多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:翻訳支援ツール

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    フリーランスの翻訳者に欠かせないCATツールとは、Computer Assisted
    Translation、または、Computer Aided Translationの略語のことで、別名
    翻訳支援ツールとも呼ばれている。

    翻訳支援ツールとは、このツールを利用することで、用語の統一や、
    繰り返し何度も出て来る表現の統一、さらには、HTMLやWordでの書き出しと、
    翻訳の利便性を高めて、作業の生産性や正確性、並びに、労働的・時間的な
    コストの削減を目的とした翻訳技術全般を指しているが、その代表的な
    ものとしては、SDL Trados、Wordfast、OmegaT等がある。

    【OmegaT】

    omegat04

    今回は、完全フリーソフトである OmegaT の簡単な使用方法を紹介します。
    まずはダウンロード先:https://sourceforge.net/projects/omegat/

    OmegaTは、今翻訳している文章と、これまでの翻訳内容を自動的に
    チェックし、類似したものがあればそれを参考訳文ウィンドウに表示する。
    翻訳者はキーボードショートカットを使ってその内容を編集中の分節に挿入できる。
    あらかじめプロジェクトフォルダーに用語集と辞書ファイルを追加しておくと、
    OmegaTはその内容も参照する。

    翻訳作業終了後、ファイル一式の翻訳版を生成し、プロジェクト全体の現在の
    翻訳内容をTMXファイルに出力する。 このファイルは、今後の翻訳作業に
    流用可能であり、また必要であれば、OmegaT や他の翻訳支援ツールを使用
    している他の翻訳者とその翻訳データを交換できる。

    OmegaT のマニュアル:http://omegat.org/ja/documentation#manual



    【基本的な使用方法】
    ①PCのデスクトップ上に任意の名前のファイルを作成しておく。 ここでは、
    仮に『project』という名前のフォルダにします。
    ※Macintoshの場合は、ハードディスク内にこのファイルを作成します

    ②OmegaTを起動し、左上にある『プロジェクト』から、『プロジェクトを開く』
    を選択し、先ほどの『project』ファイルを選択の後、『保存』を押します。

    ③『プロジェクトの新規作成』タブが立ち上がり、そこの『言語設定』より
    対象言語を選択します。 例:英語から日本語へ翻訳する場合は、
    『原文ファイル言語』に『EN-US 英語 - アメリカ英語』を選択し、
    『訳文ファイル言語』に『JA - 日本語』を選択します。

    ④HTML等のタグを使用しない場合は、ここで忘れずに『設定』にある
    『タグを削除』に必ずチェックを入れると便利です。 

    ※『タグを削除』にチェックを入れるのを忘れた場合でも、後から
    『プロジェクト』→『プロジェクト設定』から変更可能です。


    ⑤そのまま『確定』を押します。

    ⑥一旦、OmegaTを最小化し、先ほどの『project』ファイルを開くと、以下の
    ファイルが生成されます。

    【project】ファイル
    ① dictionary
    ② glossary
    ③ omegat
    ④ source
    ⑤ target
    ⑥ tm
    omegat.project

    ⑥ ⑤ sourceファイルに元原稿を入れます。 翻訳メモリががある場合は、
    ⑥ tmファイルに.TMX等の翻訳メモリを入れると、右上の『参考訳文』ウィンドウに
    参考訳文が表示されます。 glossary がある場合は、② glossaryファイルに
    メモ帳で作成した glossary を入れると、右下の『用語集』ウィンドウに用語集が
    表示されます。

    ⑦ OmegaT を最大化し、左上の『プロジェクト』から『最近使用した
    プロジェクト』を開き、Entter キーを押して先へすすむと、上記の『参考訳文』
    ウィンドウ、並びに、『用語集』ウィンドウにそれぞれ、訳文や用語が表示される
    ため、それを左側のウィンドウにある翻訳部分にコピーペーストして、翻訳作業を
    進めます。

    ⑧ 翻訳作業がある程度まで進んだら、『プロジェクト』から『訳文ファイルを
    生成する』を選択すると、⑤ target 内に、訳文が生成されます。

    ⑨ 後は、これの繰り返しです。

    これが、フリーのCATツールの中でも最も簡単で使いやすいと言われている
    OmegaTの使用方法です。 その他にも、クラウド上で使用出来る Memsourse も
    お勧めです。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    毎年恒例の『JTF翻訳祭』に参加して来た。 と言っても、昼間に開催されている
    セミナーの類は、去年同様、出席せず、夜に開催される、交流パーティーのみの参加。
    一応、私の肩書きは、英語、ロシア語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、
    スウェーデン語の通訳、翻訳者なので、主に、多言語を取り扱っている、IT系の
    この翻訳際は、いわば、情報交換の場、兼、営業活動の場。 日本の翻訳業界は、
    当然、英語⇔日本語の翻訳がメインなのだが、多言語の場合は、海外に丸投げを
    しているケースが殆どで、日本国内では、実は、余り回しておりません。 その理由は、
    翻訳コーディネーターが、多言語を読めないからというもの。 例え、読めたとしても、
    その大体が、英語止まり程度なので、『その他』に分類される多言語の場合は、
    翻訳チェックも海外に丸投げの、ほぼ野放し状態となっております。

    私の場合は、通訳は、司法関連がメインなのですが、翻訳は、家電製品のマニュアル、
    特にプリンタとカメラが専門分野。 プリンタに至っては、インクジェットプリンタ、
    ラージプリンタ、レーザープリンタ、並びに、現在取り扱っているのは、オフィス複合機と、
    全方向に対応した経験があります。 最近は、バリバリと翻訳しまくるというよりも、
    DTPがメインになってしまっているため、HTML、XML、Photo Shop、Illustlator、
    Frame Make他のDTPまわりのツールは、必須アイテム。 一部、TRADOSも導入し
    掛けておりますが、基本的に、読める言語に対しては、機械翻訳は、実質的に必要ない
    ため、TRADOSをメインにしようとしている、IT業界系翻訳には、非常に違和感を感じて
    おります。 日本の場合は、翻訳者も使い捨てにされる場合が多いので、どこまで、
    営業活動が出来たか、その結果は、数ヶ月程度経過しないと分かりません。 

    昔は、多言語を扱える日本人が、ほぼおりませんでしたが、今となっては、国際化が
    進んだせいか、外国人が大量に日本国内に住んでいるため、日本人の活躍の場が、
    激減しました。 翻訳業界の未来が明るいか、と言えば、機械翻訳や、無料のオンライン
    翻訳に押されて、かなりの実力者でも、非常に苦戦を強いられているのが、現状だと
    思います。 日本では、正確性よりも、その値段を気にする余り、まともな多言語
    マニュアルの制作が、殆ど出来ておらず、ひいては、それが、日本製品の海外での
    売り上げを下げる要因となったので、日本のメーカーは、そろそろ、本腰を入れて、
    マニュアルの制作に望むべきです。

    翻訳支援ツールと聞くと、何やら、便利そうな響きがあるのですが、要は、翻訳がまともに
    出来ない人たちを助けるツールなのであって、まともに翻訳が出来る人には、そもそも、
    そんなものは、必要ありません。 例えて言うなれば、『自転車の補助輪』なので、そんな
    ものに頼っている翻訳者は、本物の翻訳者ではありません。
    201311070942_1
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

    このページのトップヘ