多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:秘密警察

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1956年10月23日、ハンガリーの首都ブダペストで学生と労働者による
    大規模なデモが起きて、暴動へと発展した。 彼らは、多くの政府関係施設や
    区域を占拠し、自分達で決めた政策や方針を実施し始めた。 夜になり、
    デモ隊と秘密警察との間で衝突が始まると、ハンガリー勤労者党指導部は急遽、
    大衆に人気のあった前首相のナジ・イムレを復職させる決定をした。 翌24日、
    ナジは正式に首相に任命されたが、その頃ブダペストの町はすでに民衆と
    ソ連軍の戦闘状態にあった。 他の地域はソ連軍と革命派との間の停戦が
    行われたり、ソ連軍が革命の動きを阻止した管区もあるなど、平穏な状態が
    保たれていた。

    2c3w5vtkw

    民衆は、ワルシャワ条約機構からの脱退をナジ政府に迫ったが、この事は、
    再びソ連軍の介入を招く事となった。 10月25日、ナジは戒厳令を取り下げた。
    街の人々の中には、ソ連軍の戦車に近付き、兵士と話し合う者もいた。 説得に
    応じたソビエト兵らは、ハンガリー人を戦車に載せ、国会前広場へと移動し、
    約700人が集まった。 しかし、突然発砲が始まった。 国会前広場は血の海と
    化し約100人が死亡、約300人が負傷した。

    1956年10月23日と停戦を挟んだ11月1日の2回、ソ連軍は反乱に対して介入した。
    1957年の1月にはソ連は、新たなハンガリー政府を任命し、ハンガリー人に
    よる改革を止めようとした。 蜂起は、直ちにソ連軍によって鎮圧されたが、
    その過程で数千人の市民が殺害され、25万人近くの人々が難民となり国外へ
    逃亡した。

    4779562

    一方、ナジはユーゴスラビア大使館に避難したが、安全確保を保障されて
    大使館を出たところをソ連軍に捕まり、ルーマニアに連行され、2年後に処刑
    された他、政権の閣僚や評議会を指導していた多くの市民がカーダール政府に
    よって処刑された。 1960年代に発表されたCIAの推定によると、およそ
    1,200人が処刑。 この時逮捕された政治囚は、1963年までにカーダール政府に
    よって、ほとんどが釈放された。 この一連の戦闘の結果として、ハンガリー側
    では死者が17,000人に上り、20万人が難民となって亡命した。 ソ連側も
    1,900人の犠牲者を出した。

    ing_countries

    ハンガリーでは、この事件について公に議論する事は、その後30年間禁止
    されたが、1980 年代のペレストロイカ政策の頃から再評価が行われた。
    1989 年に現在のハンガリー第三共和国が樹立された際に、10月23日が
    祝日に制定された。

    ペレストロイカの影響でハンガリー社会主義労働者党でも改革派の勢力が
    強まり、1989年に動乱の評価を修正し、復権させた。 ハンガリー社会主義
    労働者党の自らの自己批判は、後の東欧革命への導火線となった。

    尚、このハンガリー動乱の直前の1946年に、現在のウクライナ領である、
    カルパチアがハンガリー領(スロバキア領)からウクライナへと併合され、
    現在に至っている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    ワールドミュージック に参加中!

    『ロック・ミー・アマデウス』の世界的なヒット曲で知られる、ファルコは、オーストリア、
    ウィーン出身のアーティスト。 当初は、ハードロック・パンクバンドのベーシストとして、
    音楽活動を開始したが、1981年にソロアーティストとしてデビューし、『秘密警察』
    (原題: Der Kommissar)をヨーロッパでヒットさせる。 この曲はアフター・ザ・ファイアー
    による英語バージョンもリリースされ、アメリカでもヒットした。 この曲が出た頃はまだ
    ラップやヒップホップという言葉が馴染む前であった。



    1985年、『ロック・ミー・アマデウス』(原題: Rock Me Amadeus)をリリース。 刺激的な
    ヒップホップのビートに乗せて、モーツァルトの生涯をラップで歌い込んだこの曲は、
    地元オーストリアを皮切りに、ヨーロッパ各国でヒットチャート第1位を獲得し、翌1986年
    には、アメリカの「Billboard Hot 100」でも第1位の大ヒットを記録する。 アメリカでは、
    英語圏出身以外の外国人アーティストが大ヒットを飛ばすのは非常に難しく、しかも、
    色物扱いされる類の曲であったが、英語とドイツ語を交互に操ったラップの面白さと、
    1984年公開の映画『アマデウス』のヒットを受けた話題性、クラシックの偉人を茶化した
    痛快さが、異例の大ヒットにつながったといわれている。



    その後は世界的なヒットはなかったものの、オーストリアでは安定した音楽活動を続け、
    出したアルバムは国内チャートでほぼ全て1位であった。

    1996年にドミニカ共和国に移住。 1998年2月6日、ドミニカ共和国サント・ドミンゴで
    自動車事故により死去。 尚、検死結果では、血液中から高濃度のアルコールとコカインが
    検出された。 遺体はオーストリアのウィーン中央墓地に埋葬されており、墓には
    『Nachtflug』のジャケットに使われた写真が飾られている。



    2000年にドイツ・ベルリンでミュージカル『Falco meets Amadeus』が初上演され、その後も
    ドイツ語圏各地で上演されている。 没後10年となった2008年には、最後のアルバム名を
    タイトルとした伝記映画『Falco - Verdammt wir leben noch!』が製作され、オーストリア、
    ドイツ、チェコにて公開(日本では未公開だが2010年にキュリオスコープより
    『ROCK ME AMADEUS - ファルコ 運命に翻弄されたスーパースター』のタイトルでDVD
    発売)。 2010年10月、ヨーロッパ圏では代表作『Falco 3』の発売25周年を記念して、
    スペシャル・エディションがデジタルリマスター盤として再発売された。これは、
    『ロック・ミー・アマデウス』が収録された通算3作目のアルバムで、日本盤のタイトルも
    『ロック・ミー・アマデウス』であった。

    Falco_Grab

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ