紀元前3世紀、当時の北アフリカの主要な通商国家カルタゴ(現在のチュニジア
北東部沿岸、半島の先端につくられた都市国家)から、貿易商人や軍隊が
ポルトガルにやって来た。 これらの新参者たちは、ポルトガルの南岸に拠点を
つくり、地元の住民を相手に商売をはじめ、沿岸地域はこれらの貿易商人たちに
よって支配されるようになった。

カルタゴ人たちは、ポルトガルの北にまで足を伸ばさなかったが、ハンニバル
将軍は、戦いにルシタニア人たちを借り集めた。 ハンニバル将軍は、地中海を
舞台に通商権を求めてローマ共和国と戦った。 紀元前218年、ハンニバル将軍は、
軍を率いて現在のスペイン、フランスを超え、イタリアのローマ軍の前に現れ、
交戦した。 紀元前201年、ハンニバル将軍が敗北すると、カルタゴはイベリア
半島をローマ共和国に奪われた。

hannibal01

【ローマの支配】
ローマの軍隊は、ポルトガル南部をおさえた。 当時既に、この辺りは
ヨーロッパとの貿易が盛んで、外国の影響に慣れていたポルトガル南部の人々は、
ローマによる支配を安易に受け入れた。 しかし、ポルトガル北部では、攻防戦が
繰りかえされてローマ軍による征服が遅れた。 紀元前2世紀、ローマ軍は
北進してルシタニア人と戦ったが、地元の抵抗が強く、ローマ軍側は、しばらく
進軍を阻まれていた。 しかし、紀元前139年、地元の指導者が戦いに敗れると、
抵抗は弱まった。

紀元前1世紀、ローマ軍はついにイベリア半島を征服して政府を樹立、港や
基地の町を次々と造って行った。 現在のポルト、リスボン、ブラガなどの街は、
いずれも当時建設された都市で、新政府は道路を延ばし、大規模な農場を作り、
ローマの法律を適用した。 地元の人々は、ローマの言語であるラテン語を採用、
ローマ人の衣服を身に付け、ローマの習慣を取り入れて行った。 ローマ宗教の
神々への信仰も広まった。

紀元前27年、ローマ人はイベリア半島を三分割した。 現在のポルトガルの
大半は、そのうちのルシタニア地方に相当する。 当時、このルシタニア地方の
代表的な都市はアウグスタ・エメリタ(現在のスペイン・メリータ)だった。
4世紀までに、宣教師たちによってルシタニアにキリスト教が伝えられたが、
このキリスト信仰は、その後、ローマン・カトリックと呼ばれ、ローマ帝国東部に
発祥したものである。 カトリック司教たちは当時、オッソノバ(現在のファロ)や
アウグスタ・エメリタを本拠地にしていた。

【ゲルマン侵攻】
ローマのルシタニア統治は5世紀まで続いた。 ゲルマン民族によるイベリア半島
攻撃が始まっったのである。 ゲルマンのさまざまな集団がそれぞれ別個に攻め
入っては領土を征服して行った。 例えば、ルシタニアを抑えたのは、アラン、
ガリシアに侵攻したのはスエビ、ポルトガル南部とスペイン南部はバンダル、
といった具合に。

しかし、これらの領土支配は長続きせず、6世紀半ばには、ゲルマン系の
スエビ人がアランとバンダルを占領してしまった。 その後、間もなくゴート人
と呼ばれる別のゲルマン人集団が侵攻し、今度はスエビ人を倒して、585年までに
スエビ王国を西ゴート王国に併合してしまった。 こうして、西ゴート王国が
イベリア半島のローマ人の領土の大半を支配下におさめ、ゲルマン法による
統治体制を敷いたのである。 選挙によって対抗する派閥勢力も生まれ、6~7
世紀に掛けて互いに覇を争った。

【お勧めの一冊】



>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村