多言語翻訳 Samurai Global ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳 Samurai Global』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:英連邦

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    カナダ留学 に参加中!

    カナダは、旧大英帝国植民地の一つで、現在もイギリス連邦の構成国の一つ。
    そのため、国家元首は英国の国王/女王であると定められており、カナダ総督が
    その代理として実務を行っている。 尚、カナダでは、英国国王/女王とは呼ばず
    カナダ国王/女王と呼ぶ。

    map_canada

    国の番号は、アメリカと同じ1番。 アメリカとは異なり、フィートやマイル等、
    独自の縮尺単位を使用しておらず、日本と同じキロや摂氏を用いているため、
    日本人の側から見ると、非常に親しみやすいのが特徴。 アメリカ合衆国
    本土の北、北米大陸の北半分を占め、言語もアメリカとほぼ同じだが、綴りは、
    イギリス英語とほぼ同じ。 公用語は、英語とフランス語。 英語話者は
    フランス語を、フランス語話者は英語を必修科目として選択しなければならない。
    州ごとに見ると、ケベック州ではフランス語のみ、ニューブランズウィック州では
    英仏両言語、その他の州では、英語のみが公用語となっている。

    国家を挙げて、マルチカルチャーとダイバーシティーを推奨しており、それぞれの
    エスニックコミュニティーがお互いを尊重し合いながら、明確に分かれているのが、
    アメリカとは明確に異なる点のひとつ。 銃は基本的に持ち歩く事が出来ないのも、
    アメリカとは異なる点。 年間20万人超の移民を受け入れ続けているが、その
    殆どが、カナダ最大の都市であるトロントを目指してやって来る。 そのため、
    メトロポリタン・トロントの人口は、急激な増加を続けている。

    殆どのトロント市民は、移民とその子孫であるため、トロント市内では、通常
    英語ではなく、それぞれの言語で喋っており、皆で会話をする時だけ英語と
    フランス語が使用される。 それぞれのサービス窓口には、各言語を操れる
    職員が常駐しているが、その語学レベルは千差万別。

    toronto2001

    国土面積は日本の約27倍となっており、ロシアに次いで世界第2位の面積を
    誇っている。 但し、このうち半分以上が森林で、その国土の多くは北極圏内で
    あるため、居住が可能な地域が少ないため、カナダ人の殆どは都市部で生活を
    している。 人口は日本の約1/4程度。 連邦制国家で、カナダ連邦政府の下に
    それぞれの州政府が存在する。 アメリカ合衆国と比べると、それぞれの州の
    権力は小さい。 カナダでは、それぞれの州はStateではなくProvinceと呼ぶ。

    ケベック州は、元々フランスの入植地だったため、住民の大半がフランス系で、
    長らく連邦政府からの独立問題がくすぶっている。 1970年10月には、
    『オクトーバー・クライシス』と呼ばれるケベック独立過激派による要人
    拉致事件が発生した。 過去2回の住民投票では、いずれも独立は否決されたが、
    1995年に行われた2回目の住民投票では、独立反対が約50.6%と、反対派と
    賛成派がほぼ拮抗した状態であった。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    イギリスのEU離れが加速している。 イギリス人がEUが嫌いな理由は、歴史的な背景が
    あるのだが、右派メディアによるプロパガンダの影響も大きい。 その主な歴史的な要因は、
    第二次大戦後、チャーチル英首相は欧州統合の必要性を訴えながらも、英連邦を率いる
    イギリスは統一欧州の一部にならないとした。

    ところが英連邦の栄光は長く続かず、イギリスが他国との連携を模索し始めた頃には既に、
    EUの前身であるEEC(欧州経済共同体)が西ドイツとフランスの主導で結成されていた。

    1963年、イギリスは初めての加盟申請をドゴール仏大統領に拒否されるという屈辱を経験。
    イギリスは1973年にEECの後身ECに加盟したが、国民が加盟を承認したのは75年に
    なってからだった。
    7a0307e1
    イギリスは、ドイツの経済力にはかなわず、在りし日の大英帝国の面子が丸潰れとなっている
    ため、ドイツの言い成りにはなりたくないのであろう。

    今回のウクライナの一件では、EUが実は、バラバラである事が露呈してしまったが、どちらかと
    言うと、他の国から足を引っ張られまくっているドイツが一番EUから離脱したがっているのでは。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ