ブログネタ
職業訓練 に参加中!

日本通訳協会という団体があり、そこでは、主に、通訳検定を行っている。 また、1996年
からは、ボランティア通訳検定が実施されている。 こちらは、よりとっつきやすい通訳検定
試験として、国際交流に活用出来る語学力を判定するためのものとして宣伝されている。

最近では、ワールドカップ等、日本で開催される大型イベントに、大勢の観光客が訪れる
事があり、日本に来た時の混乱を解消するためにボランティア通訳を主催者側が募る事も
多い。 記者会見や選手のアテンド等は、 プロの通訳者が行うが、失敗リスクの少ない
より身近な場面では、大勢のボランティア通訳者が大会運営を支えている。 そのような
ボランティア通訳志望者の英語能力を証明したいという意識の元で生まれた検定が通訳
検定である。



ボランティア通訳検定は、大学の通訳コース受講者に受けさせようとする教育サイドの
思惑もあり、ボランティア通訳活用側の両方に依存すると言える。 ボランティア通訳者の
技能検定であれば、プロ通訳者の技能検定に比べて、レベル判定が比較的容易に行える
ため、実施に置いて、どれほど混乱はない。



しかし、30年前から続いている通訳技能検定や、その合格者に対する資格については、
プロ通訳者の通訳市場の需要に影響を与えるものとはなっていない。 実際に、
通訳業を生業としている第一線のプロ通訳者の間では、この検定を受けた経験がある
人は、非常に稀である。 この検定の存在すらすらないプロ通訳者が多い、 通訳技能
検定は、実際は、通訳者になるための資格と言うよりも、英語能力検定試験のひとつという
位置づけが適切である。 日本で実施されている英語能力検定試験の中でも最も難しいと
されているのが、この通訳検定試験の一級であるとされている。

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
にほんブログ村