多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:裁判所

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ソチ・オリンピックのフィギュアスケートで銅メダルを獲得した
    デニス・テン選手がアルマトイで刺殺された事件に関して、カザフスタンの
    刑事裁判所は、被告人2名に有罪判決を下した。

    アルマン・クダイベルゲノフ被告とヌラリ・キヤソフ被告に対して、
    懲役18年が言い渡された。

    15458256983

    カザフスタンの国民的英雄であったデニス・テン選手は、2018年7月19日に
    アルマトイで暴漢に大腿部を数ヶ所刺されて出血性ショックのため死亡した。
    テン選手は自身の車のミラーの盗難現場に遭遇し、被告人2人と揉み合いになり
    太ももを刺された。

    ​クダイベルゲノフ被告には窃盗と強盗、並びに、殺人罪が、キヤソフ被告には
    強盗と殺人の罪で有罪が言い渡された。 この2名に加え、意図的な盗難を行い
    通報を怠った罪でザナール・モリブエワ被告にも判決が下された。

    DieyPbAW0AIVh9y

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    もし、逮捕されるとどうなるのか? 警察に逮捕されると、まず、警察署にある
    留置場、あるいは、拘置所に収容されます(ほとんどの場合は警察の留置場に
    収容される)。 そして、捜査機関からは『被疑者』と呼ばれ、留置所の中では、
    個人情報保護の観点から、名前ではなく番号で呼ばれることとなる。

    234421

    警察に逮捕された後の法的な手続としては、最大で72時間の間、警察署で身柄を拘束
    されることとなるのだが、逮捕から48時間以内に検察庁の担当検察官の元へと連れて
    行かれ、検察官の元で、拘留のための簡単な質疑応答が行われる。 この手続きは、
    『送致手続』、あるいは、『送検』と呼ばれている。

    その際、検察官に質問をされる内容としては、定まった住所があるのか、逃亡する
    可能性はあるのか、あるいは、証拠隠滅をする可能性があるのか等の簡単な質問を
    受けることとなるのだが、その後、検察官が、警察からの書類を元に、被疑者に
    対する身柄の拘束を続ける必要性があると考えれば、裁判所の裁判官に対して、
    引き続き被疑者の身柄を拘束するように請求を行う。 これは『拘留請求』と
    呼ばれている。 この際、事件の内容に応じて、その後の捜査に影響が出そうだと
    認められた場合は、接見禁止や、差し入れ禁止等の条件が付く事もある。
     
    floww0803
     
    検察官からの勾留請求があると、裁判官が更に被疑者の言い分を聞いた上で、
    引き続き被疑者の身体を拘束するかどうかを決める。 これは『拘留質問』と呼ばれ
    ている。 通常の場合、検察官の請求に対して、裁判官が請求を棄却することは
    まずないため、ここで拘留が法的に決定される。 

    検察庁と裁判所を介して決定された勾留期間は、法律上原則として10日となって
    いるが、その後にも、更に最大で10日以内の延長ができることになっているため、
    通常は最大20日間の身柄拘束となるが、その後、不起訴処分となれば、釈放、
    あるいは、更に拘束が必要と認められれば、再逮捕、あるいは、起訴されること
    となる。

    起訴、または、再逮捕されてしまった場合は、その後の拘留期間は無期限となり、
    その後に開廷される裁判まで拘留が続けられるが、この際、警察署内での取調べが
    終了している場合は、警察署内の拘留所から別の施設である拘置所に移されること
    となる。  その後、裁判が開かれるまでには、概ね、1ヶ月半~2ヶ月程度待た
    されることとなる。

    20150917015426

    通常、逮捕、拘留されてしまった後は、警察署内にある留置場に収監され、外部
    との連絡も自由にできなくなる。 身柄拘束中は、警察官や検察官による取調べが
    行われ、連日取調べがなされることとなるが、留置場内では、1日3食と5日に
    1度のシャワー、1~2週間に1度の健康診断が保証される。 拘留期間中であった
    としても、指定されている商品であれば、留置場内でも商品を注文することが
    出来る。 

    また、取調べ以外にも、自宅や勤務先会社での警察官等による証拠品探しや押収
    (いわゆる家宅捜索)、事件現場での事件状況を説明、再現(実況見分)、本人
    以外の事件関係者の取調べなどといった捜査が行われる。

    【逮捕後のおおまかな流れ】
    nagare

    逮捕中は、弁護士以外との接見は難しく、逮捕後に延長された身柄拘束期間中は、
    家族や友人も面会することが出来るが、平日の日中の時間帯で、20分程度の時間
    制限、1日1回の回数制限、1回の面会で3名までの人数制限、警察官等の同席と
    いった条件が付く。 更に、接見禁止の決定がなされた場合は、面会出来るのは、
    弁護士、外国人の場合は、大使館、あるいは、領事館の人間だけとなる。

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本でも一時期企業による『追い込み部屋』なるものが話題となったが、
    フランスでは企業側から仕事を与えられずに、病気になったとして、フランス人
    男性が訴訟を起こした。 日本では、このような訴えを起こしたとしても、
    裁判所からは相手にすらされないのだが、日本の常識は、世界の非常識とも
    言うべき、驚くべき内容を紹介する。

    030113

    香水関連会社で8万ユーロ(約1,000万円)を超える年俸を得ていたフランス人
    男性が、仕事が退屈になり『プロのゾンビ』にさせられたとして元上司を
    提訴した。
     
    フレデリック・デナール氏(44)は 2日、『退屈症候群』になったとして
    損害賠償36万ユーロ(約4400万円)の支払いを求める訴えを労働審判所に
    起こした。
     
    デナール氏は香水会社アンテルパルファムに勤めていたが、7か月間の病気
    休暇を取った後、2014年9月に解雇された。
     
    デナール氏の弁護士によると、同氏は『燃え尽き症候群』の反対である
    『退屈症候群』のため自動車の運転中にてんかんの発作が起き、交通事故を
    起こした。 この事故で同氏は数日間意識不明となり、その後病気になった。
     
    デナール氏は2006年12月にマネジャーとしてアンテルパルファムに入社した。
    最初は仕事一筋の模範的社員だった。 だが、デナール氏の仕事量は2009年から
    減り始め、2012年にアンテルパルファムが主要顧客を失い従業員を解雇し始めて
    から状況はさらに悪化。 何もすることがなくなった同氏は、同社社長の使い
    走りをするようになった。

    【日本企業による追い込み部屋の一例】 

    7d02461049
     
    仏紙ルモンドのインタビューでデナール氏は『1日の仕事は20分から40分』で
    終えてしまっていたと述べた。 『もう何に対してもエネルギーを失ってしまった。
    何もしないで給料をもらうのは罪であり恥だと感じた。 自分は会社で見えない
    存在になったという気がした』

    医師の診断書は出ているが、フランスの労働法の下でデナール氏が不当解雇されたと
    主張して裁判で勝つには、デナール氏側が病気と労働条件との関連を証明しなければ
    ならない。

    アンテルパルファムの弁護士はデナール氏の『戦略』に疑問を投げかけている。
    というのもデナール氏は以前、自分を働かせ過ぎたとして同社を労働審判所に
    提訴したことがあったからだ。

    労働審判所は7月27日に判決を出す予定。

    尚、フランスでは、社会保障が行き届いているため、企業を辞めてからの
    失業保険は、最長で3年間も失業保険(雇用復帰支援手当)が出続けることに
    なっている。

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    事件について に参加中!
    ヨーロッパでは難民危機が社会問題となっているが、その中心となっているドイツの
    場合は、多少なりとも海外からの難民を受け入れているため、まだましとして、日本の
    場合は、如何なる理由があろうとも、基本的に難民の受け入れを行っていないため、
    日本に対して難民申請を行ったところで、一旦全て断られ、その後、入国管理局に
    対して、異議申し建てをしたければ、裁判所に訴えるように促される運びとなっている。

    年に数回程度、入国管理局で通訳業務をしているのだが、私が担当をした難民申請に
    関して、その申し立てが受け入れられた難民は、今のところ、ひとりたりとも居ない。
    これは、母国で戦争が起きようとも、例外は認められず、これが日本の実情となっている。



    日本で現在働いている外国人も、低賃金が常習化しているため、ブラック企業に良い
    ようにこき使われて、帰国して行く外国人が多数居る事を忘れてはならない。 特に、
    中国人やロシア人等の非英語圏から来た外国人の時給は、日本人と比較すると、
    非常に低く抑えられており、完全に違法レベルと言えるのだが、それでも、日本に住み
    たい外国人の場合は、それを我慢せざるを得ず、泣き寝入りの状態が続いている。

    このような安い労働力が次々と海外から日本へも流入して来るため、当然、日本人の
    時給も下がるという悪循環が続いている。

    出典:ハンガリー首相、「移民危機は欧州でなくドイツの問題」
    【2015年9月3日 AFP】
    ハンガリーのオルバン・ビクトル(Orban Viktor)首相は3日、移民危機は欧州の
    問題ではなく、ドイツ一国の問題だと述べ、ハンガリーに押し寄せる難民に対する
    政府の対応を自己弁護した。

    オルバン首相はベルギー・ブリュッセルで欧州議会のマルティン・シュルツ
    (Martin Schulz)議長と共同記者会見した際、「この問題は欧州の問題ではなく、
    ドイツの問題だ」と述べ、「誰もハンガリーやスロバキア、ポーランド、
    エストニアにとどまろうとは考えていない。誰もがドイツを目指している。
    われわれの仕事は彼らを登録することだけだ」と語った。

    オルバン首相の発言に先立って、再開したハンガリーの国際鉄道駅では、西欧を
    目指す移民・難民が列車に殺到する騒動が起きていた。

    オルバン首相は「欧州レベルでは明確な規則が存在する。 ドイツのメルケル
    首相は昨日、登録をしない者はハンガリーを出国することはできないと語った」
    「ドイツ首相がわれわれに(移民の)登録実施を要求するのであれば、われわれは
    そうする。 それが規則だからだ」と続けた。

    オルバン首相はこれまで欧州の移民危機に対して強硬姿勢を取っている。 難民を
    各国に割り当てる案を拒否し、セルビアとの国境沿いには有刺鉄線を設置して
    移民の流入を阻止しようとしてきた。
    Kroatien: Migranten stürmen Zug Richtung Deutschland

    Nein, wir sehen hier keine neue olympische Disziplin. Das Video zeigt einige Hundert von aktuell Hunderttausenden, die dem Aufruf von Schlepperkönigin Angela Merkel gefolgt sind und sich schnurstracks auf den Weg nach Europa, explizit nach Deutschland gemacht haben. Das Material stammt vom heutigen Tag, aufgenommen in Tovarnik an der kroatisch-serbischen Grenze. Uns ist zu Ohren gekommen, dass die Atlantikerin Ursula von der Leyen, die im Nebenjob als deutsche Verteidigungsministerin agiert, die Mobilmachung von 4.000 Soldaten für den Einsatz im Inneren angeordnet hat - selbstverständlich verfassungswidrig, ohne Ausruf eines Notstandes! Daraus lässt sich schließen, dass der Notstand in der Bundesrepublik bereits eingetreten ist. Liebe Landsleute, wenn wir in den kommenden Tagen nicht geschlossen auf die Straßen gehen und diese Regierung über den Jordan jagen, heißt es zeitnah: Tasche packen! Dann werden die Deutschen von heute, die Migranten von morgen sein. Quelle: RT Deutsch Hinweis: Oliver Janich

    Posted by Anonymous on 2015年9月20日
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ