多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:通訳者

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    多言語学習法 に参加中!

    『語学』と『コミュニケーション能力』を良く一緒にされるが、ハッキリ言って、
    全く別物だと思います。 『語学』は、別の言葉で言い換えると、『外国語』とも
    言えるので、記号に近く相手とかは、一切関係なし。 一方の『コミュニケーション能力』
    とは、対人関係、特に、言葉を使っての良好な人間関係を作れるか否かの能力を
    指しているので、相手に話しやすいと感じられれば、コミュニケーション能力があると
    言えます。

    823226612

    語学をやっていて、コミュニケーション能力がない人と言うのは、自分の考えを
    正確に相手に伝え切れていない人。 その根本的な原因は、相手を理解する
    気持ちがないから。 翻訳者の場合は、語学力だけでも、ギリギリ誤魔化せますが、
    通訳者の場合は、コミュニケーション能力が欠落していると、仕事になりません。
    元々、コミュニケーション能力がない人の場合は、いつまで経っても、まともに
    外国語を話せるようにはなりません。

    実は、多くの日本人に欠落しているのが、このコミュニケーション能力。 言わなくても
    分かって欲しいという暗黙のテレパシーが何となく通用するのは、日本人だけで、
    その場合、相手に相当負担を掛けているという意識すらなし。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    仕事あれこれ に参加中!

    【日本に存在する通訳に関わりのある団体】

    通訳と言う職業において、職業従事者が会員となり、就業規則を設けているような業界
    団体は一切ないが、通訳者が登録する事の出来る団体や、『通訳』と名前が付くグループが
    いくつか存在する。



    【通訳学会】
    まず、日本学術会議の登録学術研究団体として、日本通訳学会が存在する。 会員数は、
    現在約200名であり、その8割が日英の通訳者である。 日本通訳学会規約によると、
    会の目的は、『通訳の理論と実践、および、教育に関する科学的・多面的研究を促進すると
    共に、この分野の社会的理解の増進に寄与する事』となっている。 入会については、
    『本会の目的に賛同し、入会を希望する者』が、所定の手続きを経て、日本通訳学会
    理事会の承認を受け、入会する事が出来る。 すなわち、日本通訳学会は、通訳者の
    登録団体ではなく、通訳者教育や通訳研究に励む学者、研究者の団体である。 通訳者
    ではなくても、通訳研究を行っていれば、通訳学会員となれる。 2000年9月23日に学術
    団体として認定されたばかりの若い団体であるが、以前は、通訳理論研究会という名称で、
    学習グループとして存在していた。 通訳者として活躍しながらも大学等で教鞭をとって
    いた人々が、中心となり結成された。 現在も、主に大学の教師が集まっている会である
    点は変わらず、現場で活躍している一般の通訳者の殆どは、通訳学会には加入して
    いない。 通訳者や通訳業界全体の意向が総意として反映される事を目的としている
    団体ではないため、通訳実務や、通訳市場とは直接の関連性が少ない。



    通訳学会が設立された背景には、通訳者でありながら、大学教授も勤める人々が、自分の
    専門研究を発表する場としての学会を望んだという事が挙げられる。 よって、通訳学会の
    設立に当たっては、設立者達の個人的なメリットはない事を先に述べたが、通訳学会創設
    に当たっては、研究者であもある創設者らの発表場所が生まれるという個人的なメリットが
    存在する。 よって、設立が実現したとも考えられる。



    通訳者は、他の職業と兼業している場合がある。 翻訳業との兼業例も多少は見ら
    れるが、英語専門学校講師や、通訳養成校講師、大学講師との兼業が比較的多く
    見られる。 しかし、量職に就いている人々の絶対数は、極わずかとなっている。
    いくつかの理由が考えられるが、フリーランス通訳者が比較的高学歴である事、フリー
    ランス通訳者がフリーランスではない社会的に安定した職を欲する事、現在の日本
    社会では、通訳技能が希少価値とされており、その技術を教えられる人材も乏しく、
    通訳教育の需要が大きい事等が考えられる。 大学講師には、実務界から様々な
    分野の専門家が秀でていれば、学歴、研究実績、また、教職実績が多少あるという
    前提で、大学講師に就任出来る事もある。

    現在、日本でフリーランスの通訳者が職業従事者グループとして社会で存在感を示す
    ためには、学術面で名を残すしかないのが現状である事も考えられる。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ビジネスな毎日♪ に参加中!

    【日本の通訳職の歴史と異文化コミュニケーションの現在の位置づけ】

    通訳産業の創設期と考えられる第二次世界大戦前後の日本の通訳者は、一般的に
    教養が高く、海外との接点を持つ機会に恵まれた特権的背景を持つ人々が多かった。
    その頃、通訳業が一職業として確立される以前は、他の職業と兼業で営まれていた事が
    ほとんどであった。 その後、日本で通訳職が確立された後は、通訳者は、基本的に
    フリーランスとして仕事をして来た。

    しかし、日本史を遡ると、通訳者が、職業人の集団として組織化され活躍した時代がある。
    江戸時代(1603-1867)の唐通事(中国語の通訳官)や、オランダ通詞(オランダ人の
    通訳に当たった役人)がそれである。 当時の需要は、政府が主導であった。 徳川
    幕府は、ヨーロッパと通商を行い、知識を輸入するための手段として日本語とオランダ語の
    間の通訳を必要とした。 当初は、語学が出来る役人が必要に応じてその任務に
    当たっていたが、やがて通詞(通事)地役人として制度化された。 地役人とは、通訳・
    外交・貿易の実務を担当する江戸幕府のいわば地方公務員であった。 オランダ通詞は、
    長崎出島のオランダ商館で通訳や貿易事務等に従事した。 オランダ通詞は、平戸の
    オランダ商館時代から置かれていたが、同商館の出島移転後、次第にその機構も
    整備されて行った。 1641年に職業的通詞集団が成立し、以後、世襲制を取った。
    この通詞達は、様々な文献の翻訳、言語研究、辞書編纂をした。 オランダ通詞の主な
    職務としては、語学修学、入稿蘭船臨検、積荷目録の作成、貿易事務、出島勤務、
    年番勤務、江戸番勤務、江戸参府随行等があった。 

    職制、報酬、昇格等が存在し、かなり組織化が進んでいた事が分かる。 役人が通訳を
    行っていたという点で、実務通訳が官僚職であった事は興味深い。 幕府の利害を
    代表する立場にある官僚が通訳を行っていた訳であるから、中立的な通訳をするという
    よりも、外交面でも通商面でも日本政府のスポークスマンであったと言える。 当時の
    通訳職に繋がる第二次世界大戦後の日本の通訳産業の体制とは、正反対である。

    現在の通訳産業は、市場原理が最も強力に働く産業のひとつであり、一切官僚的な
    側面や役人のような働き方や統制のされ方はない。 もし仮に、オランダ通詞のような
    体制が続いていれば、通訳者の職業団体が現在日本に出ていた事は容易に想像出来る。
    しかし、オランダ通詞達はの組織化された公務員、世襲制度は、続かなかった。
    通訳者を地方公務員とする事は、そう難しくはないだろうが、職業を世襲制とする事に
    無理があったと想像出来る。 通訳をするには、語学能力だけではなく、性格的に向き
    不向きもある。 親の職業をそのまま継いで行く制度は、通訳職においては、立ち行か
    なかった。 通訳職は、組織された世襲制度、および、公務員制度として現代にまで
    残る事はなかった。 通訳人組織も現代までは残らなかった。



    現在、日本で異文化コミュニケーションと言うと、正確に、厳密に行い、職業技として
    極めると言うよりは、同好会やボランティ的な意識が強いように見受けられる。 白黒
    ハッキリされるために行うものではなく、人を調和させて合議を得るために行うものという
    イメージもある。 しかし、今後は、日本でもヨーロッパと同様に、人々の間の『違い』を
    更に際立たせ、違いをそのまま尊重するために行われて行くものとなって行く事も考え
    られる。 そうなると、異文化コミュニケーションが、単に余暇で行うボランティア的なもの
    であるとか、女性が主に行うという『柔らかい』イメージから、より白黒をハッキリとつける
    ための厳密なものと言う『硬い』イメージになって行くかも知れない。 そのなると、
    通訳職も女性がほとんど9割を占めるという現在の様相が変わり、男性の参入も活発に
    なる事も考えられる。 また、一層職業としての規則や規律が求められるようになり、
    資格化や業界団体設立の動きも始まるかも知れない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ヒューマンスキルアップ協会 に参加中!

    【ヨーロッパでの通訳職の歴史と異文化コミュニケーションの現在の位置づけ】

    ヨーロッパでの、組織的な会議通訳の初期需要と称されるのは、第一次世界大戦の戦後
    処理の通訳需要である。 この頃の通訳者は、母国語と外国語に堪能であるだけでは
    なく、教養も高く、学者としての地位も確立している人物が多かった。 初期の国際交流
    における通訳者は、歴史家や言語学者、外交官等、専業の通訳者だけではなく、通訳
    以外の国際交流における職業を持っていた。 通訳者として通訳を専業で行っていた
    人は少なかったため、通訳産業はその頃は、まだ確立していなかったと言える。

    ヨーロッパでは、特に20世紀になってから、通訳者の真価とそれ相応の地位を認識する
    ようになった。 戦後のニュールンべルグ戦犯裁判では、英仏独ソ間で、同時通訳が
    行われ、公の重要場面における通訳者の活躍があった。 このニュールンベルグ裁判が、
    公式に組織された初の会議通訳の活用場面であったとも言われている。 第一次世界
    大戦後1919年に行われたパリの講和条約の通訳者は、ロンドン大学の歴史学者ポール・
    マントゥであった。 また、東洋哲学の教授で、ジュネーヴ大学、フランスのソルボンヌ
    大学等で、教鞭を取ったジャン・エルベールは、1917年に、若くして英仏財務交渉の会議
    通訳者として登場した。 後に、国連主席通官となり、在職中も退職後も通訳者の社会的
    地位と技術の向上に大きく貢献した。



    ヨーロッパでは、このような重要場面で活躍した通訳者達の間で、自らの職業を社会的にも
    規定して行く願望があったと考えられる。 その取り組みの結果として、AIIC のような職業
    団体が生まれた。 AIIC が設立された理由のひとつには、ニュールンベルグ裁判と国連で
    同時通訳がはじめて使われるようになってから、通訳者側においても、それを取り巻く
    社会においても、通訳者の国際組織が必要だと認識された事が挙げられる。

    興味深いのは、ヨーロッパでは、多くの教養ある人々や、普通の人々が、自国語以外にも
    他言語を話すにも関わらず、会議通訳者の存在を重要視しており、かつ、需要も高い事
    である。 それは、多国間の交渉や、各種の会議の絶対量が多い事と、正確な通訳ゆえに
    生まれる本質的な意思疎通の重要性が、より強く実感されているからだと思われる。



    現在でも、EU代表部の本部においては、通訳者が職員として550名働いている。 それに、
    フリーランスの通訳者も合わせて、毎日約700名が日常的に行われる会議の通訳を行って
    いる。 その殆どが、同時通訳である。 翻訳者も合わせると、EU代表部には、語学
    コミュニケーションのプロが、4,000人従事している。 通訳言語の組み合わせは、142通り
    あると言われている。 それだけ様々な言語間の意思疎通が重要視されているという事で
    ある。 そもそもの前提として、様々な文化と言語の存在がヨーロッパでは重要視されて
    いるという事も意味している。 異文化コミュニケーションは、社会で異なった背景や言語を
    持った人々が、共同社会で生きて行くために必要なものという位置づけである。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    市民ジャーナリズム に参加中!

    【職業の汎用化がレベルダウンに繋がるという既存通訳者の懸念】

    資格導入により、職業の汎用化に繋がるという懸念が、既存翻訳者の心理的な抵抗
    となり、これまで資格導入を阻んで来た真の理由と見る事が出来る。 会議通訳者には、
    高水準な技能が市場からは要求されている。 クライアントは、自分なりの判断基準を
    持って通訳者を評価しており、需要サイドがサービスに満足すれば、通訳者には、更に
    仕事の依頼が行く事になる。 一方、技術の先端的な部分は、一律にペーパーテストで
    測る事は難しく、人間的なコミュニケーション能力の判定には、ペーパーテストは適して
    いない。

    クライアントが評価するのは、語学力以上の人間性や、コミュニケーション能力という、
    プラスアルファの部分である。 この部分の評価には、手がつけられないまま、簡単な
    一律語学試験としてしまうと、通訳としての能力が高くなくても、一定以上の語学力が
    あれば、誰でも通訳者になれるという事になってしまう。 クライアントが求める能力に
    ついて、その水準以下でも語学さえ出来れば、合格出来る試験となってしまう。 そう
    なると、そこから供給される通訳サービスの品質は下がらざるを得ない。

    skype

    一律試験がない現在は、市場が設ける要求水準が事実上の参入障害となっている。
    クライアントからの依頼が来なければ、通訳者は、市場には参入出来ないのである。
    この市場の判断という効率的なメカニズムに政府が公的に介入し、資格制度を導入して
    これを置き換えるのは、むしろ、市場の効率化を阻害し、通訳サービスの品質を下げる
    という意見が一部の既存通訳者の中には存在する。

    但し、市場の評価は、完全ではない。 十分な実力があったとしても、市場に参入出来ない
    通訳者が居るのも事実。 同業同士での足の引っ張り合いや、タイミングを逃したために、
    市場の波に乗れなかった通訳者が居るかも知れない。 そのような市場の不完全さを補う
    意味でも、資格試験の導入は、非常に有効的だと思う。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    長年プロとして通訳をやっているが、Skype リアルタイム通訳は、あくまでも、理想
    であって、現実は、ここまでの機械通訳は無理だと思います。 2言語以上に精通
    している人の場合は、既にお気付きの事と思いますが、『Google翻訳』や『Yahoo翻訳』
    他の、いわゆる、『機械翻訳』は、実際のところ、ほとんど使い物になりません。

    尚、この動画で子供たちが英語⇔スペイン語で話している内容は、非常に簡単な
    日常会話程度の内容しかないため、この程度であれば、薄っぺらい外国語会話帳に
    でも載っているレベルです。



    実際にテキストを使って試してみると分かりますが、完全に単語を直訳しているだけで、
    表現等の違いには、一切対応をしておらず、かなり理解に苦しむレベルです。 音楽を
    やっている人のために、あえて例えると、機械が、ギターを上手にバリバリ弾けるのか?
    という問いに対して、かなり懐疑的になるのと同じレベルの話です。

    通訳が実際に訳しているのは、単なる単語だけではなく、その裏側にある、文化や習慣、
    その国に住む人たちの考え等々を総括して、全て述べています。 例えば、日本語だけは
    ベラベラだが、着物や京都や味噌汁や折り紙等々の日本の文化・風習を一切知らない
    通訳者が、何をどう通訳したところで、恐らく、機械翻訳以下のレベルにしかなりません。
    skype-translate
    また、日本語と言えども、到底、日本人が翻訳したとすら思えぬレベルの翻訳が、世の中
    には、かなりまかり通っているところを鑑みれば、機械にそこまで出来るのか?とおのずと
    理解出来ます。 通訳の場合は、テキストを元に訳している訳ではなく、全て、目と耳から
    入った、『空気のようなもの』を通訳しているため、機械翻訳とは異なり、更に聞き取りと
    発音まで要求される職業となっており、例えば、『音素』の広い言語とされている、ロシア語の
    場合は、機械でも、聞き取りがかなり大変、かつ、間違いだらけになると思います。
     
    モノリンガル、モノカルチャーなお方に限って、このような見果てぬ夢を追い求めますが、
    完璧な機械通訳を首を長くして待っている間に、ご自分で語学を習得された方が、近道だと
    思います。 但し、語学は、まともに喋れるようになるまでに、最低でも、10年は掛かります。

    その努力をまともにした事がない人の場合は、語学をかなり軽視しておりますが、日本国内の
    方言でも、標準語とでは、必ずしもイコールにならない事を考えれば、こんものは、到底無理
    だとすぐに理解出来ます。 恐らく、出来たとしても、定型句程度の表現にしか、対応出来
    ないと思います。 自分が努力をした事がないので、その奥の深さに、全く気付いていない
    だけです。 しかも、日本人の幼稚な会話内容を、そのまま外国語に単に直訳して、そのまま
    理解して貰えるとは思えません。 生身の通訳の場合は、この部分も完全に調整をしています。
     
    上記の文章を、そのまま、『Google翻訳』に掛けると、こうなりました
    英語を理解出来ないお方たちは、悪しからず。 更に機械翻訳で日本語に戻した文章を再度
    比較すると、その酷さが一目瞭然です。

    How can a matter of real-time interpretation, but we're doing for many years an interpreter in a professional, this is, essentially, a ideal, the reality is, the machine interpretation of far and I think impossible. Those who are familiar with more than two languages, you already think notice that, "Google Translate" and "Yahoo translations" of the other, so-called, machine translation, in fact, almost unusable. You can see it and try to actually use the text, but only fully have literal translation words, the difference of expression, etc., it is not in the correspondence at all, it is quite hard to understand level. When likened to for people who are doing the music, or the machine is, the play well crunchy guitar? To question, this is the same level of story as fairly skeptical.

    The interpretation is actually translated, the mere not only words, behind it, culture and customs, and are collectively so thinking of people who live in the country, it says all. For example, Japanese only but Berabera, interpreters who do not know any Japanese culture and customs of so kimono and Kyoto and miso soup and origami is, what in the what where the interpretation, perhaps, it is not only on the level of the following machine translation. In addition, even the Japanese, possibly, is the level which is not think even the Japanese translated the translation, in the world, in view of the place you are pretty Makarito~tsu, how can up there in the machine? When I find naturally. If the interpreter, and not necessarily that translate text based, all entered from the eyes and ears, due to the Interpretation things such as air, unlike machine translation is required further to listening and pronunciation because, for example, is a broad language of "phonemes", in the case of Russian, even in the machine, listening is pretty much, and, I think that it becomes full of mistakes.

    If and only monolingual, mono-cultural personage, you pursue such Impossible Dream, while waiting in a long neck perfect machine interpreters, who has been learning the language on your own is, that's a shortcut do you think w However, language is, by the time become decent speak as, at a minimum, will take 10 years. People has never been the effort, but I think pretty lightly language, even in Japan dialect, the standard language, if not necessarily think that it does not become equal, this is given, you know as soon as that's impossible . Perhaps, even as could, only to represent about AutoText, I think that it can not support. Since there is no thing that you have the effort, to the depth of the back, just not at all aware of w Moreover, the childish conversation contents of the Japanese, as it is simply a literal translation into a foreign language, I do not think is a fair amount to understand as it is. In the case of flesh-and-blood interpretation, this part also has a fully adjustable.

    『Google翻訳』に掛けて、再度日本語に戻すと、こんな感じの日本語となります


    このテキストを音声で読み上げられても、内容が理解出来ますか?
    これを日本語ですと言い張られても、迷惑なレベルだと思います。

    が、私たちはプロの中で、長年にわたってインタプリタをリアルタイム解釈の問題をやっていることができますどのように、これは遠くの機械解釈は、現実があり、理想的な、本質的に、と私は不可能だと思います。以上の二つの言語に精通している人は、あなたはすでに考えていることに注意し、『グーグル翻訳』と『ヤフー翻訳を』、いわゆる、他の機械翻訳のため、実際には、ほとんど使用できない。あなたはそれがレベルを理解することは非常に難しいですが、それがすべてで対応していない、それを見ると、実際にテキストを使用しようとするが、唯一の完全に等直訳の言葉、表現の違いを、持つことができます。人々のためになぞらえたときだけでなく、カリカリギターを演奏し、音楽をやって、またはマシンがあるしている者?質問には、これは非常に懐疑的な話としての同じレベルである。

    解釈は実際にその背後に、文化や習慣、単なるだけでなく、言葉を翻訳され、一括しそう国に住んでいる人のことを考えている、それがすべてと言う。たとえば、日本語だけが、Beraberaは、通訳は、あらゆる日本文化など着物、京都と味噌汁と折り紙があるの習慣、何では知らない人の解釈は、おそらく、それは以下のレベルではないだけです何機械翻訳。また、さえ日本人、おそらく、日本人はどのようにすることができますそこまでマシンに、場所を考慮してあなたはかなりMakarito〜のTSUあり、世界では、翻訳を翻訳しても、ないと思いレベルがありますか?私は自然に見つけたとき。インタプリタ、必ずしも、そのベースのテキストを翻訳する場合、機械翻訳は、リスニングと発音にさらに必要とされているとは異なり、たとえば、『幅広い言語である、ので、すべて、原因空気のような解釈の事に、目と耳から入力ロシアの場合の音素』が、でも機械で、リスニングは、私はそれが間違いだらけになると思い、ほとんどで、。

    場合にのみ単一言語、モノ、文化人物、あなたは、それがショートカットだている人が自分で言語を学ぶされた、長い首完璧なマシンの通訳で待機している間に、そのような見果てぬ夢を追求あなたはwがしかし、言語によって、あると思いますかまともになる時間は10年かかる、最低でも、として話す。必ずしもそれが等しくなることはないとは思わない場合は、すぐにそれは不可能だとして知っている、これが与えられ、日本でも方言、標準言語では、人々は努力ではありませんでしたが、私はかなり軽く言語だと思います。おそらく、唯一の定型句について表現することができたとしても、私はそれがサポートできないと思います。 Wのちょうど全く認識していないあなたが戻っての深さに、努力していないものを、存在しないので

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ