多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:神社

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    2011年3月11日の巨大地震発生時、宮城県石巻市の離島・金華山の港では、
    最終便となる定期船『ホエール』(19トン、72人乗り)が鮎川港への出発を
    待っていた。 突然の大きな揺れと津波の恐怖。 乗客を守るため、乗員は
    瞬時の判断を迫られた。

    逃げる その時 金華山定期船(石巻)
    出典:河北新報 2011年6月30日

    af9d50f0.jpg

    大きな揺れが港を襲った瞬間、待合所にいた乗客の男性2人が青ざめた表情で
    船に飛び乗った。 午後3時の出発を待っていた『ホエール』。 待合所には、
    他にも黄金山神社の参拝客とみられる十数人がいたが、一様にどうしていいか、
    分からない様子だった。

    ホエールは地元の金華山観光が運航する小型旅客船。 この日は非番の船長に
    代わり、機関長の鈴木孝さん(63)が、かじを取っていた。 揺れから約5分後に
    突然、潮が上がり始めた。

    『まずい』。 鈴木さんは船をバックさせ、いったん岸壁を離れた。 無線から
    金華山観光社長遠藤得也さん(70)の声が響いた。 『客を乗せて沖に避難
    してくれ』 再び接岸して残りの客を乗せようか。 鈴木さんは迷ったが、
    岸壁は既に水没しかけている。 『だめだ。間に合わない』
    『危ないから神社に逃げて』。 鈴木さんは陸にいる人たちに船のマイクで
    何度も叫ぶと、全速力で沖を目指した。

    左手の金華山沖から、ものすごい高さの黒い波が迫った。『幅500メートルぐらいは
    あったか』。 鈴木さんは必死で逃げた。 鮎川港で地震に遭った遠藤社長は
    同じころ、海上タクシーとして使っている『くろしお』を>守るため、沖に
    向かって出港。 操舵室から全速力で逃げるホエールが見えた。

    金華山にぶつかった波がホエールを追いかけているかのようだった。

    8c295566.jpg

    遠藤社長が振り返る。 『お客さんのことと自分の安全確保のことで、頭は
    パニックだった』 ホエールに乗り込んだ2人は、宮城県大和町の無職甘竹
    三郎さん(67)と仙台市太白区の無職三浦正靖さん(67)。 石巻高OBで
    つくる山歩きサークルの例会で金華山を訪れていた。

    甘竹さんは『白波を立てて津波が迫ってきた。 船にぶつかったら、終わり
    だと思った』と言う。 サークル仲間で仙台市青葉区の山岳写真家東野良さん
    (67)は、待合所から避難する途中、沖に逃げるホエールを手持ちのカメラで
    撮影。 『とにかく無事を祈りながらシャッターを押した』

    2隻は牡鹿半島の先端、黒崎灯台から約5キロ南まで避難。 金華山と牡鹿半島の
    海峡は、引き波で海底が露出するほどだったが、その海域を脱したホエールは
    無事だった。

    2隻は金華山と網地島の中間点で一夜を明かした。 余震は収まらない。
    サーチライトで照らし出された海面には、無数のがれきが漂っていた。
    ホエールには鈴木さんと客2人の他、乗務員2人が乗船。 恐怖で眠れない
    甘竹さんに、乗務員は励ましの言葉をかけた。 『水も食料もある。大丈夫。
    無事に帰れる』

    翌12日、遠藤社長は沖に避難していた数隻の小型船の助けを借り、ホエールの
    乗客と、黄金山神社に避難していた計約30人を鮎川港に搬送した。

    鈴木さんが鮎川港に上陸できたのは、地震発生から3日後の3月14日。
    『あの時、全員の乗船を待っていたら、きっと助からなかった』

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    あなたの「パワースポット」はどこですか? に参加中!

    相模一宮寒川神社は、日本の中でも最も霊験あらたかな、八方除けで有名な神社。
    厄除けで有名な川崎大師は、元々は、人間であった弘法大師が開山したもので
    あるが、こちらは、そもそもが神様。 八方除け以外にも、厄除け、方位除け
    でも有名な神社。 尚、寒川神社への最寄り駅は、寒川駅ではなく、そのお隣の
    宮山駅が最寄り駅。 尚、こちらのJR相模線は、自動ではドアが一切開かない。

    【JR相模線】
    IMG_3109
    IMG_3112
    IMG_3115
    IMG_3120
    IMG_3124
    IMG_3129

    寒川神社には、何故か、ぬぶたが飾ってあり、関東では非常に珍しく、東北への
    メッセージを掲げている。 お守りも、特に、八方除けが豊富に取り揃えられて
    おり、最後に巫女さんから、『よくお参りでした』と声を掛けられるのが、
    習わしとなっている。 八方除けとは、八方塞がりに効くお守りのことで、家相、
    地相、方位、日柄等から来る全ての悪事災難を取除くご祈願の事。 いわゆる、
    方災厄除の神としての信仰であり、あわただしい現代社会では、住居、方角、
    運勢などの吉凶を判断しても、支配している法則に従って行動する事は、不可能と
    言える。



    八方除けとは、特に八方塞がりのような九曜星の巡りによる災難、また
    九曜星の巡りに関わらず、各人・各家の強気、日柄、地相、家相、方位等の
    事柄に生じる災難、悪神、邪神の四方八方からの侵入を防ぎ、神様の御神威に
    より、これからの出来事が好転、向上するようご祈願することを言う。

    【相模一宮寒川神社】
    IMG_3133
    IMG_3140
    IMG_3131
    IMG_3145
    IMG_3154
    IMG_3165

    初詣とは、自分の地元の神社に行くものではなく、自分に合っている神社に
    行かなければ、意味がない。 自分に合わない神社にお参りすると、むしろ、
    マイナスとなるため、注意が必要。 人どれぞれによって、最も合っている
    パワースポットは、異なるため、占い本等を活用して、自分に適した神社、
    仏閣、パワースポットを選びましょう。

    【境内にある屋台】
    IMG_3178
    IMG_3179
    IMG_3161
    IMG_3184
    IMG_3187
    IMG_3188

    夜の寒川神社は、決して交通の便の良い場所ではないにも関わらず、日本一の
    八方除けの神社であるため、かなり混み合い、年間で、約40万人の参拝客で
    賑わいます。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    どんな初夢見ましたか? に参加中!

    どんと祭は、宮城県を中心に呼ばれる祭りの呼称である。 他地域では、
    左義長やドント焼きなどと呼ばれる祭りと類似しており、神社の境内などで
    正月飾りを焼き、御神火にあたる事で、一年の無病息災・家内安全を祈願する。
    特に宮城県内各地の神社で盛んに行われており、仙台市にある国宝
    大崎八幡宮の『松焚祭』(まつたきまつり)が宮城県最大規模である。

    photo

    宮城県内の場所によっては、裸参りを行うところと、行わない場所がある。
    多くの地域では、小正月の前日の1月14日夕方から行われるが、岩手県の
    盛岡八幡宮では1月15日に行われ、福島県の西根神社では、『うそかえ祭』
    と一緒になって数日間開催される。 また、宮城県石巻市では1月7日に
    行われる。 石巻の場合は、新生活運動により1970年代に前倒しが定着した
    ものとされる。

    松の内(門松を飾っている期間)が終わると漁が始まるため、石巻漁港
    (1973年(昭和48年)に特定第三種漁港に指定)を擁する同市では、
    新生活運動が謳う「合理的民主的な生活慣習の確立」に従って松の内を
    県内他地域より短縮した。

    donto

    参拝者の一部は裸参りを実施している。 宮城県内各地の裸参りは大崎八幡宮
    における裸参りとおおむね同様の装束・方式で実施しているが、同県登米市
    迫町・津島神社の『佐沼どんと祭裸参り』では提灯ではなく松明を持って
    参拝し、同県角田市の『かくだどんと祭り裸参り』では、鳥追い棒を持って
    『ヤー、ホイホイホイ』の掛け声とともに町中を練り歩き、盛岡八幡宮では、
    紙のハサミを持って特徴的な振りをしながら行進するなど、地域によって
    一部違いがある。 

    神社で行われるのが一般的だが、神仏混淆の中山鳥瀧不動尊、あるいは、
    定義如来や仙台大観音などの寺でも行われており、白山神社の別当寺の立場に
    ある陸奥国分寺では、裸参りも実施される。 また、岩手県奥州市江刺区では
    大通り公園で、釜石市大渡では、甲子川河川敷で開催するなど、神社・寺以外
    での開催例もある。 さらに、宮城県登米市では石越総合運動公園で
    『石越どんと祭冬の花火大会』が実施されており、イベント性が高い。



    【松焚祭】
    仙台市都心部北側の北山丘陵西部にある大崎八幡宮で行われる年中行事で、
    300年の歴史があるとされ、2005年(平成17年)に仙台市の無形民俗文化財に
    指定された。 市内各地から当社を目指して歩く、裸参りが特に有名である。
    例年約10万人の人出で賑わい、神社前の国道48号と接続道路は交通規制が
    なされ、バスやタクシー以外の進入が出来なくなる。 また、市内各地から、
    参拝用のバスの特別運行がなされる(仙台市電があった頃は市電の特別運行
    もあった)。
     
    以前は20万人程度の人出があったとされるが、仙台都市圏の拡大や郊外
    居住者の増大により、人ごみを嫌った参拝客が他の最寄の神社のどんと祭に
    流れるようになった事と、また、成人の日が1月15日ではなくなった事により、
    その前夜のお祭りの意味もあったどんと祭に参拝しづらくなったため、
    大崎八幡宮への参拝客は減ってきた。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ