多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:軍隊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ドイツに統合されたオーストリアは、ドイツ、イタリア、日本と共に、枢軸国として
    第二次世界大戦に加わった。 相手はイギリス、フランス、ソビエト等の連合国で、
    1941年にはアメリカ合衆国も連合国側に付いて参戦した。

    枢軸国側は何度か勝利を収めた後、敗北を重ねた。 連合国側の飛行機は
    オーストリアを爆撃し、1945年にはソビエト軍がオーストリアに侵入した。
    1945年に戦争は終結したが、戦闘によってオーストリアの多数の都市と産業が
    打撃を被った。 イギリス、アメリカ、フランス、ソビエトの軍隊が領内に駐留し、
    オーストリアを4つの占領地域に分割した。

    第二次世界大戦直前のヨーロッパ
    war2

    カール・レンナーを首班とする臨時政府は、オーストリア第2共和国を創立した。
    政府は各政党の連立によって運営された。 社会党(元の社会民主党)、人民党
    (元のキリスト教社会党)、共産党の3党である。 この連立政府は1960年代まで
    政権を維持した。 共産党はソビエトとの関係が密接だったが、1940年代以降、
    その勢力を失って行った。

    戦後のヨーロッパは東西の両ブロックでに分裂した。 東側ブロックはソビエト
    連邦の影響下に置かれ、西側ブロックでは、第二次大戦に勝った、イギリス、
    フランス、アメリカの3国が主要な地位を占めていた。 オーストリアは
    ヨーロッパの中央部に位置する上、これら4カ国全部の占領下にあったため、
    対立する東西両ブロックの間に挟まれることになった。

    外国の援助と戦後の経済計画の力で、オーストリアはその都市と産業を再建する
    ことが出来た。 労働組合、雇用者側、政府の3者は賃金と物価に関する協定を
    結び、努力して国の経済の回復を助けた。 しかし、戦後の10年間、オーストリアを
    占領している4カ国は、オーストリアとの講和条約について意見が一致しなかった。

    1955年の春、ソビエト連邦は、この国から撤退するにあたっての経済上と政治上の
    条件を明らかにした。 オーストリアはソビエト政府に戦時賠償を支払うことに
    なった。 オーストリアは、また中立政策を採る事に合意した。 将来の軍事的な
    紛争に、一切関わらない決意の表明である。 1955年5月、オーストリアは国家条約に
    調印し、占領4カ国は軍隊を撤退させた。

    1966年、人民党が国民議会の多数党となった。 1970年の総選挙の結果、社会党が
    ブルーノ・クライスキーの下で政権を獲得した。 社会党は1975年と1979年の
    2回の総選挙にも勝利を収めて政権を維持した。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    最近、良く聞く言葉に『空気を読む』と『自己責任』があるが、この2つの
    言葉には、非常に似通った共通点がある。 それは、『相手には迷惑を
    掛けられない』という無言の圧力である。

    『空気を読む』は、正確な日本語としては、『その場の雰囲気を察する』だが、
    その間違いさえ大ぴらには指摘出来ない位、周囲の同調圧力は高まっている。
    日本では、何もかもが、横並びで、全て他人と同じでなければならないという、
    いわば、『掟』のようなものが存在しており、これに逆らってしまうと、
    『村八分』となる。

    meigen01

    分かりやすく言うと、相手に何もかも合せられない人間は、仲間ハズレにされる
    という、『村社会』そのものが、都会でもまかり通っている。 極度の同調圧力は、
    非常に拘束力の強い軍隊や独裁国家と同じなのだが、長引く不況により、
    何もかも長いものに巻かれる生活が定着した結果、今では、自分の意見を
    人前で言うことすら憚られる時代となっている。

    img_222

    『自己責任』に関しては、自分だけ成功した人間が、周囲をバッサリと切り捨てる
    際に、必殺技のように繰り出す言葉となっており、そのような人間ばかりが増え
    続けた結果、日本では、14年連続で、自殺者数が3万人を超えていた。 最近では、
    若干自殺者の数が減ったとは言うものの、関東では、むしろ、増えているように
    思われる。  現在、自殺者数は、2万5千人強で推移しているものの、実際の
    自殺者数は、その3倍以上とも言われている。

    2015-10-27-1445
    社会保障がまともに整備されていない国で、無意味に『自己責任』ばかりを
    問われても、無意味に等しく、極論を言ってしまうと、貧乏に生まれた事自体、
    『自己責任』なのか?と問いたいところ。 むしろ、そのような人間になって
    しまった事自体が『自己責任』なのであり、まともな国の社会保障すら理解
    出来ていない人間に、そのような厚顔無恥をひけらかされても、特にそうだと
    すら思えない。

    この『空気を読む』と『自己責任』という言葉は、むしろ、人と人との繋がりを
    断ち切っているため、このような過剰な呪縛に縛られている人間には、相互扶助や
    助け合いの精神すら持ちあわせていないため、完全に無視した方が賢い行き方
    なのかも知れない。 他者を攻撃する事でしか、自分の能力を示せない人間とは、
    むしろ、距離を置いた方が、精神的にも楽になれると思います。

    【お勧めの一冊】



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ