多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:被災地支援

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    宮城県美里町を中心に活動を行っている、M's Japan Orchestra。 先日、稲城市で開催
    されたライブに行って来た。 なかなかの美男美女揃いです (^0^)/ 自分の地元の町内の
    人たちの筈なのですが、自分の町の中心部の小牛田とは余り共通点がないため、私は
    100%仙台弁のみで喋ったのですが、全て標準語で返されましたw 最近の若い者は、
    方言を余り喋れませぬ。。 『あ、今度合併で一緒になった・・・』と言われたのですが、
    そんな程度の繋がりしかありませんので、市町村合併の弊害がここでも見られましたw
    私の実家は、小牛田よりも、東松島と石巻の方が近いのであった・・

    馴れ馴れしく、話しかけたところ(←仙台では、これが当たり前w)、メンバーは、小牛田、
    古川、仙台出身と言っておりました。 そのうちのお一人が、三味線の全国大会で、日本一
    になったとか☆ 別ユニットでも活動を行っており、その際の名前は、『族 -yakara-』と
    『閃雷(せんらい)』。



    美里町は、すぐお隣の東松島市の災害援助活動を行っているため、『青い鯉のぼりプロジェクト
    の手ぬぐいも会場で購入致しました。 1枚1,000円の売り上げがそのまま寄付となり、
    東松島市の子供たちに夢と希望を与えるプロジェクトの活動資金となります。 実は、
    この東松島市を助けているのは、同じ被災地の美里町と松島町だけで、東松島市の
    避難所は、美里町内に今でも2ヶ所あります。 東松島、松島共に大量に瓦礫が発生した
    ため、一番助けに行ったのは、実は美里町。 松島町は、被災地の中では、一番まし
    レベルの被災度合いですが、それでも、本調子ではないため、やはり、美里町が全面的に
    東松島を援助するしかありません。

    10600635_956351231048965_6734435356240356473_n

    10307195_956351074382314_5184651290818222122_n
    10410844_956351071048981_3404399723167600379_n
    10616142_956351297715625_3612608210072679688_n

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    がんばろう福島!は、関東ではよくありがちな、復興支援のタイトル名。 本日は、
    高尾山にでも登ろうかと思っていたのだが、思ったよりも、雨脚が激しかっために、
    たまたま、横浜の山下公園で開催されていた『東日本大震災 復興支援まつり』に
    行って来た。

    とりあえず、総合受付で、『石巻と東松島のブースはどこですか?』と尋ねたのだが、
    そちらのボランティアらしき方から、『石巻は、福島のブースにあります』との
    通常絶対にあり得ない回答を頂いたため、『石巻は福島ではありません』とこちらから
    言ったところ、更に奥の方から人が出て来て、再度『石巻は、福島のコーナーにあります』と
    言われたため、『石巻は、宮城県なので、福島なんかにはありませんよ』と言ってやった。

    ここに来る前から、関東では、福島の事しか言われないのは、分かっていたのだが、
    流石に、関東の人間のこの地理理解能力の低さには、呆れ果てた。 まともに、
    地理が理解出来ていないくせに、『被災地支援』ですと言われたところで、自分でも、
    どの地域を助けているのかすら、良く分かってはいないのであろう。

    20110820002905848

    一切会話が成立しない、総合受付の人たちは、とりあえず無視して、自分で石巻と
    東松島のブースを探して見たところ、まず、女川のブースがあったので、そこの人たちに
    訊きました。 結局のところ、『被災地復興支援』とは名ばかりで、実際のブースは、
    半分近くが福島のブースばかりしかなく、宮城県からは、東松島、南三陸、女川の
    3団体しか来ていない事が判明。

    東日本大震災の最大の被災地である、石巻からは、1つも来ていなかった。 但し、
    東松島から来ていたおでん屋さんは、石巻港で被災して、内陸側の東松島の山の上に
    工場を移転した企業との事で、私の実家からは、かなりの至近距離。 私の実家がある
    町は、内陸部とも沿岸部の終わりとも言えるのだが、海からは12キロ程度しか離れて
    いない場所にあるため、内陸移転の最前線となっており、被災した石巻沿岸部の内陸
    移転が多い場所。

    尚、仙台人に対して、『仙台は、福島にあります』と言われるのは、横浜の人間に対して、
    『横浜は埼玉にあります』と言われたのと、完全に同じレベルの話し。 何も知らないのを
    理由に、とんでもない粗相を平気でしでかす日本人は、かなり怖いと感じた。

    これまでに、『がんばろう福島!』と何度も言われたが、宮城県出身者に『がんばろう福島』と
    言われたところで、むしろ、ドン引きするばかりなので、何でもやれば良いという意識
    レベルの人間とは、むしろ、係わり合いにすらなりたくない。

    画像は、【宮城県】女川の獅子舞と、東松島のおでん。
    IMG_8321 IMG_8317
    IMG_8316 IMG_8325

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ