多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:自由党

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    第一次世界大戦中(1914~1918年)、保守党の新党首ロバートLボーデンが
    政権を握ったカナダは、イギリスと同盟を結び、ドイツと戦った。 60万人
    以上のカナダ人がカナダ軍に入隊し、約6万3,000人の戦死者が出た。

    ボーデンの政府は、はじめ徴兵制はとらないと公約していたが、やがて志願兵
    制度では兵員を確保出来なくなり、1917年には徴兵を始めた。 その結果、
    徴兵制を支持するイギリス系カナダ人と、反対するフランス系カナダ人とが
    反目するようになった。 ボーデンは保守党と自由党の連合政権を実現し、
    国論の分裂を避けようとした。

    canadaday

    戦時中、カナダは軍艦と兵器を生産し、ヨーロッパの戦場に食料を補給して、
    多大な富を築いた。 世界大戦に軍事面で協力したことを理由に、カナダは
    イギリスに握られていた外交・防衛政策の決定権を要求した。 イギリスと
    しても、カナダの労働力と資源に頼らなければならないため、より大きな
    自治の権限を求めるカナダの意向を受け入れたが、独立を完全に認めた訳では
    なかった。

    1921年に、自由党の党首ウィリアム・ライオア・マッケンジー・キングが首相に
    なった。 彼の目標の1つは、カナダの独立を勝ち取ることだった。 1926年と
    1930年の2度に渡って、キングはイギリスの指導者たちと会見し、独立国としての
    カナダの地位を確認して、ウエストミンスター条例を作成した。 1931年に、
    この条例はイギリス議会を通過し、カ.0
    ナダは内政と外交の両面で実質的に独立
    したことになった。 イギリス王国はその後も、カナダの象徴的な国家元首の
    地位に留まった。

    1930年代に全世界を襲った大恐慌は、カナダの繁栄に大きな影響を与えた。
    特に、輸出に頼る度合いの大きい大平原の諸州は、酷い打撃を受けた。 カナダの
    外国貿易は非常に衰え、穀物の価格が下がって、失業者の数が著しく増加した。
    しかし、1939年に第二次世界大戦が起こると、カナダの経済不況は大幅に緩和
    された。 織物、鉄鋼、食料の需要が増した。 大恐慌の間は閉鎖されていた
    工場が操業を始め、失業者を雇い入れて軍需に応じた。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    オランダ議会下院の総選挙が2017年3月15日に行われ、台風の目となっていた
    極右政党、自由党のウィルダース党首は、反イスラムや移民の排斥を再三
    訴えたが、得票は伸び悩み、最終的に24議席となり、これまでよりも5議席
    増やしたが、第2党に留まった。 ウィルダース氏は敗北を認めた。

    0315012242

    ヨーロッパ政治全体の行方を占うとして注目されていた、オランダの総選挙だが、
    与党が第一党を確保し、ヨーロッパ各国は『オランダのトランプ』と呼ばれる
    ウィルダース党首率いる極右政党の伸び悩みを歓迎した。

    4月に大統領選挙を控えるフランスでは、ルペン氏率いる極右政党の台頭が注目
    されているが、オランド大統領は『過激主義に大きな勝利を収めたことを祝福する』
    との声明を出した。

    また、9月に総選挙が行われるドイツのメルケル首相は、ルッテ首相に『EUの一員
    として今後も協力しあうことを楽しみにしている』と電話で祝意を伝えた。

    【お勧めの一冊】



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ビクトリア女王の死去した1901年には、他の国々、中でもドイツとアメリカ
    合衆国は、製造業や鉄鋼生産の面でイギリスの強敵になっていた。 ドイツは
    海軍力と工業力を伸ばし、植民地、国際市場、外交の点でイギリスの敵対国と
    なっていた。

    1914年、オーストリア(ドイツの同盟国)が東ヨーロッパのセルビアを攻撃
    したのが発端で、19~20世紀に掛けて結んでいた種々の同盟関係によって、
    イギリス、フランス、ロシアが参戦して世界大戦となった。 これが第一次
    世界大戦である。 イギリス、フランス、ロシアは、ドイツ、オーストリア、
    トルコを相手に戦った。

    あらゆる階級や職業の何百万人ものイギリス人が志願、または、徴兵により
    イギリス軍に編入されて、フランス、ベルギー、中東の地で戦った。
    イングランド諸州も軍隊を送った。 国民がこの戦争を支持したからだ。

    sekaitaisen

    戦争に勝つために工場に出たり、看護師として海外へ行く女性もいた。
    広い自分の屋敷を傷病兵の収容病院のために提供する人もいた。

    しかし、戦争が長引き、多数の若者が見込みもないまま戦闘で戦って死んで
    行くにつれて、大衆の支持は弱まった。 1918年、対戦終結には80万人以上
    ものイギリス人が命を落としていた。 この世界規模の戦争は、イギリス
    社会に大きな変化をもたらした。 ビクトリア女王の時代には階級の区別が
    はっきりしていたが、大戦後の、女王の孫ジョージ5世の代には薄れていた。

    イギリス女性達は、対戦中に手に入れていた自立を守ろうとし、1918年には
    選挙権を勝ち得た。 労働党は、自由党をジリジリと追い出し、政権は
    労働党と保守党の間で交代した。 これまで地主や工場経営者と戦って来た
    農民や労働者も、繁栄の恩恵にあずかることを期待した。

    だが期待は外れた。 1930年代の世界的大不況でイングランドの農工業は、
    苦境に陥り、労働党、保守党どちらが政権を取っても300万人の失業者、市場の
    減少、植民地での暴動を解決出来なかった。 また、第一次世界大戦で敗戦
    したドイツが再び陸海軍力、経済力を強めて来た。

    【お勧めの一冊】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    カナダで10年ぶりに政権交代を果たした自由党のジャスティン・トルドー首相が、
    新内閣の閣僚を男性15人、女性15人の男女同数にして話題になっている。
    99293e5d.jpg

    総選挙後の勝利宣言演説のなかで「真の変化をもたらす」と約束した通り、11月4日に
    発表された新閣僚は、首相を除く30人が男女半数ずつ、年齢もバランス良く入閣。
    先住民の血を引くジョディ・ウィルソン・レイブルド氏が先住民としては同国で初めて
    法務相に任命された他、障害を持つケント・ヘ氏、アフガニスタンから難民として
    カナダに移住したマリアム・モンセフ氏(30)など様々なバックグラウンドを持つ議員が
    新たに入閣した。 トルドー首相は多様なバックグラウンドを持つ議員を入閣させた
    理由を「2015年だから」とした。

    トルドー首相の父、ピエール・トルドー氏は、1968年から1979年の第1次、1980年から
    1984年までの第2次と長くに渡ってカナダの首相として活躍して来た人物で、この功績は、
    カナダの公用語を英仏二か国語にするなどの多文化主義者となっており、トルドー首相
    自身も英語とフランス語のバイリンガル。 また、スノーボーダー、並びに、ボクサー
    としての顔も持ち合せており、チャリティーボクシングにも出場した経験を持っている。
    f2a06763.jpg

    今回の選挙により、自由党は、解散時36議席から過半数の170議席を上回る184議席に、
    一方、保守党は解散時から60議席減らして99議席となったが、選挙に勝利したトルドー
    首相は、ほんの数か月前までは、政権の担い手としてふさわしくない人物と見られていたが、 
    カナダでは景気後退、格差拡大で不満が高まる中、中間層の所得税減税、富裕層の
    増税、インフラ整備などの経済政策への期待から政権交代が実現した。

    トルドー首相は、更に、カナダで長年の問題となっていた先住民族への迫害を初めて
    認め、先住民族の女性約1,200人が殺害・誘拐等で行方不明となっている事件の調査を
    開始するとした。 調査は来年春に始まる予定で、2年間で4,000万ドル拠出するとしている。

    連邦警察によると、1980年から2012年までの間に殺人事件の被害者となった
    先住民女性は1,017人となっており、先住民女性がカナダの女性全体に占める割合は
    約4%に過ぎないが、カナダで殺害された女性の約16%を占めている。 男性に関しても、
    先住民の男性が殺害事件の被害者となる確率は、通常の7倍にも上る。 こうした
    現状に対し、先住民族や活動家が調査を開始するよう何度も政府に求めてきたが、
    ハーパー前首相は調査をことごとく拒否して来た。
    580fd8df.jpg


    更に、6月に発表された「真実と和解の委員会」の報告書では、1874年に始まった
    カナダ政府の同化政策によって先住民の子供が差別や虐待をされた事実が明らかに
    なっている。

    それによると、120年以上に渡って先住民の子供 約15万人が同化政策によって、
    「インディアン寄宿学校」に親元から引き離されて強制的に入れられ、差別や虐待を
    受けて来た。 この寄宿学校は1883年から1998年までの間に、カナダ各地に
    約130校存在し、政府の補助金を受けキリスト教教会が運営してきた。 1940年代
    には先住民の学齢期の子供約3分の1がこれらの施設に入れられ、6,000人が
    虐待によって死亡したとされている。 この報告書では、これらの実態を「文化的
    ジェノサイド」と激しく非難している。

    この政府の同化政策に対しては、ハーパー前首相が2008年に公式に謝罪し、政府の
    資金でインディアン寄宿学校で起こったことを調査し記録するために「真実と和解の
    委員会」を設立。 更に、約4,400億円を補償金として支払っている。

    一方、今でも約140万人の先住民が存在しているが、一般カナダ人と比べて収入は
    低く、失業率も高い。 新政権はまずは殺害事件の全国調査を開始することを発表
    したが、先住民の環境改善のためには、教育予算の大幅増額や先住民法の見直し
    など課題が多く残っている。

    世界各国がシリア難民受入の縮小や空爆参加を決める中、トルドー新政権は2万
    5,000人のシリア難民受入を発表し、ISISへの空爆参加を中止するなど独自の道を
    進もうとしている。 また、イノベーション、サイエンス、経済発展省も新たに発足、
    環境省を環境・気候変動省と名前を変え、先進国の中で最も対策が遅れている気候
    変動にも取り組む。 更には、ハーパー前政権時に定められた「着用禁止法」によって
    禁止されていたニカーブ(イスラム教徒の衣装)の着用も許可されることになった。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    カナダには、かなり根強いアメリカアレルギーがある。 同じ北米大陸にあって、
    言語も同じで、容姿も同じ。 全長8,900キロという世界最長、かつ、ほぼ一直線の
    国境線をアメリカと接しているカナダにとって、『アメリカとは違う』ことを強調する
    ことで、カナダ人としてのアイデンティティを示している。 『アメリカのようだ』と
    言われることをカナダ人は最も嫌う。

    035d0d0b.gif


    この国民感情は、国政をも動かし、2001年のアメリカ同時多発テロを切っ掛けに、
    アメリカは、一気に戦争モードに突入した。 ブッシュ大統領は、2003年イラクへの
    侵攻に向け各国に賛同を求め、もちろん、カナダにも派遣要請があった。 しかし、
    当時の自由党クレティエン首相は、ハッキリと『ノー』を突きつけ、イラクへの
    派兵要請を断ったのである。

    カナダ人とアメリカ人は、ものの考え方もかなり異なり、カナダ人は、アメリカ人の
    ように、自分の事だけを押し付けたりはせず、物腰が軟かい。 実際に、カナダと
    アメリカを訪れて見ると、雰囲気が異なる事に気付く。 カナダは、イギリス連邦で
    あるため、ヨーロッパ風の佇まいの町並みが多いが、アメリカは、どこも近代的な
    高層ビルが多い。 治安の面でも、カナダの方が圧倒的に安全で、銃の所持は、
    カナダでは当然違法。 道路標識も、マイル表示ではなく、日本と同じキロ表示で
    あるため、日本人には、馴染み深い。

    6628188b.jpg


    隣国同士の国は、とかく、仲が良くない国が多いが、カナダとアメリカもご多分に
    漏れず、似たような状況となっている。 世界最強の国と長大な国境を接して
    いながら、アメリカとは違う道を行くカナダ。 カナダ人がアメリカの何もかもが
    嫌いな訳ではないが、同じ移民の国でありながら、今でも年間にして、25万人
    以上の移民を受け入れ続けているカナダでは、多種多様な文化が尊重されており、
    カナダ人には、驚くほど人種的な偏見がない。

     アメリカが嫌いな国ランキング

    021415eb

    カナダに限らず、アメリカ人が嫌われる理由は、自分以外の事を何も知らない
    ためで、更には、その事を強引に押し付けてくるところではないだろうか。
    アメリカは、常に世界第一位であるため、常に差別する相手を探している。
    その事に関しては、カナダ人とアメリカ人は、意見が真っ向対立するようだ。
    現在、カナダは、環太平洋連携協定(TPP)に関して、かなり後ろ向きな姿勢を
    示しているが、ここでも、アメリカの言いなりにはならないカナダの姿勢が
    現れている。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ