東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の多言語翻訳『東京通詞』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:観光

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    モスクワ観光のハイライトと言えば、赤の広場。 ほんの10数年前までは、
    夜に出歩くのは自殺行為とまで言われたモスクワも今ではすっかりと平和を
    取り戻し、夜にひとりで出歩いても大丈夫。 元々、ソ連の時代のモスクワは
    非常に安全な街でした。 この画像に写っている建物は、全てソ連の時代から
    全く変わってはいないものの、ライトアップだけは、ソ連の時代には全くなかった。
    グム百貨店もソ連時代からあるが、当時は、物不足で、品薄な店であったが、
    今では、三越もビックリの超高級百貨店。

    この日は、赤の広場で『モスクワ生誕祭』が開催されていたため、赤の広場の
    手前で1回、グム百貨店内へ入る手前で再度セキュリティーチェックが行われて
    いました。 最近のロシアは、テロがなくなったが、ほんの数年前までは、
    大規模爆弾テロが頻発していた時代があったことを忘れてはならない。

    【モスクワのカプセルホテル】
    IMG_1596
    IMG_1595
    IMG_1582
    IMG_1583
    IMG_1593
    IMG_1597
    IMG_1581
    IMG_1605
    IMG_1606

    尚、この日は、モスクワでは数少ないカプセルホテルに宿泊。 受付の人が
    非常に親切なお方だったため、1月にモスクワに行く際にも、ここに泊まります。
    駅からは近いものの、そこからの行き方が非常に分かり辛いため、周囲の人に
    聞かないとたどり着けないと思いますが、物価が非常に高いモスクワにおいて、
    コストパフォーマンスが非常に良いので、利用価値は非常に高いと思います。
    行き方は、この『61』と書いてあるところから、更に奥に入った突き当たりのため、
    これを目印にすると、何とかたどり着けます。

    モスクワにある地下鉄雀が丘駅。 直線で行くと、雀が丘展望台までは、
    徒歩で数分程度行けるものの、階段がないため、かなり大回りして、15分以上も
    掛かります。 昔の駅名は、展望台の名前と共々『レーニンが丘』駅。
    その後、約29年振りにユーゴ・ザーパドナヤ駅へ。 この付近には、大学や
    研究所が集中しており、モスクワの学術的な中心地となっています。 モスクワ
    大学も、この場所からは、地下鉄で1本で行くことが出来ます。 29年振り
    ともなると、懐かしいを通り越して、覚えてないw  尚、この駅は、ブヌコヴォ
    空港までのシャトルバスが出ている駅なのだが、ブヌコヴォ空港へは、ハッキリ
    言って、キエフ駅からアエロエクスプレスに乗って行った方が早いため、
    用途によって、使い分けが必要。

    【雀が丘】
    IMG_1607
    IMG_1608IMG_1609
    IMG_1611
    IMG_1618
    IMG_1621
    IMG_1622
    IMG_1627
    IMG_1628

    早朝6時(日本時間午後12時)からのモスクワ半日観光も終わり、シェレメチェヴォ
    空港へと帰ります。シェレメチェヴォ空港へ行くためには、まずは、ベラルーシ駅
    まで地下鉄で行きます。 尚、鉄道駅がベラルーシ駅、地下鉄駅がベラルースカヤ駅
    なので、要注意。 これは、日本語の『駅』がロシア語では別単語であり、しかも、
    それぞれ、男性名詞と女性名詞であるため、こうなっています。

    モスクワで最初で最後のロシア料理♪ 注文した物は、ブリヌゥイー、ボルシチ、
    ブリン、クワスと非常に分かりやすい典型的なロシア料理。 日本のロシア料理は、
    戦後の引揚者らが見よう見まねで始めた店ばかりであるため、本場の味とは、
    かなり異なりますw 特に、味が違うのが、ボルシチで、新鮮なビーツを日本では
    調達出来ないためか、味が全く異なります。

    【ユーゴ・ザーパドナヤ駅付近】
    IMG_1630
    IMG_1631
    IMG_1633
    IMG_1634
    IMG_1635
    IMG_1638
    IMG_1641
    IMG_1643
    IMG_1644

    いよいよ、アエロフロートの共同運航便であるエア・セルビアでベオグラードへと
    飛び立ちます。 機内での放送は、英語とセルビア語のみであったため、主に
    英語の方を聞きました。 共同運航なのに、ロシア語での放送はありませんでした。

    >>トップページに戻る

    【お勧めの一冊】




    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    カリーニングラード・フラブロヴォ空港からモスクワ・シェレメチェヴォ
    空港へは、約2時間のフライト+1時間の時差があるため、モスクワ到着が、
    夜中の11時30分過ぎとなり、アエロエクスプレスは午前0時30分が最終列車で
    あるため、タクシーに乗車した。

    【夜中のタクシー乗車時の注意点】
    空港内には、客引きが多数おり、ここで値段交渉をしなければならないのだが、
    空港内の客引きは、既に定価を示すボードを所持しており、当初の値段よりは
    1,000ルーブル値下げして貰ったものの、シェレメチェヴォ空港からタクシーで
    40分程度のベラルーシ駅前にあるホテルまで、4,000ルーブル(約7,000円)も
    取られる結果となった。

    それまでは、何度タクシーに乗っても、大体250ルーブルとか、ワールドカップで
    大渋滞であったカリーニングラード市内ですら、最高で1,000ルーブルまでしか
    請求されなかったのだが、ここ首都モスクワでは、物価が地方とはまるで違う。
    モスクワは、収入に対する物価の高さが世界一の都市であるため、夜中に
    タクシーに乗るのは止めた方が無難。

    【空港からモスクワ市内へ】
    IMG_1250
    IMG_1256
    IMG_1259
    IMG_1264
    IMG_1267
    IMG_1268
    IMG_1270
    IMG_1271
    IMG_1272

    この日は、ベラルーシ駅前のホテルに宿泊したため、まずは、ベラルーシ駅に移動。
    モスクワのホテルは、どこも高いのだが、今回の旅行で最も高い値段であった
    ホテルは、一番ボロボロで冷房も付いていなかった。

    その後、世界一美しいと言われているモスクワの地下鉄で中心部へと移動。
    モスクワの地下鉄は、有事の際には、核シェルターとなるため、地下4階以上の
    浅い部分は一切通らず、そのため、エスカレーターが異様に長いのが特徴。
    但し、日本のエスカレーターの様に、とんでもなく遅い物はひとつもなく、
    日本の3倍以上の超高速運転をしているため、初めてモスクワを訪れた場合は、
    度肝を抜かれて、なかなかロシアのエスカレーターには乗れない。

    【ボリショイ劇場付近】
    IMG_1274
    IMG_1276
    IMG_1277
    IMG_1279
    IMG_1282
    IMG_1283
    IMG_1285
    IMG_1288
    IMG_1281

    地上に出ると、すぐ目の前には、ボリショイ劇場と、カール・マルクスの像が
    あった。 社会主義の生みの父であるカール・マルクスが語った最も有名な言葉は
    『全世界の労働者階級たちよ団結せよ!』で、この言葉は、旧ソ連邦の象徴である
    エンブレムにも、15共和国全ての言語で書かれていた。

    29年前は、モスクワに留学をしていたのだが、それ以来、丸29年ぶりに
    ツムデパートへ。 当時は、ソ連末期であったため、深刻な物不足で、
    ろくな物が売っていなかったのだが、29年の時を経て、三越もビックリの
    超高級デパートへと大変貌を遂げていた。 昔は、マルボロとかグラビア雑誌が
    賄賂の代わりだったのだが、今では、その賄賂も物価上昇により、とんでもない
    値段となっておりますw

    【赤の広場】
    IMG_1289
    IMG_1290
    IMG_1291
    IMG_1292
    IMG_1293
    IMG_1294
    IMG_1295
    IMG_1296
    IMG_1299

    さて、ここからが、モスクワ観光のハイライト☆ 市の中心部にある赤の広場へと
    入ります♪ ワールドカップ開催期間中のため、荷物の持込が規制され、トランクを
    持っては中に入れなかった。 ロシアの建物は、非常に大きいため、見えてからが
    遠く、基本的に、凄まじく歩くこととなるのだが、ロシア人の主な趣味は『散歩』
    なので、数キロ程度であれば、普通に皆歩いております。

    モスクワ中心部の赤の広場~グム百貨店~レーニン廟~聖ワシリー寺院付近。
    クレムリン宮殿の中にも入る予定であったが、ワールドカップ開催期間中の
    ため、警備が非常に厳しく断念。 クレムリン宮殿は、ロシアの政治の中心地で
    あるばかりではなく、モスクワ観光の目玉でもあります。

    クレムリンへの入り口、スパスカヤ塔(一般人はここからクレムリン内へは
    入れない)とグム百貨店とその内部。 グム百貨店へ入るためには、赤の広場
    手前の検問と、グム百貨店手前にある入り口で再度検問を受けなければなら
    なかった。『グム』とは、『国営百貨店』の意味で、カタカナで表記すると、
    『ゴスダールストヴェンヌィー・ウニヴェルサーリヌィー・マガジン』の
    頭文字を取った省略形。

    【モスクワ市内から空港へ】
    IMG_1301
    IMG_1302
    IMG_1304
    IMG_1308
    IMG_1310
    IMG_1312
    IMG_1313
    IMG_1314
    IMG_1322

    毎時定時に衛兵交代が行われる、『無名戦士の墓』。 無名戦士の墓とは、歴史を
    通して起きた戦争で戦死し、かつ身元が分からない兵士の遺骨を埋葬、または、
    納めた墓。 遺骨は無く、遺品を納めたり、英霊として葬り、祀る墓もある。
    モスクワの無名戦士の墓は、独ソ戦で亡くなった英霊を祭っており、永遠に消えない
    『炎』が燃えている。 また、このお墓には『君の名は分からないが、君の偉業は
    死なない』と記されている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    モスクワから飛行機で約2時間半のロシアの飛び地、カリーニングラードの
    主な観光地と見所。

    【ロシアの母像
    IMG_1220

    旧ソ連圏によくある『○○の母』の像。 カリーニングラードでは
    『ロシアの母像』という名前。 1974年に設置されたこの像の場所には、
    かつてはスターリンの石像があった。 2007年には、カリーニングラード州の
    文化遺産に指定された。

    ソビエトの家
    IMG_1222

    ドイツ時代のケーニヒスベルグ城があった場所に建てられており、その代わりの
    街のシンボルとして計画されたが、建設中に地盤が緩く、傾き、ヒビが入り、
    使用出来なくなった廃墟。

    ケーニヒスベルク大聖堂
    IMG_1226

    レンガ造りのゴシック様式の大聖堂。 1333年から1380年の間に建築。
    1944年8月の第二次世界大戦中イギリス空軍の二夜に渡る空襲で街は
    大きく破壊され、大聖堂もこれによって大きく破壊された。 空襲を
    まぬがれるために100人ほどが聖堂に避難したが多数の死者が出てしまった。

    第二次世界大戦で残った数少ない建物のひとつであり、大戦後にドイツの
    敗北と共に、ドイツ領からソ連領へと移ったカリーニングラードには、
    ドイツ風の建物が多いとされているが、実際は、戦時中にかなり破壊され、
    ドイツ風(ゴシック様式)の建物は実は少ない。 川沿いに残された、
    この一体だけが、唯一、ドイツ風の建物が残っている観光スポット。

    【プレゴリャ川付近】
    IMG_1229

    プレゴリャ(独語名プレーゲル)川沿いにある、ドイツ風の建物。 かつては、
    この川の流域には、バルト語派のプルーセン人が住んでおり、ドイツ語の
    川の名であるプレーゲルは、プロシア語で深い場所を意味する『preigillis』から
    来ている。 ドイツ人の東方殖民と、北方十字軍による異教徒の征服が進むと、
    次第にプルーセン人はドイツ人に同化されていった。

    IMG_1228

    プレーゲル川河口付近に作られた港湾都市ケーニヒスベルクは、流域の
    プロイセン地方の物資を集散し、バルト海を経由して各地へ輸出する港として
    中世以来繁栄した。 後には、プロイセン公国が建国されプロイセン王国へと
    拡大したが、第二次世界大戦後、ドイツ領だった東プロイセンは、ポーランドと
    ソ連に分割され消滅し、ケーニヒスベルクもカリーニングラードと改称された。

    IMG_1230

    【雑 記】
    前々から、iPhoneの調子が悪かったため、カリーニングラードで、iPhoneの
    バッテリーを交換。 15分ほどであっという間に終わった。 特に、外人とも
    思われなかったため、パスポートや、身分証明書の提示も必要なかったw
    交換料金は、中国製のバッテリーが1,400ルーブル、正規品が2,400ルーブル
    だったので、日本の約3分の1以下であった。

    【カリーニングラード・フラブロヴォ空港】
    IMG_1247

    カリーニングラード南駅にあるバスターミナルから、フラブロヴォ空港行きの
    空港バスが出ており、約40分程度で空港まで到着出来ます。
    カリーニングラードは、ロシアの飛び地であるため、面積が非常に狭く、
    1時間も車を走らせれば、国外に出てしまう程小さい。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ベラルーシの首都であるミンスクは、人口約200万人程度のこじんまりとした街で、
    仙台の姉妹都市となっている。

    ミンスク空港からミンスク市内へやって来る際は、宿のおばさんに地下鉄の
    終点駅まで乗せて来てもらったため、空港への行き方が分からなかったが、
    ミンスク駅のお隣り(と言っても、日本の感覚で言うと5件ぐらい隣り)に
    あるバスターミナルから空港行きのシャトルバスが20分間隔で出ている事が判明。
    更に、後で分かった事だが、このシャトルバスは、40分おきに乗り合いタクシーと
    路線バスが交互に出発しているため、空港への到着時間が20分程度異なっている。

    乗り合いタクシーは空港まで40分程度で到着するのだが、路線バスの場合は、
    1時間弱掛かる。 しかも、乗り合いタクシーの場合は、「降ります」の意思表示
    ボタンが付いていないため、降りたい場所に近づいたら、運転手に
    「降ろしてください」と意思表示をしない限り、タクシーから降りる事すら
    ままならないw

    IMG_0939
    IMG_0940
    IMG_0941
    IMG_0942
    IMG_0943
    IMG_0944
    IMG_0945
    IMG_0946
    IMG_0947

    ミンスクは、こじんまりとした街なので、徒歩で街中にある主要な観光地を
    全て見て周ることが出来るが、要所要所では、やはり、運賃約30円でどこまで
    でも乗れる地下鉄が便利。 外は暑いので、地下鉄の中は避暑地にもなる。
    有事の際には、核シェルターにもなるモスクワの地下鉄とは異なり、ミンスクの
    地下鉄は、そこまで深い場所を走っていないため、エスカレーターの移動も
    さほど苦にはならず。 ミンスクは思っていたよりも綺麗な街並みなので、主な
    観光地を徒歩で丸1日掛けて、ほぼ網羅した。

    「最も社会主義時代の痕跡が色濃く残る国」という偏った情報に騙されて、
    重苦しい雰囲気の街を想像していたのだが、ミンスクは、想像以上に綺麗な街で
    あった。 ドイツ軍に街を破壊されてからは、ソ連式の復興計画に則り、
    街の復興がなされた名残で、多少ソ連式の重厚な建物は残っているものの、
    そこまでの暗さは感じられなかった。 道路の清掃も行き届いており、中途半端に
    アメリカの薄汚い街へ観光に行くよりも、ミンスクの方が断然お勧め。 ロシア語も
    全く訛っていないため、ロシア語留学にも適している。

    IMG_0948
    IMG_0949
    IMG_0950
    IMG_0951
    IMG_0952
    IMG_0955
    IMG_0953
    IMG_0954
    IMG_0956

    明るい雰囲気のミンスク市内。 この周辺が街の中心部であるため、お土産屋の
    キオスクが軒を連ねていた。 ベラルーシの民族衣装を着た人形やロシアの
    マトリョーシカなど、観光客は少ないなりに、それなりには居るのだと思った。
    但し、皆ロシア語で喋っていたため、旧ソ連邦内、特に、ベラルーシではビザが
    必要のないロシアからの観光客だと思う。

    ヨーロッパにある街の中心部には、必ず教会があるのだが、敬虔な祈りの場で
    あるため、観光地ではない。 写真を撮るのは余りお勧め出来ないが、邪魔に
    ならない程度であれば、特に文句を言われることもないので、主なものだけ
    写真に収めて、教会を後にした。

    IMG_0957
    IMG_0958
    IMG_0959
    IMG_0960
    IMG_0961
    IMG_0962
    IMG_0963
    IMG_0966
    IMG_0967

    先ほどの教会がある地下鉄の駅からは若干離れているものの、正しい歴史を
    知るために、第2次大戦の記念館に行く事にした。 ミンスクは、ドイツ軍に
    よって破壊された街だが、ビリニュスはソ連軍によって破壊されたもの。
    ヨーロッパでは、至る所で殺し合いをしているので、それを乗り越えてEU
    というものが存在している事を忘れてはならない。

    博物館に行く途中にデパートがあったため、若干寄り道。 地下に食料品
    売り場があったため、ミンスクの生活を垣間見るために、色々と見て回った。
    ミンスクでは、流石にお隣りウクライナ・ポロシェンコ大統領の「アリョンカ」は
    売っていなかった。 物の全くない時代に旧ソ連に住んでいた者としては、
    世界が大きく変わってしまったという感想しか出て来ないのだが、逆を言うと、
    超極貧な地域でも、ものの20年程度で、この様に大発展出来る事を意味している。
    日本の場合は、逆にこの20年間ですっかりと退化してしまったため、
    ベラルーシをはじめ、旧ソ連地域における存在価値を全く見出せなかった。

    IMG_0968
    IMG_0969
    IMG_0970
    IMG_0971
    IMG_0972
    IMG_0973
    IMG_0974
    IMG_0978
    IMG_0977

    そのお隣りに本屋があったため、日本語の本を物色。 旧ソ連邦では、日本語の
    人気が高いため、日本語の教科書が30種類程度も置いてあった。 ここで
    自分へのお土産として、露和辞典を700円程度で購入した。 語彙数は約2万語
    であるため、基礎的な単語しか書かれていないのだが、用例が多いため、非常に
    勉強になる1冊であった。

    >>トップページに戻る



    【お勧めの一冊】


    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    広州は、中華人民共和国広東省省都であり、広東省だけでなく華南地域の経済、
    文化、教育の中心となっている。 中国では北京および上海に次ぐ、第3の
    大都市でもあります。『食は広州にあり』に表れている通り、広州の食文化は
    豊かで、飲茶点心やフカヒレ、アワビといった高級海鮮食材から、ヘビ、カエル、
    ツバメの巣までもが食材として市場で売られている。

    【陳氏書院】
    IMG_6249
    IMG_6289
    IMG_6250
    IMG_6287
    IMG_6258
    IMG_6264
    IMG_6263
    IMG_6252
    IMG_6277

    木、レンガ、石等、敷地内の至るところに見事な彫刻が施され、大量の陶器、
    彩色上絵、鋳物などの並ぶ、清代広東の民間建築芸術の粋を集めた芸術館の
    ような館。 無名な工匠たちが残した芸術作品は、120年以上の時間を経て
    尚も輝きを放ち続けている。 後院の通路の上は『三顧の礼』、『赤壁の戦い』
    など、日本でも馴染みの深い三国志や水滸伝などの物語にちなんだ彫刻で飾られ、
    さながら歴史彫刻の回廊』となっている。 歴史文化的な価値が高い史跡として
    『広州八景』に選ばれている。

    【中山記念堂】
    IMG_6180
    IMG_6192
    IMG_6181
    IMG_6184
    IMG_6185
    IMG_6194
    IMG_6176
    IMG_6191
    IMG_6187

    越秀公園内にある中山記念堂は、辛亥革命の指導者、孫文を記念して1931年に
    柱を一本も使われずに建てられたもの。 清の皇帝の帽子を模ったという8角形の
    ホールは天井まで58メートルと高く、5,000人近くが収容可能。 孫文は日本亡命
    時代に東京府の日比谷公園付近に住んでいた時期があり、公園の界隈に『中山』
    という邸宅があったが、孫文はその門の表札の字が気に入り、自身を孫中山と
    号すようになった。 日本滞在中は『中山 樵(なかやま きこり)』を名乗って
    いた。 孫文の故郷は現在は中山市(ちゅんざんし)となっており、香港や
    台湾等にも同名の記念館がある。

    【道教寺院本山 三元宮】
    IMG_6195
    IMG_6197
    IMG_6199
    IMG_6200
    IMG_6202
    IMG_6206

    三元宮は三元大帝を祀る道教寺院で中国各地にある寺院。 場所は地下鉄2号線
    紀念堂駅から解放北路を北上し、応元路を東に入ってすぐ。 越秀公園の南端と
    隣接しており、また応元路をさらに東へ進めば中山紀念堂がある。 拝観料は
    1元。 中へ入ると、様々な像が並んでおり、地元の人達が熱心に祈りを
    捧げる場所となっている。

    【西漢南越王博物館】
    IMG_6208
    IMG_6209
    IMG_6210
    IMG_6211
    IMG_6216
    IMG_6225
    IMG_6246
    IMG_6245
    IMG_6230

    今から2100年前に建てられた、西漢初期の南越国君主であった文帝趙昧の墓。
    1983年に発掘調査が始まり、中から15人の殉死者と、玉器、青銅器を中心とする
    1000件以上の埋葬品が発見され、10年を掛けた遺跡の保存と共に博物館が建設
    された。 西漢南越王博物館は、2000年以上の歴史を持つ古都広州のシンボル的な
    存在となっており、総合展示館、王墓遺跡、本館の3つの部分から形成されてる。
    入館料は12元。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    豫園を中心としたエリアは、上海の中で最も中国的な場所。 現在の人民路と
    中華路は城壁を壊して造られた道で、この中は近代以降、租界時代も上海城と
    呼ばれた中国人居住区だった。 この周辺には、上海市内のほかの地域ではもう
    見られなくなった市場もまだ残っており、昔ながらの屋台も点在している。

    また、豫園付近にある豫園商城は、中国の伝統的江南デザインの建築物が立ち並ぶ
    観光エリアとなっている。 上海を訪れた観光客が、必ず訪れるという、上海随一の
    観光名所であるため、常に観光客で溢れ返っている。 また、この周辺には、
    飲食店が多く、安い値段でボリュームのある本格的な上海料理を堪能することが
    出来る。

    IMG_5127
    IMG_5128
    IMG_5130
    IMG_5131
    IMG_5135
    IMG_5136
    IMG_5140
    IMG_5145
    IMG_5150
    IMG_5152
    IMG_5154
    IMG_5157
    IMG_5160
    IMG_5163
    IMG_5182
     
    豫園は、旧上海城の北東部に位置し、江南古典庭園の名園と称されている。 最初に
    着工されたのは1559年で、明代の役人藩充瑞が父親のために19年掛けて造った
    私庭が始まり。 造園は、明代の名工が施工したもので、その美しい造りから江南
    名園の中でも一番と古人に称えられたと言う。 現在の面積は約2万平方メートル
    だが、その当時は5万平方メートルの敷地があったと伝わる。 創建当時は美し
    かった庭園も、藩充瑞の死後に藩家が衰えると荒れてしまう。 その後、1760年に
    庭園の管理が移り、20年掛けて楼閣を建て石山を築く等、再度整えられて行った。
    更に歴史の並に翻弄されながら、1961年に現在の形が完成した。

    IMG_5196
    IMG_5198
    IMG_5199
    IMG_5200
    IMG_5205
    IMG_5206
    IMG_5207
    IMG_5208
    IMG_5210
    IMG_5216
    IMG_5301
    IMG_5410
    IMG_5299
    IMG_5415
    IMG_5426

    豫園商城では、概ね一品15~45元程度でボリュームのある上海料理を楽しむことが
    出来る。 1品の分量がかなり多いため、2皿食べると、かなりお腹が一杯になり
    ます。 また、飲み物は別料金だが、10~15元で、絞りたてのフルーツジュースを
    販売しているため、食料に関しては、中国の方が断然日本よりも安い。 中国も
    近年は物価高で、物によっては、日本よりも高いのだが、安くて美味しいものを探し
    歩くのも楽しいかも知れない。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    東京駅から高速バスで1時間足らずで行ける茨城県。 関東の中でも、最も
    地味で目立たない県とされているため、『都道府県魅力度ランキング』では、
    毎年常に最下位が定位置となっているが、茨城は、北関東というよりも、
    南東北の文化圏に属しているため、販売している商品が、東北と概ね同じ。

    茨城は、関東にいる限り、最下位争いからは抜け出る事が出来ないが、
    南東北に移れば、福島を抜いて東北第二位に浮上出来る可能性が高いため、
    東北への移籍をお勧めしますw

    【筑波山】
    IMG_8165
    IMG_8179
    IMG_8184
    IMG_8185
    IMG_8189
    IMG_8193
    IMG_8203
    IMG_8210
    IMG_8217

    筑波山は、つくば市北端にある標高877mの山で、西側の男体山と東側の女体山
    からなる。 茨城県のシンボルの一つとされており、富士山と対比して
    『西の富士、東の筑波』と称される。 全域が『水郷筑波国定公園』に指定
    されており、日本百名山、日本百景の一つとされる。 百名山では最も標高が
    低く、開聞岳(標高924m)と共に1,000m未満の山となっている。



    【茨城県 フラワーパーク】
    IMG_8265
    IMG_8270
    IMG_8275
    IMG_8279
    IMG_8281
    IMG_8283
    IMG_8292
    IMG_8296
    IMG_8305

    筑波山のすそ野に広がる花の一大テーマパーク。 約30ヘクタールの広大な
    園内には、世界中のバラ500種3万株や、シャガ、やまゆり、ダリア、ベコニアなど
    四季折々の花が楽しめる。 春と秋にはバラまつりが開催され、花のすべり台や
    フラワーサイクルなどもおすすめ。 花と緑の公園となっており、特に、茨城県の
    花であるバラに力を入れている。

    【お勧めの一冊】



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    被災地通信 に参加中!

    伊達62万石の城下町仙台は、東北最大の都市であると共に、東北最大の観光地。
    今回は、その歴史と主な見どころを紹介します。



    伊達政宗公の肖像画や木造は、生前片目だけで非常に親不孝をしたという遺言により、
    基本的に全て両目が入れられている。 仙台市博物館所蔵の肖像画に書かれて
    いるのは、辞世の句。 現代語に翻訳をすると、『少年時代は、いつも馬の上で
    過ごしたが、世の中が平和になり、白髪も多くなったため、この世を楽しまないで
    どうするよ?』

    IMG_6143
    IMG_6145
    IMG_6036
    IMG_6055
    IMG_6056
    IMG_6057
    IMG_6040
    IMG_6047
    IMG_6046

    伊達政宗の従兄弟の伊達成実は、戦場では、決して後退りをしなかったという非常に
    勇猛果敢な武将で、常に政宗を助けた。 藩政時代の仙台藩の藩図は、明治政府に
    無理やり割譲させられた岩手県の南3分の1と、同じく、福島県に割譲させられた
    新地が含まれており、この他にも、仙台藩は、愛媛県の宇和島と、滋賀県にも領土が
    あった。 蝦夷地(北海道)が独り立ちするまでは、仙台藩が蝦夷地を統括して
    いたのと、戊辰戦争に負けた際に、仙台藩の武士は、蝦夷地へと強制的に
    送られたため、仙台弁と北海道弁は、概ね同じとなっている。 但し、言語的に別れて
    から、既に150年程経過しているため、北海道弁の方が古い形を残しているのが特徴。

    仙台藩は、豊富秀吉によって、現在の福島、並びに、山形の旧領地を全て召し上げられ、
    現在の宮城県へと国替えになったが、伊達家が最終的に目指したのは、武力ではなく、
    経済力による江戸の支配。 伊達家は、全国第3位の大大名であったものの、それに
    満足する事なく、近江の国出身で、治水の名手と言われていた、川村孫兵衛に命じて、
    河川を切り開き、水田と港を開いて他藩との交易を活発に行なった結果、仙台藩の
    実質石高は、その表高の約4倍にまで膨れ上がり、江戸に流通している米の約半分を
    完全に牛耳るまでになった。 その経済力を使い、仙台藩は、直接ローマやスペインとの
    交易を試みたものの、時は既に鎖国、切支丹弾圧へと進んでいたため、最終的には、
    うまくは行かなかった。

    仙台市博物館では、それらの資料が「慶長遣欧使節団関連資料」として展示してあり、
    現在は、国宝、並びに、世界記憶遺産として指定を受けている。 慶長遣欧使節団は、
    日本で初めて太平洋と大西洋を単独で横断した使節団であり、散切り頭で有名な
    岩倉使節団が欧州を訪れた際に、この事実を知り、非常に感銘を受けたと言われて
    いるが、それが幕末に大逆賊の汚名を着せられた仙台の地に日本で2番目の帝国大学
    (現在の東北大学)が開設された直接の理由とも言われている。

    支倉常長を描いた洋画は、日本人を描いた世界で初めての油絵で、切支丹へと改宗した
    常長の子孫が、幕府からの弾圧を恐れて折り畳んだ後、更に丸めて筒に入れて隠し
    持っていた跡がクッキリと残っている。 使節団の一部は、切支丹へと改修の後、
    弾圧を恐れて、そのままスペイン南部に残り、現在は、「日本」を意味する「ハポン姓」を
    名乗っているが、サムライの末裔である事を大変誇りにしているとか。 400年以上も
    前に、単独で船を建設して、危険を犯してまで海を渡ってスペインとの交易を試みたのは、
    表面上は、貿易のためとされているものの、実際のところは、当時世界最強の力を
    誇っていたスペインの力を借りて、江戸の徳川幕府を倒すためとも言われている。

    IMG_6065
    IMG_6066
    IMG_6061
    IMG_6071
    IMG_6083
    IMG_6087
    IMG_6091
    IMG_6113

    IMG_6059

    毎年、仙台七夕の夜にだけ開催される瑞鳳殿のライトアップイベントでは、夜の瑞鳳殿を
    見る事が出来る。 瑞鳳殿は、伊達政宗公の御霊屋で、今でもこの下に遺骨が納められて
    いる。 仙台大空襲を受けるまでの瑞鳳殿は、国宝指定されており、日光東照宮と
    同時期に建てられたため、「奥の日光」とも呼ばれていたが、戦災で消失。 その後、
    昭和54年に再建されたものの、現在は、国宝指定はされていない。 派手好きであった
    政宗公の御霊屋らしい、安土桃山時代の豪華絢爛な建築様式となっているため、
    非常にお勧めのスポットとなっている。

    仙台は日本におけるスケート発祥地となっており、仙台城三の丸にある五色沼には、
    スケート発祥の地の碑が建っている。 二の丸の入口付近には、支倉常長の像が
    建っている。 本丸への入り口にある隅櫓は、戦災で消失の後、再建されたが、
    大手門は、消失したままの状態となっている。



    昭和46年に建設された仙台港は、現在トヨタ東日本の積出港となっているため、新車が
    常に駐車されているが、東日本大震災の際には、これらの新車も全て津波に流され、
    瓦礫と化した。 仙台フェリーターミナルからは、北海道の苫小牧と名古屋までのフェリーが
    運行されており、苫小牧まで7,500円、名古屋までは5,000円で行く事が出来る。

    貨物専用駅の仙台港駅付近は、東日本大震災の際に、鉄路ごと流されたが、今では、
    全ての復興が完了しているため、細かく見て行かないと、津波の爪痕は残っていない。
    仙台港のすぐ裏にあった蒲生干潟は、津波で破壊されて、干潟ではなくなった。

    尚、「被災地に略奪はなかった」と言う都市伝説は、全くの大ウソで、仙台港付近では、
    かなり略奪が発生したが、東北の場合は、人が優しいため、「困っているのであれば、
    どうぞ持って行って下さい」と言った人が多かったため、結局は、略奪にはならなかった
    というのが事実。 但し、本当の略奪も実はかなり多かった。

    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    国際交流 に参加中!

    日本では、何でも『箱もの』、いわゆる、建物だけにお金を掛け過ぎるため、その中身に
    ついては、一切お金を掛けないのが原則。 よって、その中部で働いている人たちは、
    かなり安い給料で使われており、更には、足りない部分は、全て無料のボランティアで
    補ってその運営活動を補っているため、それぞれの市町村ごとに、独自の国際交流を
    細々と行ってはいるものの、その実態は、単なる『外国人との暇つぶし』、または、
    『外国人との仲良しごっこ』レベルだったりします。 国際線に搭乗をしているキャビン
    アテンダントは、語学の達人と思われがちですが、航空機の客室内では、さほど
    専門的な会話をする必要性がないため、実は、日常会話に毛が生えた程度の会話しか
    しておりません。 



    私の学生時代は、ロシア人が日本国内には、ほぼ居なかった関係上、国際交流会館
    なるものにも足繁く通ったりもしておりましたが、毎回、当然のように無料で通訳を依頼
    されるため、次第に足が遠退き、今では一切行かない場所のひとつとなりました。
    海外の場合は、建物よりも、人材の方にお金を掛けて、じっくりと人材育成を行うの
    ですが、日本の場合は、その真逆を行っております。 それもこれも、見た目重視で、
    中身は一切問われないという、日本ならではの風習とも言えるべき特筆事項。 真昼間
    から時間を持て余している主婦、学生、高齢者程度しか参加しない日本の国際交流とは、
    一体誰のために行っているものなのでしょうか? それぞれの国際交流会館にある
    語学講座のレベルも、初級~中級クラス程度しかありません。 

    各自治体が募集している語学通訳者も、当然のようにボランティアが主体。 行政が
    率先して、堂々とこのようなまねをするために、他の企業も、当然のように、通訳は
    無料でやらせるもの、その言い訳として、『語学は単なるツール』という思想が日本国内に
    広がりました。 語学音痴大国、更には、超内向き思考大国の日本では、専門性は
    二の次三の次で、対人関係で最も重要となる筈のコミュニケーション能力は、特に
    問われず、何となくその場の雰囲気が伝われば、後は、にやけるだけでその場を
    誤魔化せてしまうため、わざわざ大金と時間と労力を掛けてまで海外へと語学留学を
    する意味すらなったため、日本人留学生は、減るばかり。 むしろ、海外へ行ってしまうと、
    扱い辛い人間としか思われないため、日本社会においては、海外生活は、かなりの
    マイナスポイントとなります。

    日本社会では、『協調性』ばかりが強要されますが、それは、仲間内だけでダラけた
    仕事をしていても、誰にも報告されないためのものであり、大企業に限って、このような
    昔からの慣例がまかり通っているため、日本社会そのものが、停滞期へと突入、更には、
    下降し続けているにも関わらず、そこでも、『協調性』ばかりが重んじられるため、誰も
    それが変だとすら感じなくなりました。

    そもそも、英語の『ボランティア』と言う単語は、『進んで申し出る』、『自発的に行動する』
    という意味ですが、日本語の『ボランティア』は、単なる『都合の良い只働き』という意味
    しかありません。 語学を習得するためには、膨大な時間と労力が必要ですが、それを
    完全無視して、第三者の善意だけに頼って、何もかも無料でやらせるのは、先進国の
    する事なのか、かなり疑問が残ります。

    元々、日本には、『通訳・翻訳学部』というものが存在しないため、その専門性の重要さに
    すら気付いてはいないと言ってしまえば、それまでのお話。 日本は、その昔、蒙古に
    襲来された際に、『カミカゼ』が吹いて助かったそうですが、その時に、『カミカゼ』さえ
    なければ、ここまで内向き思考で凝り固まる事はなかったと思います。

    その当時、ロシアは、そのままモンゴル支配の時代へと突入しましたが、今では、世界一の
    超多民族国家となっております。 日本人の内向き思考は、周囲全てを海に囲まれている
    ため、通常の生活を営む限りは、国境を越える事はないというところから来ています。
    近年では、日本国内在住の外国人が増えていますが、そのような状況下でも、その人
    たちが、流暢な日本語を話せてしまうため、逆に、日本の対外的な国際化を妨げている
    原因となっていると思います。

    日本社会における通訳者への理解と地位向上には、まだまだ時間が掛かりそうです。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ