多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:神童

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1612年、徳川秀忠によってキリスト教の禁教令が布かれた。 当時天草は、
    関ヶ原の戦いに敗れたキリシタン大名、小西行長に代わり、唐津領主、寺沢広高が
    治めていた。
    人々は実際の石高の2倍にあたる重い年貢に苦しめられていたが、更に禁教令が
    布かれたため、ママコフ神父は、信仰を禁止された天草の民に向かって『25年後、
    16歳の天童が現れ、パライゾ(天国)が実現するであろう』との預言を残し、
    マカオに追放されたと伝えられている。 その後、大凶作に見舞われた天草の
    人々は、信仰の禁止と厳しい年貢の取り立てに増々追いつめられて行った。

     

    そんな折、16歳の少年、天草四郎が現れ、天草一揆軍の最高指導者となった。
    天草四郎は、元和7年(1621年)、あるいは、元和9年(1623年)に生まれたと
    されており、寛永15年2月28日(1638年4月12日)に島原の乱で討ち取られるまで、
    最高指導者とされた江戸時代初期の切支丹である。 本名は益田四郎で、諱は
    時貞と言った。 豊臣秀吉の息子である、豊臣秀頼の落胤であったとする伝説も
    あるが信憑性は低い。

     

    口之津(長崎県口之津町)で年貢が納められなかった家の妊婦が、寒中の川に
    さらされ、殺される残虐な事件を機に、民衆の怒りが爆発。 天草四郎を総大将
    として、まず島原で火の粉が上がり、一揆群は大島子の戦い、町山口川の戦いで
    勝利を収め、勢いに乗って富岡城を攻めたが、難攻不落の富岡城陥落をあきらめ、
    次は海を渡って原城へ向かったものの、3ヶ月間の籠城の末、大勢の幕府軍に
    敗れてしまった。

    【天草】
    IMG_8642
    IMG_8646
    IMG_8627
    IMG_8624
    IMG_8650
    IMG_8653
    IMG_8655
    IMG_8661
    IMG_8668
     
    熊本県天草市にある天草四郎メモリアルホールでは、天草・島原の戦いの発端や、
    天草四郎の人柄、南蛮文化などを詳しく展示してあり、そのすぐ傍らには、
    天草四郎の墓がある。

    天草四郎メモリアルホール
    IMG_8675
    IMG_8677
    IMG_8679
    IMG_8680
    IMG_8681
    IMG_8684
    IMG_8692
    IMG_8704
    IMG_8706

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    モーツアルトが、オーストリアのザルツブルグに生まれたのは、1756年のこと
    だった。 『神童』と呼ばれた彼は、大司教の宮廷副楽長だった父に連れられ、
    幼い頃からヨーロッパ中を演奏旅行に出掛けた。 モーツアルトの滞在を示す
    銘板が、各地で誇らしげに掲げられているのは、このためである。



    ザルツブルグには、モーツアルトの痕跡が至る所にある。 生家に住居、銅像、
    モーツアルトの名前を冠した『モーツアルト クーゲル』というチョコレート
    まである。 しかし、神童を迎え入れる宮廷はどこにもなかった。 ザルツブルグ
    もモーツアルトを評価した訳ではなかった。 父親の口利きで、何とか大司教に
    召し抱えられたものの、袂を分かち、ウィーンに移り住んだ。 順風満帆の筈
    だったが、華々しさの裏で、浪費癖は治らず、ギャンブルに明け暮れ、生活は
    逼迫した。 そして、数多くの名作を作りながら、わずか36歳でこの世を去った。



    ザルツブルグ音楽祭(Salzburger Fetsspiele)が始まったのは、1920年の事だった。
    1842年にモーツアルトの没後50周年を記念して開かれた音楽祭が基となった。
    モーツアルトの世界的な評価が高まり、ザルツブルグにもようやく認められる契機と
    なった。 それが、音楽、オペラ、演劇と総合的な音楽祭へと発展した。

    フルトヴェングラー、ベーム、カラヤンや、輩出した芸術家達が音楽祭を牽引して
    来た。 音楽祭の舞台のひとつ、『岩窟乗馬学校(Felsenreitschule)』は、元々、
    大司教が乗馬競技を見学するために創られた。 メンヒスブルグの岩盤を繰り
    抜いて造られた見物席がそのまま舞台に活かされている。 隣接する祝祭劇場は、
    世界最大級の舞台で、音響に細心の注意が払われて設計されている。
    ザルツブルグ音楽祭は、毎年7月から8月までの夏の期間に開催されている。



    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ