東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の多言語翻訳『東京通詞』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:転落防止フェンス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    昨日ご紹介致しました、転落防止フェンスなのですが、その設置も空しく、本日も
    京浜東北線の人身事故により、電車が遅れております。 通勤時間ですら、週に
    2~3回ほど、このような場面に直面するため、日中も含めると、かなり頻繁に飛び込み
    自殺が起きています。 本気で自殺を考えている人の場合は、踏み切り等から、線路に
    侵入するため、駅で飛び込む人の場合は、『俺の死に様をとくと見やがれ』と思って
    いるのかも知れません。 または、発作的に電車が来たからついというのも理由の
    ひとつだと思います。 尚、このようなニュースは、殆どテレビでは報道されないため、
    このまま闇に葬られますが、これが関東の現実です。

    既に政府に買収されていいる報道機関に至っては、好景気のプロパガンダを世間に
    流す事に懸命になり過ぎているため、現実を全く見ておりません。 尚、この場所は、
    横浜市営地下鉄ホームですが、英語のアナウンスは、『The Keihin Tohoku line,
    we are accepting passengers.』のみとなっており、『人身事故』とは、ひとことも
    申しておりません。

    Yahooで調べたところ、飛び込んだ時間帯は、14:46頃と記載されてるため、かなり
    派手にひき殺した模様。 今現在遅れが出ているのは、湘南新宿ライン、宇都宮線、
    高崎線、埼京線となっています。
    IMG_6610
    IMG_6612
    IMG_6611
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    山手線、東京メトロ、並びに、首都圏の主要駅で、最近見掛けるようになった、
    『転落防止フェンス』・・・とは名ばかりで、実際のところは、自殺が余りにも多過ぎたため、
    自殺防止のために導入された自殺防止扉。 通勤時でも、週に2~3回ほどは必ず
    飛び込み自殺に遭遇すのだが、鉄道会社のアナウンスによれば、単なる『接触事故』。

    遺体の回収も、『負傷者の救護』としか言わない。 完全に轢殺してしまった場合、
    約1時間半ほど電車が全て止まるため、通勤時にこれに出くわすと、朝からとんでもない
    目に会った気分。 以前、埼京線の通勤ラッシュ時に飛び込み自殺が起きてしまった
    ため、車内は、ギュウギュウ詰めの状態であったため、斜めにしか立てず、その状態で
    1時間半も立ち往生し、朝からぐったり。

    東京の場合は、天候よりも、自殺で頻繁に電車が遅れるのだが、それでも、遅刻とは
    みなされず、遅刻扱い。 よって、乗り換え時などは、皆凄まじい勢いで、階段の上り下りを
    行うため、むしろ、危険。 たった1分の遅刻だけで、30分時間が引かれる事も珍しくは
    ない。 今となっては、正社員でも交通費が、月額2万円までが相場だったりするため、
    朝から決死の覚悟で職場に臨まねばならないのが悲しい。 いい加減、遅刻しないため
    だったら、死んでも良いぐらいの勢いとなっているため、関東にお越しの節は、ドンビキ
    されませぬよう、くれぐれもご自愛下さい。

    一説に寄れば、日本の『自殺』は、遺書がなければ、成立しないため、実際のところ、
    年間で9万人程度が自殺で死亡しているのだとか。
    P1230839
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ