現在、非正規雇用社員の数は、既に約4割を突破しているが、一生派遣での生活が
定着すると、社会が破綻します。 非正規社員の経験ばかりで、正社員の経験がない
年代の最も上の世代は、現在、45歳前後ですが、その年代が、約20年後、65歳に
なった時、年金もまともには貰えず、預金も全く持てず、生活保護だけに頼る世の中が
来るとすれば、この国は間違いなく破綻します。

最近では、その派遣にすらなれずに、フリーターが激増しています。 派遣社員も、
時給1,500円を上回っていれば、都内では、なかりましな方です。 ボーナスはもちろん
のこと、交通費や有給すらまともには貰えず、職歴の蓄積にはならないため、この先、
日本の技術力は、確実に落ち込みます。 単に先に生まれたという安易な理由だけで、
大した学歴もないのに、大企業に入れたバブル世代と、その人たちが全く辞めない事に
より、新たな雇用が生まれず、それ以下の世代には、まともに働く機会すら与えられ
ません。

CFiH21EUMAAzSt

現状、派遣社員は、正社員の尻拭いをするような存在で、正社員は、特に何も出来
なくても、仕事を右から左に丸投げするだけで、高給取りとなっているが、それを何もかも
丸投げされる派遣社員の方は、その給与も、正社員の3分の1程度。 現在の日本の
正社員の平均年齢は、既に50歳前後となっているため、後10年も経過すると、正社員
自体が、殆ど居なくなってしまいます。 日本の場合は、転職が出来づらいではなく、
転職を悪と捉えている人間が多過ぎるため、まともな転職自体がもう出来ません。

転職した時点で、収入が半分~3分の1になったとかは、よくある話。 例え、リストラを
したとしても、転職能力のある有能な人材から率先して出て行くのが普通。 年功序列は、
既に過去の遺物。 実力を完全無視して、無能な人材だけを助ける社会は、もう終りに
すべきです。

一生ハケンは社会の時限爆弾

>>トップページに戻る

クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村