2017年11月22日、ローラ・フレセル スポーツ省長官は、記念すべき
第100回目の市会議との相互交流行事の際、スポーツガバナンスに関する
運営委員会を立ち上げた。

広くスポーツ活動を展開することは、フランスにおけるスポーツプロジェクトの
中心的な取り組みであり、スポーツ庁長官は、この目的を達成するため、
フランス大統領、並びに、首相との国家としての役割を明確化し、スポーツ活動を
更に増進し、地方自治体におけるスポーツ組織を再考するとした。 そのためには、
国、スポーツ協会、地方自治体、民間パートナー企業との間で生じる責任を
明確化するためのガバナンスモデルを構築する必要性がある。

【運営委員会の対象】
- 行政: スポーツ省、厚生省、財務省、教育省、社会省
- 地方自治体: フランス地域協会、フランス地方会議、フランス市長・
  地方自治体長協会
- スポーツ協会: オリンピック委員会、パラリンピック委員会、
  オリンピック連盟代表、並びに、非オリンピック連盟代表
- その他、競技大会出場資格者数名
 
ローラ・フレセル スポーツ省長官
laura1606172

スポーツ省長官が議長を務めるこの運営委員会は、スポーツ界から選ばれた
代表者らが登壇し、2018年1月から6月まで、6つのテーマに沿ったセミナーを
開催する。 このセミナーは、フランスのスポーツ界にとって、新たな制度と
組織的な枠組みを作るための礎となり、社会におけるスポーツの発展に
寄与するだろう。

>>トップページに戻る





クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村