多言語のススメ ~ロシア・東欧情報~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

記事カテゴリーに CIS独立国家共同体(旧ソ連邦) 他を追加しました♪
    マルチリンガル通訳・翻訳者によるブログ。

    英語、ロシア語、フランス語、ドイツ語、オランダ語、ポルトガル語、
    スペイン語、スウェーデン語他の多言語通訳/翻訳業を行っております (^-^)
    仙台弁、石巻弁、宮城弁、東北弁の方言指導、テープ起こしも致します。
    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:豫園

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    上海料理は、北京料理、広東料理、四川料理と並び、中国4大料理とされており、
    新鮮な魚介類をふんだんに使った料理が多い。 その代表格はまったり濃厚な
    身の味わいで人気の上海蟹。 また、小籠包や豚の角煮も上海が発祥の地と
    なっている。

    豫園には、結局3回も行ってしまったため、昼も夜も上海商城でご飯を食べました。
    中国が喋れないのと、英語が一切通じないため、このようなセルフ式の
    レストランは、非常に便利。

    【上海料理の数々】
    IMG_4971
    IMG_4976
    IMG_4978
    IMG_5145
    IMG_5206
    IMG_5207
    IMG_5208
    IMG_5209
    IMG_5210
    IMG_5213
    IMG_5214
    IMG_5410
    IMG_5216
    IMG_5301
    IMG_4960
     
    上海では現在、肉まんにストローを刺したようなようなスープ小籠包が流行して
    おり、何かと思ったら、
    小籠包の中にカニ汁が入った食べ物だそうです。 また、
    こちらの皿を一度取ってから元の場所に戻そうとすると、店員から怒られるため、
    食べる皿はしっかりと決めてから取りましょう。

    尚、1つの皿がそれぞれ、かなり大きいため、2皿食べると、もうお腹一杯です。
    日本円にして600円ぐらいでお腹一杯なので、日本と同じ位の値段だと思います。
    特に、絞りたてのフルーツジュースが安くてかなり美味しかったです♪


    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    豫園を中心としたエリアは、上海の中で最も中国的な場所。 現在の人民路と
    中華路は城壁を壊して造られた道で、この中は近代以降、租界時代も上海城と
    呼ばれた中国人居住区だった。 この周辺には、上海市内のほかの地域ではもう
    見られなくなった市場もまだ残っており、昔ながらの屋台も点在している。

    また、豫園付近にある豫園商城は、中国の伝統的江南デザインの建築物が立ち並ぶ
    観光エリアとなっている。 上海を訪れた観光客が、必ず訪れるという、上海随一の
    観光名所であるため、常に観光客で溢れ返っている。 また、この周辺には、
    飲食店が多く、安い値段でボリュームのある本格的な上海料理を堪能することが
    出来る。

    IMG_5127
    IMG_5128
    IMG_5130
    IMG_5131
    IMG_5135
    IMG_5136
    IMG_5140
    IMG_5145
    IMG_5150
    IMG_5152
    IMG_5154
    IMG_5157
    IMG_5160
    IMG_5163
    IMG_5182
     
    豫園は、旧上海城の北東部に位置し、江南古典庭園の名園と称されている。 最初に
    着工されたのは1559年で、明代の役人藩充瑞が父親のために19年掛けて造った
    私庭が始まり。 造園は、明代の名工が施工したもので、その美しい造りから江南
    名園の中でも一番と古人に称えられたと言う。 現在の面積は約2万平方メートル
    だが、その当時は5万平方メートルの敷地があったと伝わる。 創建当時は美し
    かった庭園も、藩充瑞の死後に藩家が衰えると荒れてしまう。 その後、1760年に
    庭園の管理が移り、20年掛けて楼閣を建て石山を築く等、再度整えられて行った。
    更に歴史の並に翻弄されながら、1961年に現在の形が完成した。

    IMG_5196
    IMG_5198
    IMG_5199
    IMG_5200
    IMG_5205
    IMG_5206
    IMG_5207
    IMG_5208
    IMG_5210
    IMG_5216
    IMG_5301
    IMG_5410
    IMG_5299
    IMG_5415
    IMG_5426

    豫園商城では、概ね一品15~45元程度でボリュームのある上海料理を楽しむことが
    出来る。 1品の分量がかなり多いため、2皿食べると、かなりお腹が一杯になり
    ます。 また、飲み物は別料金だが、10~15元で、絞りたてのフルーツジュースを
    販売しているため、食料に関しては、中国の方が断然日本よりも安い。 中国も
    近年は物価高で、物によっては、日本よりも高いのだが、安くて美味しいものを探し
    歩くのも楽しいかも知れない。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ