多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:親露派

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ウクライナの財政を圧迫しているのは、新興財閥のオリガルヒなので、日本政府が何を
    どう援助しようが、無駄だと思います。 ウクライナ政府は、戦争をも金儲けの手段として
    使っているため、一度デフォルトした方が、ウクライナ国民のためだと思います。 このまま
    中途半端に、お涙頂戴的な援助を続けたところで、実際に困っているウクライナ人の元には、
    資金は届かず、途中で、オリガルヒの懐に消えるだけです。 ロシアも、『手癖の悪い』
    ウクライナ国内にパイプラインを通し続ける事には、懐疑的で、前々から、ウクライナを
    避けて通るパイプラインの建設計画を進めていたところ、ブルガリアに拒否されて、今後は、
    ウクライナ以外のどの国を通すのかが、争点になると思います。

    ウクライナの現状としては、キエフを含む、ウクライナ全土では、ロシア語が使用されており、
    旧ポーランド領の西部の端の方まで行かなければ、ウクライナ語を使用していません。
    但し、そのウクライナ語も、ロシア語と激似のため、そのまま喋っても、ほぼ通じます。
    AS20140222000302_comm
    【ウクライナ、ロシアからガス輸入再開 財政危機深刻化】
    2014年12月13日23時53分  朝日新聞
    ウクライナがロシアからの天然ガス輸入を半年ぶりに再開した。 ロシアへのエネルギー
    依存を避けたいウクライナは10月に条件面で合意した後も再開を見送っていたが、
    東部の紛争で深刻な電力不足に陥った。 一方で財政危機はますます深刻化。 新たな
    支援を求める声も強まり、欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)を悩ませそうだ。

    ガス輸入は、国営エネルギー会社が、ロシアの天然ガス企業ガスプロムに10億立方
    メートル分、3億7,800万ドル(約455億円)を前払いし、9日から再開された。
    EUが仲介した10月末の合意では、ウクライナが債務の一部を支払えばロシアは
    3月までは料金前払いを条件に輸出に応じる。 ウクライナは、直後に債務31億ドルの
    うち14億5千万ドルを支払ったが、輸入を続けるためには残りも年内に支払わなければ
    ならない。 財政をさらに圧迫する要因になる。
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2014年度の『世界で最も影響力のある人物ランキング』で1位を獲得した、
    ロシアのプーチン大統領。

    10698428_742193009149898_1717028210058710822_n

    日本は、何もかも、全てアメリカの言い成りで、単に、英語のニュースをそのまま
    直訳して垂れ流しているため、未だに、テレビなどでは、『親露派』や、『ロシアが
    不法占拠しているクリミア』などという、情報を明らかに、操作するような表現を
    用いて、国民を洗脳しているが、『親露派』とは、『ロシア系住民』の事であり、
    ウクライナ正規軍を相手に、武装をして暴れまわっている、恐ろしい武装集団と言う
    イメージが日本では強いものの、実際のところは、単なる『ロシア系住民』で、
    常に、ウクライナ軍の攻撃にさらされており、今回のウクライナ危機の後に、
    ロシア系住民、約4,000名が、ウクライナ軍によって、殺されたと言われている。

    そのような緊急を要する状況下であるため、『親露派』と呼ばれる、ロシア系住民
    たちも、当然、武装をしなければ、ウクライナ政府に、殺されてしまうという非常に
    厳しい状況下にあります。 元々、このロシア系住民の人たちは、旧ソ連の時代は、
    ウクライナ国内を支配するような立場に居た人たちでしたが、ソ連の崩壊と共に、
    ウクライナが、漁夫の利で独立を果たし、何もかもが、取って付けたように、完全に
    ウクライナ化される中で、このロシア系住民は、今度は、それまでの恨みを一心に
    受けて、差別、暴行、レイプの対象となりました。

    元々、クリミアを始めとする、ウクライナ南東部~クリミア半島に掛けては、
    ロシア語圏であり、住民の殆どが、ロシア語だけで、生活をしていたものの、
    ウクライナの独立後は、ロシア系住民と言えども、国語として、ウクライナ語が
    強要されたため、これが、ウクライナ政府への反発ともなっています。 分かり
    やすく言うと、『言語戦争』とも言い換えられるのですが、元々、支配をして
    いた階層が、今度は、支配される側に回ると、このようになるという事実を如実に
    表しているのが、ウクライナです。 

    同じロシア語圏でありながら、アメリカが介入してくると、ここまで対立を
    深めるのかという事実も、見逃してはなりません。 特に、自ら望んで独立を
    果たした訳ではない国が、ファシズムにより、急速にウクライナ化されたため、
    あちらこちらに、その歪が出ております。

    マレーシア航空機の撃墜事故は、事故当初から、アメリカとウクライナの自作自演
    だとされており、キエフで、騒乱が始まったのが、昨年の年末、その戦いが、更に
    激化したのが、ロシアのソチオリンピック開催期間中であったため、アメリカの
    ユダヤの大金持ちたちが、金にものを言わせて、後ろで、ウクライナの糸を
    引いていたと見るのが、妥当な見方。

    長年に渡る汚職により、国民も疲れ果てたところに、アメリカの甘い汁が舞い込んで
    来たため、ついつい、それになびいて、争いが激化したもの。 首都キエフでの
    争いの当初、戦いに参加すれば、アメリカから、日当にして、3,000円程度が
    支払われるという日本の新聞会社の記事があったが、そういう不都合な事実は、
    何も伝えないのが、世界の大手メディアなのか。

    1538897_718855538189078_3630505947128854101_n

    マレーシア航空機墜落直前の衛星写真。 やはり、ウクライナ軍の戦闘機スホイが
    至近距離から攻撃した模様。 墜落したマレーシア航空機の機体にも、機関銃の
    ようなもので撃たれた跡が残っていたため、やはり、戦闘機による攻撃と見るのが、
    一番無難な見方。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ