多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:連合王国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    労働党から政権の座を引き継いだのは、マーガレット・サッチャーを
    党首とする保守党であった。 サッチャーは、イギリス連合王国初の女性
    首相となった。 サッチャーが目指したのは、国有化されていた企業を
    私有化し、労働組合の力を弱め、社会福祉への支出を減らすことなどだった。
    これらの政策で、インフレは抑えられたが、失業率は上がり、ストライキも
    止まらなかった。

    315528

    ところが、1982年、一時的にではあるが、イギリス国民が経済上の不安を
    忘れる事件が起きた。 イギリス・アルゼンチン紛争である。 南アメリカ
    大陸近くの小さな島が集まったフォークランド諸島の所有権を主張して、
    イギリスとアルゼンチンが争ったのだ。 イギリスは、1万人の兵士から成る
    特別部隊を送り、アルゼンチン軍を撃破した。 フォークランド紛争の
    勝利により、サッチャー首相の人気は急上昇した。

    サッチャーは、人気の高まりを利用して、1983年の総選挙で保守党が再び
    多数党となり、政権を握った。 また、1987年の総選挙でサッチャーは、
    首相として史上初の連続3選を果たした。 勝利原因は、労働党内部の統一が
    取れなかったこと、つまり、労働党内の不満グループが新党、社会民主党を
    結成したことである。

    サッチャー政府は、政府支出の削減や、国有企業の私的法人への売却を図った。
    だが、1990年には、激しいインフレと高い失業率などが原因で、保守党支持は
    弱まった。 人頭税と呼ばれる地方税の導入計画も、保守党政府の不人気の
    元となった。 1990年4月、ロンドンでこの税に反対する市民の怒りが爆発、
    暴動となった。 サッチャーは、人気が落ち、12月に保守党の仲間から党首を
    辞めるよう要請された。 保守党は大蔵大臣だったジョン・メージャーを党首に
    選び、メージャーが新首相となった。

    0021698127

    1992年4月の総選挙で再び保守党が議会の多数を占め、メージャーが首相を
    続けた。 メージャーの考えは、サッチャーと共通なものが多いが、ECと
    協力して行くことにサッチャーほど反対していない。

    1992年にはEC加盟国はヨーロッパの更なる統合を目指して、マーストリヒト
    条約(欧州連合条約)に調印、1993年からEU(欧州連合)として、ひとつの
    貿易圏を形成している。 1994年には、イギリスとフランスを結ぶ海峡横断
    トンネル(ユーロトンネル)が開通し、両国が結ばれるようになった。

    しかし、このような動きがあったにも関わらず、イングランドの人々は、
    自分達はヨーロッパ大陸の人々とは別だと考え、イングランドの長い歴史や
    文化を誇りに思っている。

    イングランド自身、北部と南部に分裂しようとしていると言う人もある。
    保守党の拠点であるイングランド南部は、サッチャー、メージャーの下で
    繁栄して来た。 北部は、失業者も増え、経済も衰えた。 大きな都市は、
    今尚労働党支持が多い。 イングランドの将来は、これらの経済、および、
    社会問題の解決にかかっている。

    【お勧めの一品】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    エリザベス1世は、直系の跡継ぎを残さなかったため、スコットランド国王
    ジェームス6世が王位に就いた。 ヘンリー8世の姉がスコットランド王と結婚、
    その曾孫がジェームス6世となった。 ジェームス6世は1603年、ジェームス1世
    としてステュアート朝初代王となった。 ジェームス1世は、イングランド国王と
    スコットランド国王を兼ねたが、政治を行う時には、それぞれの王国を別々に
    統治した。

    ジェームス1世の統治法は、イングランドの標準的な方法とは異なり、王が絶対的
    支配者として支配し、議会の意見を無視した。 このため、議会の反抗にあい、
    やがて内乱となる。

    chytkuy

    1625年、ジェームズ1世の死後、その子チャールズ1世は、財政問題で議会と争い、
    勝手に議会を解散、召集した。 1640年代には、議員の多くや大商人達は、変化を
    求め始めていた。 内乱は1642年に始まった。 王党派は、王を支持、王に反対
    する議会派は、議会を支持した。 議会派の中心、オリヴァー・クロムウェルの
    指揮下、議会派軍は1644年、マーストン・ムアにて、また、1645年には、
    チャールズ1世が議会派軍の手に落ち、王の長男もヨーロッパ大陸へ亡命した。
    1649年、民衆裁判の後、チャールズ1世は斬首される。 これを清教徒革命という。

    7502280


    クロムウェルの勝利とチャールズ1世の処刑で、議会による国家支配が確立した。
    この後、イングランドには、10年以上王は存在せず、共和国となる。
    クロムウェルは、清教徒主義と呼ばれる厳格な新教の1派に属し、政治にも
    清教主義を押し付けた。 軍事能力に秀でたクロムウェルは、政治的支配権を
    獲得して、共和制を永続させようとしたが、1658年に死亡した。 1660年に
    新議会は、チャールズ1世の息子チャールズ2世を王位に就けた。

    【議会と王政復古】
    議会と王は、互いに協力して政治を行う事を望んだため、王政が復活した。
    チャールズ2世の治世の時に、イングランドに始めて政党が生まれた。 ひとつは、
    ホイッグ党と言われる革新系の党で、産業革命に有利な政策をとった。

    1685年にチャールズ2世の弟ジェームズが王位に就き、ジェームズ2世となる。
    この新王は旧教徒であった。 新教徒、旧教徒間の緊張は、既にチャールズ
    2世の代に見られたが、旧教徒が王になった事で激化した。

    1689年、議会はジェームズ2世の娘、新教徒であるメアリーとメアリーの夫
    ウィリアムスに王位を授け、ジェームズ2世は亡命した。 これを名誉革命と呼ぶ。
    2人の王は、権利の章典(言論の自由、公正な裁判を保証する法)を承認し、
    議会の力は伸びた。 王は、何らかの権威は保持したが、以後は、議会が
    イングランドを支配する。

    1645

    1702年、メアリーの妹アンが王位に就いた。 アンの治世には、イングランドは
    フランスやスペインとの戦争に勝つに連れて、軍事力を伸ばし、アジア、アフリカ、
    北アメリカの植民地を広げて行った。

    1707年にアンは、合同法に署名し、これにより、イングランド、ウェールズ、
    スコットランドが正式に合併し、グレートブリテン(イギリス)連合王国としての
    国家が確立した。

    【お勧めの一冊】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    イングランドは、ヨーロッパにあるイギリス(正式名称は『グレートブリテン及び
    北部アイルランド連合王国』)の中の一地域を指す。 グレート(大)ブリテンは、
    イングランド、スコットランド、ウェールズの3地域から成り、北アイルランドは、
    大ブリテンの西にあるアイルランド島の北端の部分を占めている。 イングランドは
    イギリスを構成する4地域の中では、一番広い。

    MapUKEngland

    この4地域は以前はそれぞれひとつの国であったが、1707年に統一されて連合王国と
    なった。  連合王国の歴史も波乱に満ちているが、4地域それぞれもまた独自の
    歴史を誇っている。 紀元前約500年頃から紀元後1066年の間に、ケルト人、
    ローマ人、アングロ・サクソン人、デーン人、ノルマン人等が断続的に
    イングランドに侵入し、今日まで受け継がれている法律、王室政体、文学、
    言語等を形成した。

    イングランドは、地理的条件が良く、港が多いため貿易が盛んで、1850年代までは
    6つの大陸にまたがる大商業帝国の中心であった。 ところが、20世紀の2回に渡る
    世界大戦と国際競争の激化により、市場の縮小を強いられた。 しかし、
    イングランドは鉄鋼業から電子工業へ、また、織物業からプラスチック工業へ移行
    することで苦境に対応して来た。 この他、経済等の政策において、互いの利益を
    与えるEUの一員として、ヨーロッパの他の国々と協力しながら時刻の発展を
    図っている。

    anglio-flag

    とは言え、イングランドの将来には、不安な要素があることも確かだ。 例えば、
    1980年代に繁栄した南イングランドと、逆に衰退した北イングランドとの亀裂が
    広まっており、北イングランドの失業率やインフレが高くなっている。 また、
    2016年6月のEU離脱に関する国民投票においても、EU離脱派が勝利し、現在、
    イギリス国内では、混乱が続いている。

    更に、かつでのイギリス植民地であった国々やEUの住民がイングランドに大量に
    移住して来ており、これらの人々が仕事や社会福祉を奪っていると考えている
    人もいる。 不況の影響を直接受けているところでは、人種差別による暴力事件も
    起きており、最近では、移民の中で最も数が多いとされている、ポーランド系
    移民にその怒りの矛先が向けられた。 更には、EU残留派が勝利している
    スコットランドでは、EU残留を求めて、イギリスからの独立が囁かれている。

    EUからの離脱を巡って、今後もしばらくは世界市場経済では混乱が続くと
    思われるが、例えイングランドがEUから離脱するにしても、残留するにしても、
    国民が納得出来る結果にして欲しい。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ