多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:福島第一原発

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    原発とマスゴミ に参加中!

    横に長く、日本で3番目の広い面積を誇る福島県は、東京電力福島第一原発から、
    一番遠い場所で、約180キロ程度離れているのだが、福島県から最寄の県である、
    宮城県の場合は、福島第一原発から、最寄地点で、約45キロしか離れておらず、
    原発から、北方向に180キロ進むと、宮城県全てが、180キロ圏内に入る。

    東北最大の都市である、仙台も、福島第一原発からは、概ね100キロ圏内に入る。
    福島県内の場合は、東電から補償金が貰えるのだが、宮城県は、福島第一原発
    からは、最も近い場所で、実は、45キロしか離れていない。

    eda


    宮城県どころか、東北電力とは一切縁もゆかりもない東電から補償金を貰えたのは、
    宮城県最南端部に位置し、福島第一原発からは約45キロ、3方向を福島県に
    囲まれた丸森町だけが、福島県の丁度半分の補償金を貰っただけ。

    marumori

    フクシマ・フィフティーズも、私の記憶が間違っていなければ、最小の人数の
    際には、たった18名しか原発内に残らなかった筈。 それ以外の作業員は、
    福島第二原発に自主的に避難をした。 福島県は、面積で比較すると、宮城県の
    丁度2倍程度の面積があるのだが、人口では、50万人程度少ない県。

    福島第一原発付近は、元々、人口が少ない場所で、女川原発付近は、宮城県
    第二の都市の石巻がある事でも分かる通り、人口の多い地域のため、東日本大震災
    では、死者・行方不明者約6,000名を出しているのだが、福島の原発の事にばかり
    話題が向くため、ほぼ完全に忘れ去られている。

    現状、フクシマに関しては、偏向報道や、偏った情報ばかりがネット上に
    溢れており、海外で報じられていた『フクシマ』の津波の画像は、ほぼ全てが
    宮城県の画像。 最近では、それを鵜呑みにした日本の報道も、宮城県の災害を
    フクシマとして堂々と報道している。

    風評被害とは、遠く離れれば離れるほど、風の勢いが増すようだ。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    原発とマスゴミ に参加中!

    これまでに、何度か、『原発作業員数百名が、秘密裏に火葬され、無縁仏として闇から
    闇へと葬り去られている』という内容の記事を目にしているが、『東北大学医学部附属病院』
    は、仙台市内にあるため、福島第一原発から、県境を越えて、100キロも離れた病院へ
    どうしてわざわざ運ぶのでしょうか?

    福島県内にも、福島医科大他の総合病院があるのに、どうして、わざわざ遠く離れた
    宮城県まで運ぶのでしょうか?? しかも、仙台は、東電とは一切縁もゆかりもないため、
    このような情報を隠す必要性が全くありません。 東電から、『電気を止めるぞ』と
    脅かされたところで、そもそも、東電の電気を一切使用していないどころか、原発事故が
    起きた際に、最後の最後まで、福島第一原発に送電を続けたのは、東北電力です。

    fukuichi_live

    福島県内では、このような原発作業員の死亡者が後を絶たず、福島医科大が情報を
    隠蔽しているという噂を耳にした事もあります。 東電が口封じのために、死亡した
    作業員の遺族に5千万円程度の補償金を既に支払っているという情報もあります。

    ウソと現実の区別が難しくなっている昨今、ネット上に転がっている情報を鵜呑みに
    するのは、非常に危険です。 特に、有料ブログの場合は、より、衝撃的な話題作りを
    しなければ、誰も見てはくれないため、結局は、こうなるのだと思います。 書く側にも
    責任があると思いますが、それを読む方にも責任があるのをお忘れなく。

    何でも、右から左へ何も考えずに情報を垂れ流すのも、かなり問題があると思います。

    福島第1原発作業員約500人がすでに死亡


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    アメリカ政府が発表した、セシウム汚染データを分かり易くした『汚染地図』

    そもそも、『アメリカ政府が発表した』と言うところが、非常に怪しいところ。 原発事故後に、
    かれこれ、12回程度福島を訪れているのだが、『鼻血』どころか、福島では、今のところ、
    健康被害も出ていない。 被災直後に、宮城県の最南端部で線量を計測した際には、
    福島県との県境から、3キロ地点でも、0.14ミリマイクロシーベルト前後しかなかった。

    宮城県は、全体的に、0.05~0.14ミリマイクロシーベルト程度しかない。 下にある画像は、
    被災後に良く見掛ける、大袈裟な『海洋汚染』の画像だが、この画像は、『暖流』と『寒流』の
    流れを完全に無視しており、あくまでも『イメージ図』であるにも関わらず、あたかもそれが
    事実のように世界中に拡散しているのには、呆れるを通り越して、怒りすら覚える。

    o0640042611919165879

    仙台湾沖では、黒潮と呼ばれる『暖流』と、親潮と呼ばれる『寒流』とが、ぶつかり
    合うのだが、暖流と寒流は、実は、ちょっとやそっとの事では、混じり合わない。
    よって、危険なのは、福島第一原発と同じ『暖流』側にある、茨城から千葉付近。

    実際、海のホットスポットは、千葉県沖の南東部で見つかっている。 原発事故が
    起きた3月は、東北では、台風並みの『北風』が吹き荒れるため、本当に危険なのは、
    むしろ、関東なのだが、そんな関東で生活を日々生活をしていると、放射能汚染を
    気にするあまり、それがストレスとなり、それが元で、ガンが発病するのでは?と
    日々良からぬ妄想をしてしまうのだが、ウソと本当を見分けるのは、なかなか
    難しいものがあるのだが、何もかも不要に怖がるのではなく、正確な情報を元に、
    正しく『怖がる』事が肝要。

    アメリカ政府発表『セシウム汚染データ』


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    おいしんぼ騒動から早数ヶ月が経過したが、未だ、福島での鼻血騒動は、一部では、
    かなりの話題となっている。 震災関連のイベントに行くと、ほぼ必ず、福島の人たちと
    一緒になるが、ここで問題になるのが、この福島の人たち。

    ご存知の通り、原発事故後早々に、放射性物質による汚染、並びに、被曝を恐れ、
    福島を後にした人たちが数万人規模で居るが、福島にそのまま残った人たちと、
    福島を後にした人たちでは、事故に対する『想い』に相当食い違いがあるのも事実。

    実際に、福島を訪れて見ると、津波災害を受けたのは、沿岸部の極々一部だけで、
    すぐ隣の宮城県や岩手県と比較してしまうと、段違いで被災度合いが少ないのが
    すぐに分かる。 但し、福島の人たちは、周囲から『フクシマ』として世界中から注目を
    集めており、震災関連の様々なイベントにおいても、その大体が、『頑張ろう、福島!』で
    終るため、自分たちが、一番不幸な被災者だと思っている事が多い。 以前、試しに、
    福島の人たちに、最大の被災地である石巻を見に行って見ればと何度か言った事が
    あるが、福島の沿岸部の被災地を見た事があるので、どうして石巻に行かなければ
    ならないのかという返答であった。

    ハッキリ言ってしまうと、石巻と福島との被災度合いは、全くの別物で、何もかも津波で
    流され尽くした石巻と、一部しか津波に流されなかった福島とでは、死者・行方不明者と
    震災瓦礫が出た量で比較すると、一目瞭然となるぐらい、被災度合いが全く異なる。
    よって、被災時には、海外のメディアは、宮城県を襲った津波の画像を使用して、
    『これがフクシマの現実です』とお涙頂戴物語に仕立て上げて報道された。 但し、
    その津波の画像を使われ、死者・行方不明者、震災瓦礫も被災3県中、段違いで
    排出した宮城県は、完全に無視された。 さて、そこで問題となるのが、この『被災度合い』
    なのだが、福島の人たちも、当初は、控えめに自己アピールをしていたものの、
    世間からは、殆ど相手にはされず、そのアピールが段々と過激、かつ、大袈裟になって
    行った。 『福島から避難をした人たちの半数が、鼻血を出した経験がある』と、とある
    ブログで読んだのだが、恐らく、その3分の1程度は、事実。 但し、残りの3分の2程度は、
    ウソ、デマカセ、大袈裟の類。

    福島に残った人たちとも、福島から避難をした人たちとも、震災後に何度もお話をしたが、
    この両者の思考には、共通点は、ほぼない。 いわゆる、両端な考え方をしており、片や、
    放射性物質による被曝などなんのその、一切何も気にしない派と、東日本に残るなんて
    とんでもない、一族同族全員引き連れて日本の果てどころか、世界の果てまで逃げます派と
    なるため、そもそも、接点が生まれる筈がない。 さて、ここで更に問題になるのが、
    この『ブラジル移民1世』の時代に日系人の間で巻き起こった、『勝ち組』と『負け組み』の
    ようなこの感情的な対立。 福島に残った人たちは、何もかもなかったような生活を
    そのまま続け、福島を後にした人たちは、自分の財産やら、仕事やら、その他諸々、世間の
    しがらみを何もかもかなぐり捨てて避難をしたため、自分たちの被災度合いが、実は、
    被災3県の中でもブッチギリでましとは絶対に認められない。 よって、ろくに戻りもしない
    福島に対して、今度は、攻撃をする事により、自己を正当化しようとする。 この一連の
    正当化行動は、無意識のうちに行っているため、更にタチが悪く、どんどんと被害者意識
    だけが膨らみ、周囲に迷惑を掛けている事にすら気付かずに、凶暴化している。

    map_450_02

    自分が一番の被害者だと思いたいのは、分からないでもないが、それを世間に認めさせる
    ために、他者を攻撃してしまっているため、こちらも、やはり、同情はされない。 そもそも、
    国策で建設を推し進めた原発が事故を起こしたにも関わらず、国や東電が特に何もしなかった
    ため、この被害者意識は、一気にエスカレートした。 自己を正当化するための活動は、
    ますます勢いを増し、無視されれば、されるほど、過激になっている。 一部では、既に、
    子供を利用しさえすれば、何を言っても構わないという雰囲気すら醸し出している程。
    原発事故による被曝の事ばかり気にしている人たちが、この自意識過剰な被災者たちと
    結託したため、今度は、違う意味での二次災害が発生した。 高濃度汚染地域で鼻血が
    出たと言うのは、事実だと思うが、それを大袈裟に世間に言い触らすのも、逆にそれを
    攻撃するのも、どちらも間違っていると思う。

    福島の最大の問題は、県の名前を原発にしてしまった事であり、一口に『福島』と言っても、
    全国で3番目に広い面積を持つ広大な県であるため、『原発周辺地域』、または、
    『福島沿岸部』と限定的に言わない限り、その他の地域からの攻撃や、非難の矢面に
    立たされる事はなくならない。 福島県の対応も、原発周辺地域の人たちを納得させる
    ようなものではなく、単なる口封じに徹しただけ。 会津地方は事故を起こした原発からは、
    100キロも離れており、距離的には、宮城県仙台市と完全に同じだが、仙台で鼻血を
    出しているという話すら聞いた事がない。 宮城県境は、福島第一原発からは、45キロしか
    離れていないため、中途半端に原発から遠い福島県内の市町村よりも、宮城県の方が
    遥かに近いのだが、それでも、鼻血の話は聞いた事がないため、疑問しか感じない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    原発事故発生当時、民主党官房長官であった枝野氏は、国民に対しては、
    『ただちに問題はない』とする一方で、自分の妻子だけは、シンガポールへと逃がした
    人物。 その妻子は、今でも日本へは帰って来てはいないのでは?
    10685561_601314649998351_1925152610778066510_n
    東北大学の出身であるため、仙台に4年間も住んでいたのだが、被災地を完全に
    見捨てた恩知らずな人物。 嫁の実家に転がり込んでいるマスオさんであるため、
    埼玉5区からの立候補となっている。 前回の選挙の際には、枝野の選挙区である
    埼玉5国に住んでいたため、皆でデモをして、落とそうと頑張ったのだが、力及ばず、
    再選となった。 一体誰がこんな人物に投票しているのか、疑問しかわかない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    福島は、この動画を見ても分かる通り、被災後も見た目が特に変わった訳ではなく、
    目に見えない放射線を完全無視すれば、元の生活そのままとなっている。

    福島県は、15メートルの津波が来たとして、原発が破壊されたと言い張っているものの、
    7メートル弱の津波で何もかも破壊された宮城県石巻市内の状況を見る限り、その津波の
    高さは、絶対にウソと言い切れる。 しかも、被災時に、海外で「これがフクシマです!」と
    紹介された津波の画像は、ほぼ全て、宮城県内のもので、肝心の宮城県の災害状況は、
    ほぼ無視された。

    原発20キロ圏内での【川内そばまつり】の様子


    福島県内で、0.30ミリマイクロシーベルトは、かなり線量が低い方だが、石巻近辺では、
    6,000人以上が死亡し、両親どころか、親類縁者の多くが死亡した子供も多々居たが、
    震災孤児となった子供たちを完全無視している現実の方が、極度にアメリカ寄りの
    報道だと言わざるをえない。
    95f3f46c
    アメリカは、どうして、宮城県内の被災状況を正確に報道してくれなかったのか、
    今でも疑問が残る。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    東日本大震災で救援活動『トモダチ作戦』に従事したアメリカ海軍の兵士らが、
    福島第一原子力発電所の事故が原因で被ばくしたとして、東京電力に損害賠償
    などを求めている問題で、カリフォルニア州サンディエゴの連邦地裁は2014年
    10月28日、訴えを退けるよう求めた東電の主張を認めず、訴訟を継続する
    判断を示した。 訴訟は日本ではなく、同州の裁判所で行うことも認められた。

    2012122701
    アメリカ海軍の原子力空母『ロナルド・レーガン』がやって来たのは、福島から
    かなり離れた宮城県の南三陸町と女川町なのだが、どちらも、その空間線量は、
    0.05~0.10ミリマイクロシーベルト程度しかなかったため、そもそも、空母の
    燃料である原子力はどうなんだ? という疑いがあると思います。

    アメリカ人は、何もかも大袈裟に言い触らすため、そもそも信用出来ない。
    米軍は、その後、福島第一原発から約80キロ程離れた、仙台空港を基地として
    活動をしたが、仙台空港付近で誰かが被曝をしたという話は、一切聞いた事
    すらない。

    『トモダチ作戦で被ばく』米兵による東電訴訟の継続、連邦地裁が認める

    トモダチ作戦では、アメリカ海軍の原子力空母『ロナルド・レーガン』に
    乗船していた約5,000人の水兵たちが、東北地方沿岸の海域で被災者の捜索や
    救援物資の輸送など、約80日間にわたる救援活動を行った。 しかし、東電が
    アメリカ軍に、福島第一原発の事故で放出された放射性物質の降下範囲などを
    正しく伝えなかったとして、ロナルド・レーガンの乗組員8人が2012年12月、
    東電に対して総額1億1000万ドル(約94億円)の損害賠償などを求める訴訟を
    起こした。 レーガンは現在、アメリカ西海岸のサンディエゴを母港として
    いる。

    ところが連邦地裁は2013年11月26日、この訴えを退けた。訴訟では『東電が
    日本政府の了解をとった上でアメリカに嘘の情報を提供したか』が争われ
    たが、これが同裁判所の権限を超えたと判断されたためだ。そのため、
    原告の弁護士は『今後、日本政府との共謀を主張せずに東電を訴える』と
    述べていた。

    そして2014年2月6日、原告団は提訴内容を変更した新たな訴訟を起こした。
    損害賠償の金額を未特定額に変更したのほか、健康診断や治療を行うための
    10億ドル(約1090億円)規模の基金の設立などが追加された。

    その後、救援活動に参加したほかの兵士や家族も加わり、原告の数は約200人
    まで増加。さらに、東電だけでなく原発メーカーの東芝やGEなども被告の
    対象に含めることも追加で求めている。

    東電は日本の裁判所で審理を行うべきだと主張したが、ジャニス・
    サマルティーノ判事はこれを退けた。『日本の裁判所での審理は適切な
    選択肢だ』としながらも原告の健康上の理由からアメリカで行うことが
    合理的と判断したためだ。

    また、『原子炉の破壊と放射性物質の放出は、企業の過失によって起こった
    もので、地震や津波によるものではない』とされ、さらに、東電が現在、
    福島第一原発の周辺住民に対しても被ばくに関する同様の責任を負っている
    ことから、原告の主張を却下するよう求める東電側の主張も退けた。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    常磐線の特急の名称に『ときわ』が復活。 以前、常磐線経由で、上野~仙台間を
    結んでいたのが急行『ときわ』。 東北新幹線開業後は、大幅にその本数が減らされて、
    上野駅へ東北新幹線が乗り入れた際に全廃。 常磐線の優等列車は、それ以来、
    『ひたち』のみだった。
    22001974024
    その後、この『ひたち』には、『スーパーひたち』と『フレッシュひたち』が追加となったのだが、
    仙台まで1日4往復していたのは、『スーパーひたち』。 2011年の3月14日のダイヤ
    改正では、この『スーパーひたち』がいわき駅で2つに完全に分離され、南側を
    『スーパーひたち』、北側の愛称が決まらないまま、津波災害と原発事故を迎えてしまった
    ため、結局、仙台~いわき間での新名称での特急の運行は一度たりとも行われていない。
    hqdefault
    常磐線の仙台~いわき間では、福島第二原発のすぐ隣りを通過するため、原発が非常に
    良く見えるのだが、事故を起こした、福島第一原発の場合は、車窓からも見えるものの、
    若干遠い場所にあるため、余り見る事は出来なかった。 個人的に、仙台~いわき間の
    特急の名称が『ときわ』だと思っていたのだが、これ以外で、常磐線を走っていた優等列車は、
    『みちのく』と『ゆうづる』しかないため、将来的に、常磐線が全線で再開をした際には、
    このどちらかの名称になるかも知れない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    福島第一原発の1号炉の屋根の取り外しが始まったという事で、久しぶりに自宅で
    線量を計測したみたところ、0.14ミリマイクロシーベルトだった。 雨の日は、若干
    線量が上がるので、普段通りの計測値でした。 

    GE社製のこの1号炉は、元々実験用として建設したもので、事故を起こす前までは、
    年に2~3回程度、しかも、年間のうち、数週間程度しか運転しておらず、それ以外の
    期間は、常に冷却を余儀なくされるという、ハッキリ言って、単なるお荷物溶鉱炉だった。

    それでも、アメリカに文句を言えないのは、やはり植民地だからなのでしょうか。
    燃料棒は、今では、メルトスルーして、地中深くめり込んでいると思われます。
     
    123

    原発の心配はするが、そこに住んでいる人たちの心配はしないという、エゴ丸出しの
    この世の中。 福島の県知事の心配はするものの、原発で働く人たちや、その周辺の
    市町村には全く関心がないという、かなり偏った状態となっているが、震災後、新幹線の
    仙台⇔福島・郡山間の乗車率が、かなり上がったのは、家族だけ仙台に住まわせて、
    旦那だけひとりで福島に通っているため。

    100%東京電力の施設である福島第一と第二原発の電力は、100%関東へと送電
    されているため、福島の人たちは、その電力を使っておらず、放射性物質だけを
    散々ばら撒かれて、後は知らん振り。 今でも福島の火力発電所と水力発電所からは、
    電力が関東へと送電されています。 それを主に使用しているのは、東京都です。

    全く目に見えないものとの戦いとなるため、様々な憶測が飛び交っておりますが、
    遠くに住んでいる人に限って、より大袈裟になるのは何故? 被災直後に、何人かの
    海外在住の女性と何度も議論を交わした事がありますが、皆自分がそこに居るための
    根拠が欲しいだけで、現実を見ていないと感じました。 放射性物質は、何でも
    怖がれば良いのではなく、正しく怖がりましょう。

    尚、福島よりも遥かに高い津波に襲われた女川原発が、とりあえず無事だったのは、
    福島第一原発よりも、15メートル程高い場所にあったため。 福島第一原発も、
    元々は山だったところをわざわざ切り崩して建設したため、こんな事故へと繋がり
    ました。 但し、その女川原発も、全くの無傷だった訳ではありません。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    常磐自動車道が、いよいよ全線開業します。 ここで問題になるのが、事故を起こした、
    福島第一原発の真横を通過するという事。 ついでに言うと、福島第二原発のすぐそばも
    通過します。 先日の国道6号線の全線再開に続き、今回の常磐道の全線開業は、
    福島第一原発の事故を完全無効化にするための、国策なのではとすら思える程。
    12月9日に、福島第一原発から最寄の浪江~常磐富岡間を除いて、先行開業し、
    来年のGW前までに、原発すぐそばの浪江~常磐富岡間が開業するとか。



    これにより、東京⇔仙台は、東北道に続いて、この常磐道でも行き来出来るように
    なるのだが、下手をすると、高速バスも、こちらの常磐道を通ってしまう可能性が出て来て
    しまうため、よくよく確かめないと、期せずして、福島第一原発の真横を通過する事と
    なります。 距離にすると、東北道よりも常磐道の方が、若干遠くなるのだが、常磐道の方が
    平坦なため、むしろ、こちらがメインルートになってしまう可能性もあり。 溶鉱炉が
    4つも水蒸気爆発(その内1つは、プルサーマル炉)した原発のすぐそばを、世界で初めて、
    高速道路が開業するというのは、正気の沙汰ではありません。 このままでは、
    原発事故は、なかった事にされてしまいます。 ポジティブバカとは、こういう事も
    仕出かしてくれるんですかね。

    10001537_953596711324417_5351604975628171540_n

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    福島第一原発の1号機は、津波前の地震で既に破壊されていたと、前々から言われており、
    元々が、GE社製の欠陥溶鉱炉であるため、年に数回程度しか稼動していなかった。

    10525963_722352527858355_1196704707354689795_n

    福島第一原発は、100%周囲を東北電力に取り囲まれているため、災害時に、約1ヶ月間に
    渡り、この原発に電力を送り続けたのは、東京電力ではなく、被災地の東北電力。 しかも、
    福島第一原発は、100%東京電力の施設であるため、福島の住民達は、この電力を一切
    使用してはいない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ