ブログネタ
被災地通信 に参加中!

東日本大震災の最大の被災地、宮城県女川町の現在の姿。 余りにも変わり果てており、
大規模な道路工事により、通常の国道から女川の町には入れなくなっていました。 現在、
女川の中心部まで車で行く場合は、一旦、コバルトライン方向へと入ってから、再度、女川
方向に戻るしかありません。



現在、堀切山から望む女川の中心部には、建物のひとつすらありません。 女川に押し
寄せた津波の高さは、この堀切山をも超え、25メートル前後と言われています。 但し、
この堀切山は、階段で更に上に登れるのと、山上にある女川町地域医療センターの
建物が4階建てであるため、そこへ登って、多くの人達が命を守り切りました。

【堀切山から望む女川の中心部】

IMG_0926
IMG_0928
IMG_0987
IMG_0970
IMG_0932
IMG_0934

女川は、死亡率で見ると、住民の10人に1人が死亡した、東日本大震災最大の被災地
ですが、すぐそばに女川原発があるせいなのか、その被災状況は、全国では全く伝え
られてはいません。 今回は、この献花台で『七十七銀行女川支店』のご遺族の田村さん
ご夫婦と『日和幼稚園』のご遺族の佐藤さんと待ち合わせをしてからこの献花台へと
向かいました。 共に、語り部をされていますので、女川、石巻へお越しの際は、お話を
聞いて、命の大切さを今一度考え直してみては?



まずは、田村さんご夫婦に、『七十七銀行女川支店』の被災状況を伺いました。 田村さん
ご夫婦は、毎週末、この場所で、語り部を続けていますので、一度訪れてお話を聞くだけの
価値は十分にあると思います。 JR石巻線の終点駅である女川駅からも、さほど遠くあり
ませんが、行く度に道路が変更になるため、若干分かりづらいかも知れません。
 
【七十七銀行女川支店の被災当時の惨事を伝える資料】
IMG_0965
IMG_0968
IMG_0969
IMG_0972
IMG_0973
IMG_0974
 
石巻や女川の人達は、『かつてない地震』とは言うものの、『宮城県連続地震』の被災地
から見れば、東日本大震災の地震の方が、地震災害としては、相当ましだったため、
東日本大震災を未曾有の大地震と言うのには、かなりの疑問が残ります。

【七十七銀行女川支店の被災当時の惨事を伝える資料】

IMG_0992
IMG_0993
IMG_0977
IMG_0989
IMG_0977

 
献花台の前で語り部活動中の田村さんご夫妻。 この日は、新聞社の方が取材をして
いました。 暑い日も寒日も、夏も冬もここで語り部を続けています。 医療センターが
ある堀切山の一段下の部分にこの献花台があるため、遥々堀切山まで来た人達でも、
この献花台に気付かずに立ち寄らない人達も実は多いのが現状。
 
七十七銀行女川支店は、海のすぐそばにありましたが、海側にあった4階建てのマリンパル
女川の建物が完全に邪魔をして、津波が来たのが銀行の屋上からは、全く見えなかった
そうです。 仙台銀行、石巻信用金庫の行員達は、全員堀切山に避難をして助かって
います
。 企業側の防災に対する意識の違いひとつだけで、明暗が完全に分かれた事案と
言えます。

【2015年12月24日に新しく街開きした女川駅前】

IMG_0995
IMG_0997
IMG_0999
IMG_1002
IMG_1007
IMG_1010
 
2015年の3月に移転再開したJR石巻線女川駅。 200メートルほど内陸側に移転
しましたが、この程度の移動では、恐らく、何の意味もないでしょう。 元の駅前は、
若干嵩上げして、新しい町を建設していますが、元々、その場所は、津波で全て消滅した
場所なので、再度津波が襲って来た場合は、ハッキリ言って、ひとたまりもないでしょう。
 
この女川だけは、津波の威力が余りにも凄過ぎて、女川駅のホームに留めてあった
気動車が山の上にまで流されて横転していたり、4階の屋根の上に車が刺さっていたり、
山の上に家屋の屋根だけが流されていたりしました。 更に、鉄筋コンクリートの建物が
横転したのも女川だけ。

現在女川駅は、無人駅になりました。 駅の中には、温泉施設の『ゆぽっぽ』と無料の
足湯がありますが、これは、絶対に原発マネーで掘り当てたものだと前々から思って
います。 ここは、女川原発からは、直線距離で7.5キロしか離れていません。

ゆぽっぽの入湯料は500円なので、関東の感覚だと安いと思います。 津波で流される
前の足湯には、屋根があったのですが、今の足湯には、屋根がないので、雨が降った
時には傘が必要です。

IMG_1004

女川で唯一残った倒壊した建物。 3つあった倒壊した震災遺構は、その2つが既に
取り壊されたため、女川派出所のみが女川駅前に残りました。 新しい町と倒壊した
建物、両極端な組み合わせですが、ほんの2年程前まで、この場所は、山のように
高い瓦礫置き場でした。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
にほんブログ村