多言語翻訳 Samurai Global ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳 Samurai Global』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:経済危機

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ソ連崩壊から25年。 ロシアは、旧体制から引き継いだ対外債務をようやく完済
    出来る見込みとなった。

    ロシア政府は、ボスニア・ヘルツェゴビナに対する旧ソ連時代の債務1億2520万ドル
    (約140億円)を近日中に完済する方針を明らかにした。 セルゲイ・ストルチャク
    (Sergei Storchak)副財務相は、ボスニア・ヘルツェゴビナへの支払いで『旧ソ連
    時代の公的対外債務の返済が完了する。これは歴史的な出来事だ』と述べた。
    ロシアは現在、ウクライナ危機をめぐって、日本や欧米諸国から経済制裁を
    科されている。

    1991年末のソ連崩壊後、ロシアは対外債務700億ドル(約7兆8000億円)の履行
    責任を負って来た。 債務の大半は『ペレストロイカ(改革)』で民主化が推進
    された85~91年に生じ、その履行は90年代に財政の圧迫要因となった。

    90年代後半、ロシアは壊滅的な経済問題に直面し、98年にはデフォルト
    (債務不履行)に陥った。 2000年代初めから石油収入が安定したおかげで、
    2006年にはパリクラブ(Paris Club、主要債権国会議)の主要17か国への債務を
    返済した。

    default

    ソ連時代の負の遺産は、ロシアがその殆どを引き継いだため、ロシア独立時には、
    この天文学的な大赤字は、一生掛かっても返済出来ないと言われたが、独立から
    25年で完済の運びとなった。 尚、ロシア独立当時の平均的な給与は、円に換算
    すると、月3,000〜6,000円しかなかった。

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    ロシア語 に参加中!
    景気低迷を理由に、欧米メーカーのロシア離れが急速に進んでいる。 米ゼネラル・
    モーターズ(GM)は3月、サンクトペテルブルクの工場閉鎖を発表し、市場に衝撃を
    与えた。 『オペル』ブランドの販売も年内に終了する予定。 仏プジョー・シトロエン・
    グループ(PSA)や独フォルクスワーゲン(VW)も今春、相次ぎ生産台数を削減すると
    報じられた。 日本メーカーも苦戦が続く。

    現時点で、大幅な生産縮小や撤退などは伝えられていないが、販売は高級車を除き、
    急落している。 日本企業の関係者からは、自動車市場の落ち込みはリーマン・ショック
    以来の規模になるとの指摘も出ている。
     
    20071220153305

    ロシアは現在経済制裁の真っ直中に居るため、ルーブルの下落が続いているが、
    元々、ソ連末期~2000年ぐらいに掛けて、何度か経済危機に見舞われているため、
    経済制裁が解除されれば、ロシア市場は、元に戻る。 よって、ロシア進出は、今が
    絶好の機会と見る事が出来るが、むしろ、撤退方向に動いている西側諸国は
    ロシア市場の事をまるで理解していない。

    旧ソ連から独立を果たし、新生ロシアになりたての頃も、日商岩井と丸紅を除き、
    当時ロシアにあった日本企業はほぼ全て撤退したが、その後、元の状態以上まで
    経済が戻っている。

    韓国車の利点は、ロシアと同じくハンドルが左にあるところだけで、車の性能としては、
    到底日本車にはかなわないため、極東での売上台数では、圧倒的に日本車の
    シェアの方が上だが、中国車は、元々殆ど人気がないため、例の『安かろう悪かろう』
    製品である事は、ロシアの消費者には周知の通り。 ロシア製の新車を購入する
    よりも、日本製の中古車を購入した方が車両の性能が良いため、シベリアでは、
    8割方日本車ばかりが走っている。

    1405c09c

    ロシアでは、前々から右ハンドルが規制されると言われ続けており、その昔、
    右ハンドルを規制しようとして、シベリアでは、『極東共和国』の独立宣言まで
    行ったため、ロシア政府としても、おいそれとは、右ハンドルを規制出来ない。
    但し、外国からの中古車輸入を規制する事を目的とした、中古車への課税が
    数年おきに変更されているため、この先も右ハンドル車は、安泰とは言えない。
    現在では、中古車1台に対して、7,000ドルもの関税が掛けられているのだが、
    車体の一部をバラして、部品として運べば、1,000ドル程度まで下がるのだと
    言う。

    カザフスタン等の中央アジアでは、既に右ハンドルに規制が入っており、キルギスでは
    規制がなされていないため、キルギスでも右ハンドル車の比率が非常に高くなっている。
    右側通行の国で右ハンドル車を運転すると、事故を起こす確立が高くなるため、
    右ハンドル車への規制が入らないようにするという点においても、ロシア人には、
    是非とも安全運転をお願いしたい。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ