多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:聖ワシリー大聖堂

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    モスクワの歩行者天国
    モスクワで唯一の歩行者天国、アルバート通り。 ここを訪れた時は、ロシアの
    クリスマスの時期であったため、様々なデコレーションが飾られていました。
    尚、現在モスクワには、現在、約700店舗の和食レストランがあると言われて
    いますが、そのうち、最も和食レストランが集中している場所が、このアルバート
    通りです。

    IMG_3512

    IMG_3513

    アルバート通りから、モスクワの中心地である赤の広場までは、さほど遠く
    ないため、歩いて行く事にしました。 この日はマイナス13度でしたが、
    クリスマスのため、街が非常に華やいでいました。 ソ連の崩壊、経済危機、
    物不足を乗り越えたモスクワは、ソ連時代とは全く異なる街へと大変貌を
    遂げました。 社会体制を完全に覆してここまで経済発展を遂げたのは、
    世界でもモスクワだけでしょう。

    【アルバート通り】
    IMG_3506
    IMG_3507
    IMG_3509
    IMG_3511
    IMG_3514
    IMG_3515
    IMG_3510
    IMG_3517
    IMG_3518

    赤の広場
    ここからがモスクワ観光のハイライト、赤の広場です。 赤の広場は、政治の
    中心地であるばかりではなく、商業の中心地でもあります。 クレムリン宮殿
    すぐ横にある「無名戦士の墓」には、永遠の炎と共にロシア語で「君の名は
    無名だが、君の志は永久に消えない」と記されています。

    IMG_3527

    IMG_3521

    クリスマスの赤の広場は、至るところでイルミネーションが輝いていましたが、
    ソ連時代には、こんな風景を見れる様になるなど、夢にも思いませんでした。
    ソ連時代と比べると、建物は完全に同じままなのだが、社会主義から資本主義へと
    転換を図ったため、街の風景が一変しました。 社会主義時代は、イルミネーション
    などなかったため、夜になると真っ暗になっていた赤の広場も、時の流れと共に、
    今では、こんなに活気付いています。 尚、「赤の広場」の名前の由来は、
    スラブ語で「美しい」を表す形容詞が、ロシア語では「赤い」と意味するものへと
    変化したため、こうなりました。

    IMG_3531

    IMG_3532

    IMG_3533

    IMG_3535

    赤の広場は、冬の間は、市民のためのスケートリンクになります。 荷物さえ
    なければ、このスケートリンクで滑りたかったものの、気温がマイナス13度で
    あったのにも関わらず、こんなにも大勢の人々でごった返していました。
    簡易遊園地も設置され、クリスマス気分を盛り上げていました。

    【赤の広場】
    IMG_3519
    IMG_3520
    IMG_3522
    IMG_3524
    IMG_3525
    IMG_3530
    IMG_3536
    IMG_3546
    IMG_3554

    聖ワシリー大聖堂
    赤の広場にある聖ワシリー大聖堂(ポルコフルキー大聖堂)とその前にある像は、
    1612 年にポーランド軍に勝利したことを記念して、建てられたミーニンと
    ポジャーススキーの像。 王子であったポジャルスキーと肉屋のミーニンは、
    攻め入るポーランドとの戦いにおいて、ロシアの勝利に尽力しました。

    IMG_3541

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    赤の広場に立つ旅行者の目をまず引き付けるのは、クレムリンの壁やグム・
    デパートではなくて広場の南側に立つ聖ワシリー大聖堂の特異な姿であろう。
    あの玉ねぎ型の屋根の群れ、それぞれの大胆なデザインと鮮やかな色彩の
    取り合わせは、一度見たら忘れることの出来ない強烈な印象を与える。

    この大聖堂は、ロシアによるカザン・ハン国に対する勝利を記念して1555年
    から61年に掛けて建立された。 カザンを征服してモスクワに凱旋した時の
    ツァーリは、まだ22歳のイワン4世だった。 建築を担当したのは、バルマと
    ポスニクという2人のロシア人である(同一人物とする説もある)。

    元々、対カザン戦争の勝利にちなむ8つの聖堂をひとつの大聖堂にまとめる
    という課題を果たすために、8基の祭壇と円屋根を設ける必要があった。
    そのうち、半分の4基は、大きな円屋根で、他の半分は、それぞれ多少とも
    小さめに造られた。 キリストを称えるという趣旨から、中央にひときわ高く
    テント型の屋根をそびえさせ、その頂上には、小ぶりのドームが付けられた。

    wasilij

    変わっているのは、それをそれぞれの円屋根の形が、たまねぎ型に統一
    されているものの、全部異なった意匠が施され、色合いも様々なことである。
    構成上の調和は全く無視されている。 勝利の日が10月だったことから、
    この大聖堂は、ポクロフスキーと命名された(旧暦の10月1日がポクロフ=
    聖母庇護祭にあたる)。 もうひとつ怪奇なことは、この大聖堂が落成して
    献堂式を拳行して間もない1558年、癒癩行者として知られたワシリーが
    聖者の列に加えられたのを記念して、堂内の祭壇に祀られた途端に、
    ポクロフスキーという正式な名称を忘れられ、福者(ブラジェンヌィー、
    聖者の位のひとつ)ワシリーと呼ばれるようになったことである。

    癒癩行者は、東方正教会に特有な現象で、狂気のふりをして(あるいは、実際に
    狂気に侵されて)社会通念に反するような奇行を演じたり、奇言を吐いたりする
    者のことである。その中で特に正教会では、聖者と認定していた。

    16世紀の末、モスクワのイギリス商館にフレッチャーという人物が勤務して
    いたが、彼は、その著作の中で次のようにワシリーの噂を伝えている。
    『ロシアにはある種の世捨て人が居て一枚の布切れを腰に巻いている他、裸で
    歩き回っている。 髪の毛は長く垂れて、肩の周りを覆っている。 冬の最中
    にも鉄の首輪や鎖を巻いている者も居る・・・そのうちのひとりバジレオ
    (ワシリーのこと)は、先帝イワン4世が人民に対して残虐な圧政を加え続けた
    ことを絶えず非難していた』。

    イワン雷帝のような専制君主を公然と批判するような行為は、癒癩行者にしか
    許されなかったであろう。 その雷帝が1584年に他界したところから、今は
    亡きワシリーが時代の英雄として担ぎ出されたのに違いない。

    聖ワシリー大聖堂と向かい合って赤の広場の反対側に立っているのが、国立
    歴史博物館である。 中世ロシアの伝統的な建築様式で建てられ、クレムリンに
    調和するように赤レンガで積み上げられている。 ただ、中央の主屋の台形の
    屋根やいくつかのテント型の塔の屋根をはじめ、全ての翼の尖った屋根が純白に
    塗られている。 それが、いかにもパンケーキの上に粉砂糖をふりかけたような
    メルヘン的な印象を与える。

    こちらは、比較的新しく19世紀の70~80年代に建てられたものであるが、
    赤の広場に良く似合っている。 行政上、この歴史博物館のアドレス表示は、
    赤の広場1番地であり、聖ワシリー大聖堂は、この博物館の分館のひとつと
    なっている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ