多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:若者

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    最近、都会の生活に疲れて、田舎暮らしに憧れる若者が増えている。 長い通勤
    時間と長時間労働、複雑な人間関係に嫌気が差して田舎への憧れを膨らませている
    のだが、実際の田舎とは、どの程度の田舎を指しているのだろうか?

    4237

    基本的に、日本の田舎は、人間関係が濃密で、それゆえに、足の引っ張り合いが
    多く、何か新しいことをやろうとすると、必ず足を引っ張られるのだが、その地域の
    言葉が全く分からない人と、地元の言葉が分かっていて、それでも地元で頑張る人
    とでは、ストレスの感じ方がまるで異なる。

    地方での会話は、実は、他人の噂話や、文句悪口が多かったりするため、
    『郷に入ったら郷に従え』の考えが出来ない人だと、むしろ、人間関係でかなり
    苦労することとなる。 都会は、その点、さっぱりしているため、他人の問題には
    一々口ばしを挟んでは来ない。

    都会も所詮は、田舎者の集まりなので、足の引っ張り合いは多かれ少なかれ
    あるのだが、その人間関係の濃密具合が都会と田舎では、まるで異なるため、
    一度、田舎で『村八分』にされてしまうと、社会的な復帰は難しい。 虫や蛇などが
    嫌いな人も、決して田舎暮らしには向かない。



    都会でしか暮らしたことがない人の場合は、いくらなんでも、徒歩圏内にコンビニ
    位はあるだろうと想像をするのだが、田舎暮らしは、そんなに甘くはない。 車で
    20分程度走れば、何とかなるかも知れない程度のレベルである。 住む場所にも
    寄るが、鉄道やバスがやって来るのは、数時間に1本程度で、土日はなしも珍しくは
    ない。 よって、田舎暮らしに車は必需品。 なければ死ぬと言っても過言では
    ない。

    逆に、高齢者の場合は、全て徒歩圏内で用事を全て済ませることが出来る都心部への
    回帰が進んでいる。 足腰が不自由になってからの車での遠出はかなりきつい
    からだ。 但し、都会は、土地も家屋も狭いし、近所付き合いも希薄。 隣の部屋に
    誰が住んでいるのか分からないというのは、常識で、死後数日経過してから遺体が
    発見されたなどという話も珍しくはない。

    都会と田舎とでは、それぞれ、良いところと悪いところがあるのだが、それを自分の
    中で、どれぐらい許容出来るかが問題なのであり、行政のIターンやUターンの浮かれ
    話に乗せられて、安易な生活パターンの変更は、よくよく考えてからにした方が
    無難かも知れない。

    田舎暮らし適性診断テスト

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ヨーロッパでは、学校教育で『選挙』や『政治』のことをしっかりと学ぶのだが、
    日本も学校教育でしっかりとこの2点を学ぶべき。 日本の民主主義が非常に
    遅れていると感じるのは、正にこの点で、投票に行かないからといって、政治に
    『NO』を突きつけたことにはならない。 むしろ、逆で、投票率が下がれば
    下がるほど、悪徳政治家の思う壺。



    民主主義国家とは、国民が政治を常に監視し、国民が政治家を正しい方向に導く
    のが道理だが、日本国民は、国民の義務である選挙をないがしろにし、むしろ、
    自分の責任からも、悪政からも目を背けている。 政治の腐敗は、そっくり
    そのまま、国の腐敗に繋がるため、今の日本のこの惨状は、結局は、国民の責任
    ということになる。



    徹底した『人命軽視』政策によって、最も被害を被るのは、国民。 『自己責任』
    ではなく、他人を見捨てないシステムを構築するのも、結局は、教育と政治しか
    ない。 日本は、学校教育を根本から変える必要性がある。 いい加減、自分の事
    だけではなく、社会全体の事を考えるべき。 一部の若者の間では、未来が全く
    見えない日本には既に見切りを付けて、日本離れが加速し始めている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ