山間部や川の流域の洞窟に人が住み始めた先史時代に、今のチェコにあたる
地域、ボヘミアとモラヴィアにも人類が住んでいた。 紀元前500年頃、
ヨーロッパの北と東から遊牧民ケルト人がやって来た。

ボイイと呼ばれるケルト人がボヘミアに定住し、その地域とボイイと名付け、
それがボヘミアの由来と言われている。 ケルト人の集落や最大の都市
ボイオヘムームは、交易で栄えた。

czech-map

しかし、ボイイ人は、西の地域に定住していたチュートン人(ドイツ系)と
敵対関係にあった。 紀元前12年には、マルコマーニと呼ばれたチュートン人が
ボイイを征服した。 ボヘミアとモラヴィアは、その後数世紀に渡って争いが
続き、不穏な情勢にあった。 侵入する遊牧民と、土地や交易をめぐって衝突が
絶えなかったからだ。

別のチュートン人一族がマルコマーニ人を征服して、南の盆地に定住したところ、
アヴァール人とスラヴ人が東から移動して来た。 ローマ帝国軍の兵士達も、
ヴァルタヴァ川の流域に前線基地を造るために、ボヘミアの森を通って前進して
来た。

ローマ人は、3世紀までにイタリア半島を基地に広大な帝国を築いていた。
しかし、外部からの侵入と政治的な内乱はローマ帝国を弱体化させ、ローマ
帝国は、4世紀には東と西に分裂した。

東西分裂の後、コンスタンティノープル(イスタンブール)は、東ローマ帝国の
首都となった。 しかし、ローマは、依然として西ローマ帝国の首都であった。
ふたつの首都共、ローマ帝国が公認したキリスト教の拠点としての地位を持った。

175611

4世紀に入ると、チュートン人が南ヨーロッパとイタリアに侵入し、西ローマ
帝国は滅亡した。 その後、スラヴ人の大集団が移動し始めた。 スラヴ人は
東、南、西のグループに分かれていた。 東スラヴ人はロシアに、南スラヴ人は
南東ヨーロッパのバルカン半島に、西スラヴ人は中央ヨーロッパ北部の川の
流域と平野に集落を作った。

なかでも、現在のポーランド、ボヘミア、モラヴィア、スロヴァキアにあたる
地域に定住した西スラヴ人は、最も大きな民族集団であった。 この民族
大移動の時期に、ボヘミアとモラヴィアに到達したスラヴ人集団のひとつが、
チェコ人の先祖である。

【お勧めの一品】


お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村