応募ばかりを繰り返している人間には、全くの
    無縁の情報と化している。

    20140112
    日本の労働環境が世界最低レベルなのは、正規・非正規労働者の賃金格差ばかり
    ではなく、パートタイムと正規労働者の間の賃金格差も先進国中最大となっている。
    上記の図は、正規労働者の賃金を100とした場合のパートタイム労働者の賃金平均と
    なっているのだが、日本でパートタイムとして働いている労働者は、正規労働者の
    半分以下の賃金で非常に安く働かされていることになる。

    但し、他の先進国では正社員の60%以上、高い水準の北欧諸国(スウェーデン)や
    スイスでは90%にも達しており、日本のパートタイム労働者はとてつもなく理不尽な
    報酬で働かされていることとなる。 日本は最低賃金においては、世界最低レベル
    どころか、文句なしのブッチギリの世界ワースト1となっている。

    これでは、労働者を雇う企業側は、笑いが止まらないのではないか。 文句が
    あるのであれば、経営者側になれということなのか。 そもそも、このような劣悪な
    労働環境は、国が積極的に介入をすべきなのだが、日本政府は、むしろ、その逆で、
    低賃金労働者ばかりを増やし続けているため、日本の『格差』は年々拡大し続けて
    いる。

    >>子供がいる世帯の貧困格差 日本は世界41カ国中、34位に沈む

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    最近、都会の生活に疲れて、田舎暮らしに憧れる若者が増えている。 長い通勤
    時間と長時間労働、複雑な人間関係に嫌気が差して田舎への憧れを膨らませている
    のだが、実際の田舎とは、どの程度の田舎を指しているのだろうか?

    4237

    基本的に、日本の田舎は、人間関係が濃密で、それゆえに、足の引っ張り合いが
    多く、何か新しいことをやろうとすると、必ず足を引っ張られるのだが、その地域の
    言葉が全く分からない人と、地元の言葉が分かっていて、それでも地元で頑張る人
    とでは、ストレスの感じ方がまるで異なる。

    地方での会話は、実は、他人の噂話や、文句悪口が多かったりするため、
    『郷に入ったら郷に従え』の考えが出来ない人だと、むしろ、人間関係でかなり
    苦労することとなる。 都会は、その点、さっぱりしているため、他人の問題には
    一々口ばしを挟んでは来ない。

    都会も所詮は、田舎者の集まりなので、足の引っ張り合いは多かれ少なかれ
    あるのだが、その人間関係の濃密具合が都会と田舎では、まるで異なるため、
    一度、田舎で『村八分』にされてしまうと、社会的な復帰は難しい。 虫や蛇などが
    嫌いな人も、決して田舎暮らしには向かない。



    都会でしか暮らしたことがない人の場合は、いくらなんでも、徒歩圏内にコンビニ
    位はあるだろうと想像をするのだが、田舎暮らしは、そんなに甘くはない。 車で
    20分程度走れば、何とかなるかも知れない程度のレベルである。 住む場所にも
    寄るが、鉄道やバスがやって来るのは、数時間に1本程度で、土日はなしも珍しくは
    ない。 よって、田舎暮らしに車は必需品。 なければ死ぬと言っても過言では
    ない。

    逆に、高齢者の場合は、全て徒歩圏内で用事を全て済ませることが出来る都心部への
    回帰が進んでいる。 足腰が不自由になってからの車での遠出はかなりきつい
    からだ。 但し、都会は、土地も家屋も狭いし、近所付き合いも希薄。 隣の部屋に
    誰が住んでいるのか分からないというのは、常識で、死後数日経過してから遺体が
    発見されたなどという話も珍しくはない。

    都会と田舎とでは、それぞれ、良いところと悪いところがあるのだが、それを自分の
    中で、どれぐらい許容出来るかが問題なのであり、行政のIターンやUターンの浮かれ
    話に乗せられて、安易な生活パターンの変更は、よくよく考えてからにした方が
    無難かも知れない。

    田舎暮らし適性診断テスト

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    転職する?続ける? に参加中!

    長時間労働が多く、残業がなかなか減らせないのが日本社会なのだが、その日本では、
    ビジネスマナーとして、仕事をスムーズに進めるために欠かせない『報告』『連絡』『相談』の
    事を省略して、『ホウレンソウ』と言うが、目を海外に向けて見ると、ドイツやロシアなどでは、
    そもそも、作業上の『ソウレンソウ』なるものが特にないため、それぞれの社員が自分の
    仕事を責任を持って全うする事が常識となっている。

    KTS08-0310-0101

    日本の場合は、1人の社員に対して、何もかも責任が一極集中するため、それを避ける
    ために、他者への『ソウレンソウ』でとりあえず誤魔化し、自分の責任ではない事を
    主張しなければならないが、この『ソウレンソウ』は、そのシステム上、承認が降りる
    までに、極端に時間が掛かるため、なかなか話が先に進まない事が多いのが現実。
     
    日本には、『石の上にも三年』というありがたい諺がある事でも分かるように、同じ場所に
    長く居さえすれば、特に何かをしていなくとも、仕事をしていると周囲から評価されるため、
    無能な人間に限って、率先して無駄な残業をしている場合が多く、このような人材が
    そっくりそのまま上司に繰り上がっているお陰で、日本社会においては、定時で帰宅する
    事は、正に夢物語。 更に、日本では、女性の社会進出が極端に遅れているが、それは、
    そもそも、収入の男女格差があり過ぎるのと、転職は『悪』という認識しか持ちあわせて
    いないため、例え、出産で会社を辞めたとしても、周囲からは、マイナス評価しか受けない。

    東京では、バスの24時間運転が定着せずに終わったが、その理由は、『最終バス』を
    理由に帰宅出来るという理由が恐らく第一で、バスが24時間化されてしまうと、いつまで
    経っても家には帰れない。

    2015042000066_2

    女性の社会進出が遅れている煽りで、仕事は、何もかも男性ばかりに押し付けられるため、
    日本の男性の自殺率は、女性の2倍以上となっている。 日本で長時間労働がなくならない
    根本的な理由として考えられるのは、『一切何も自分では判断をしてはいけない』が
    大前提であるため、とりあえず、何もかも右から左に流し、その間、何も考えずにボーっと
    待っていなければならないため。 他の社員との仕事の役割分担も全くもって明確化
    されてはおらず、例え、自分の仕事が全て終わったとしても、周囲にまで声掛けをして、
    仕事が遅い社員の仕事までをも率先して抱え込まなければならないため、一筋縄では
    行かない。

    仕事が遅いのであれば、早急に辞めて行って欲しいところなのだが、仲良しごっこが
    大好きな日本では、そのような不都合な事実は口が裂けても言えない。 最近では、
    何もかも中国に丸投げしているため、実際の仕事はかなり激減りしている筈だが、
    それでも、仕事をしているフリだけは欠かせないため、残業は無くならない。 無能な
    人間が、会社で自己主張出来るのは、残業だけと言っても過言ではない。 よって、
    日本人の作業効率の悪さは、世界最低ランクとなっている。

     img01-big

    戦後の日本は、たまたま、このような『ド根性理論』の仕事の進め方で上手く行って
    しまったため、その悪しき風習がそのまま残った訳だが、仕事が出来ない人間は、
    とっとと切り捨てて、まともな人間だけで仕事を進めた方が、効率的には、かなりまし。
    但し、仕事が出来ない人間に限って、絶対に会社を辞めないという恐ろしい規則が
    あるため、企業側は、怖過ぎて、正社員をまともには雇えない。 バブルボケ世代の
    場合は、高卒であろうが、短大しか卒業していなかろうが、楽に大手企業に入れた
    ため、仕事の出来なさ加減は、尋常ではない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ