ブログネタ
市民ジャーナリズム に参加中!

【職業の汎用化がレベルダウンに繋がるという既存通訳者の懸念】

資格導入により、職業の汎用化に繋がるという懸念が、既存翻訳者の心理的な抵抗
となり、これまで資格導入を阻んで来た真の理由と見る事が出来る。 会議通訳者には、
高水準な技能が市場からは要求されている。 クライアントは、自分なりの判断基準を
持って通訳者を評価しており、需要サイドがサービスに満足すれば、通訳者には、更に
仕事の依頼が行く事になる。 一方、技術の先端的な部分は、一律にペーパーテストで
測る事は難しく、人間的なコミュニケーション能力の判定には、ペーパーテストは適して
いない。

クライアントが評価するのは、語学力以上の人間性や、コミュニケーション能力という、
プラスアルファの部分である。 この部分の評価には、手がつけられないまま、簡単な
一律語学試験としてしまうと、通訳としての能力が高くなくても、一定以上の語学力が
あれば、誰でも通訳者になれるという事になってしまう。 クライアントが求める能力に
ついて、その水準以下でも語学さえ出来れば、合格出来る試験となってしまう。 そう
なると、そこから供給される通訳サービスの品質は下がらざるを得ない。

skype

一律試験がない現在は、市場が設ける要求水準が事実上の参入障害となっている。
クライアントからの依頼が来なければ、通訳者は、市場には参入出来ないのである。
この市場の判断という効率的なメカニズムに政府が公的に介入し、資格制度を導入して
これを置き換えるのは、むしろ、市場の効率化を阻害し、通訳サービスの品質を下げる
という意見が一部の既存通訳者の中には存在する。

但し、市場の評価は、完全ではない。 十分な実力があったとしても、市場に参入出来ない
通訳者が居るのも事実。 同業同士での足の引っ張り合いや、タイミングを逃したために、
市場の波に乗れなかった通訳者が居るかも知れない。 そのような市場の不完全さを補う
意味でも、資格試験の導入は、非常に有効的だと思う。

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
にほんブログ村