多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:社会批判

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ヨーロッパなどの国際社会では、社会批判が社会の抑止力として機能をしており、
    特に、何もかも否定をするのが当たり前のフランスでは、この傾向が強い。 では、
    どうして、社会批判が、社会の抑止力になり得るのかと言うと、様々な視点から
    物事を見る事が出来るからである。

    例えば、日本のように、肯定的な意見しか許さず、皆同じような意見の人間ばかりで
    凝り固まってしまった場合、誰もそれを止める事が出来ずに、あらぬ方向に社会が
    進んでしまう事が多々ある。 同じような意見ばかりを述べていると、例え間違って
    いたとしても、誰もそれを否定出来なくなるため、抑止力が利かなくなるのである。

    そもそも、社会批判をする際には、それなりの知識が必要となり、当然、自分の頭で
    色々と考えなければならないのだが、思考停止社会では、それが出来ず、何もかも
    上からの言いなりとなってしまうため、他者と異なる事を極端に恐れる、いわゆる、
    監視社会となってしまう。

    3cac60c2

    日本社会が息苦しいと言われているのは、正にこの点で、一度過ちを犯したり、
    道を外れてしまうと、二度と全うな道には戻れないため、自殺者が後を絶たない。
    国が国民を治める場合、何も考えずに、意見も言わない国民の方が当然コントロール
    しやすいため、いわゆる、独裁国家では、このような状況に陥りやすい。

    独裁社会でもない日本が、このような状況に陥ってしまったのは、ひとえに、政治が
    原因であり、ちょっとしたネガティブな話題ですら一切許さない、許容性のなさから
    来ている。 政治批判すらままならない日本の社会には、絶望を通り越して、
    恐怖すら感じるのだが、たった一人がクレームを言い出しただけで、一々右往左往
    する社会にも疑問を感じる。

    0400

    そもそも、日本には、無責任な言論の自由はあるものの、責任を伴った言論の自由は
    存在していない。 よって、適当な事柄は、散々意見されるものの、実際に困った
    状況に陥った際には、見捨てられる事が多い。 綺麗ごとばかりを言っている間に、
    現実をまともに見る事すら出来ない人間が多くなったのではないだろうか。

    680x335

    『前向き』や『ポジティブ』を常に口にしている人も多いのだが、本当の『前向き』や
    『ポジティブ』とは、ネガティブな事柄や、不都合な事実にふたをして、見て見ぬ振りを
    する事ではない。 本当の『前向き』や『ポジティブ』とは、ネガティブな事柄をしっかりと
    受け止めた上で、プラス思考で居られる人たちの事。 よって、ネガティブな事柄を
    全く受け入れられない人達は、単なるネガティブ。

    社会批判や政治批判は、決してネガティブな事柄ではない。 堂々と自分の意見を
    公の場で述べる事こそが、言論の自由であり、ひいては、社会浄化へも繋がって行く
    ため、間違っていると思う事柄は、どんどんと否定して行った方が良いと思う。
    多様性を認め合える社会こそが、真の自由主義なのではないだろうか。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    日々の出来事 に参加中!

    基本的に、肯定的な事を余り書かないため、日本に住んでいると、かなりマイナス
    思考な人間だと思われがちなのだが、社会批判が大人のたしなみとされている
    フランスの場合は、日本とは事情がまるっきり逆で、余り肯定的な事ばかり
    言っていると、無教養だと思われる。

    否定的な事を述べる際には、実はかなりの知識が必要で、それなりの材料が揃わない
    場合には、否定的な言葉すら出ない。 むしろ、肯定的な事柄ばかりを述べている
    方が、逆に何の質問もされないため、楽な選択とも言える。

    何も知識がない事柄を否定する場合は、感情で訴える以外方法がないため、支離
    滅裂な状況で終る場合が殆どで、実は日本人には、このタイプの人間が非常に多い。
    何となく怒っている雰囲気を醸し出していれば、周囲がそれを察して、それなりの
    対応をしてくれるため、結局はそうなるのだが、個人的に、感情だけで押して来る
    人間を可哀想とは全く思わないため、言いたい事があれば、もったいぶらずに
    ハッキリと言って欲しいのだが、言葉にならない感情を後生大事にしている国民性で
    あるため、話が先に進まない。

    自分でも訳の分からぬ感情を他人の問題に摩り替えて、こちらのせいにされても、
    正直迷惑なのだが、元々日本では学校教育で、自分の意思を明確にする事を学習
    してはおらず、尚且つ、他者と異なる事を極端に嫌う国民性であるため、正直、
    何を考えているのかすら良く分からない。 より正確に言うと、特に何も考えては
    いないのであろう。

    10

    日本で生活をしていて、最も息苦るしいと感じるのは、ひとつの答えだけを当たり
    前のようにこちらにまで強要されるところ。 多数派に身をゆだねている方が確かに
    楽ではあるが、それでは、何の成長もない。 異なる意見をぶつけ合い、切磋琢磨
    したいのだが、日本の場合は、異なる意見を相手にぶつけると、ドン引きされる
    ため、何でも相手に合わせて、とりあえず、うやむやにするのが通常。 そもそも、
    答えは、その見方によって、ひとつだけとは限らない。

    結局のところ、答えがあったとしても、あえて出さないのだが、極度の同調性は、
    単一性ばかりを生み出し、最終的には、自分のままである事すら許されず。
    日本語の『大人しい』とは、元々は『大人らしい』の意味であるが、現在では、
    『無口である』と同義語。 よって、日本で大人らしい振る舞いとは、一切何も
    答えない事となる。 強いて言えば、『奥ゆかしい』となるが、それを周囲が
    過保護に構い過ぎるのには、疑問を感じる。

    com_img01

    日本は、単一民族、単一言語と良く言われるが、元々の日本は、縄文人が住んでいた
    ところへ、朝鮮半島から弥生人やポリネシア系他の海洋民族が入った混血である
    ため、決して単一民族ではなく、しかも、地域間の方言差が大きいため、単一言語
    でもないが、国をひとつにまとめるためには、何もかもひとつとしておく方が、
    国民を管理しやすいからなのだろうか。

    国際的に、コミュニケーション能力が高いとは、自分の意思を明確に、かつ、
    分かりやすく相手に伝えられる能力を指すが、日本の場合は、相手の言いたい事を
    如何に察するかにその重点が置かれている点にも、その違いがハッキリと現れて
    いる。

    異なる言語や文化を学ぶと言う事は、全く異なった思考を身に付けるのと同じ
    であり、ひとつの言葉を習得する度に、色々な異なる答えを見つけるための手段の
    数も増えるのである。

    欧米のエリートはなぜ「NO!」と言うのか

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    日々の生活 に参加中!

    『雇用の改善』や、『雇用の場の確保』などという言葉すら、政府の口からは聞かれなく
    なって久しいが、それでは、本当に日本の雇用状況が改善したのかと言うと、全くの
    真逆で、年々正社員の雇用の場が減っているため、雇用が既に崩壊しているのが実情。
    中高年層に至っては、既に、雇用自体が完全に崩壊しており、インターネット上で気軽に
    登録が出来る、人材紹介会社にいくら登録をしたところで、年齢制限により、全て対象外
    とされてしまうため、まともな転職すら出来ない。 最近では、コンビニのアルバイトには、
    必ず中高年層が働いており、その崩壊具合は、益々酷さを増すばかり。

    gn-20130204-28

    労働基準法では、基本的に、年齢制限や、男性、または、女性限定のみの求人広告を
    禁止しているものの、それは、単なる建前で、実際は、その名称さえ変更すれば、
    何でもまかり通るのが、日本社会。 その良い例として、派遣労働法では、就労前の
    企業との「面接」なるものを禁じているが、実際は、『お顔合わせ』という名の面接を
    しないと、実際には企業では働く事が出来ない。

    2_19443_1

    某パソナ会長が先頭に立ち、日本から正社員をなくせとの話まで、飛び交っている昨今
    では、『終身雇用』なるものも、完全に昭和の遺物と化し、それならば、まずは、自分が
    派遣社員にでもなれと言いたいところ。 現代の日本社会においては、誰も何の責任も
    取らないため、何もかもが「自己責任」とされてしまい、何も知らない人の場合は、騙される
    だけの社会となっております。 いかなる手を使ったとしても、金儲けをした人間だけが
    勝者とされ、日本では、社会的弱者へのセイフティーネットすらまともには整備されては
    いないため、毎年自殺者が後を絶たず。 

    大量生産、大量消費、大量廃棄の名の下、人材も全く同様の扱いで、機械ですら、毎日
    使えば、壊れるのが当然なのにも関わらず、そのような環境の職場では、連日、人柱に
    よる人海戦術により、何とか社会が回っている始末。 日本では、自分のままで居る事は
    許されず、あくまでも、こき使われるか、または、こき使うかの2者択一しか存在せず。
    単に、その場に長く居座っているだけで、自動的に給与が上がる社会システムにもかなり
    無理が生じており、無能な人材に埋もれ過ぎて、有能な人材を殺しているのが、日本社会。
    そもそも、企業に入る事がゴールとしている人間が多いため、人生でのピークは、正に、
    入社時のみで、後は落ちぶれ果てて行くばかり。

    そのような社会であっても、全体主義を強化すれば、何とか誤魔化せていたものの、最近
    では、そのほころび具合も世界的に見ても珍重で、今度は、それを隣国のせいにしては、
    政府が率先して、国民への国粋主義を煽る始末。 そもそも、無能な人間に欠けている
    のは、現状を正確に判断出来ていないところであり、単に好きか嫌いかだけの、いわゆる、
    わびさび論に終始している時点で、幼稚極まりなし。 この国が好きであれば、何をやった
    としても許されるという独自の理論は、かなり意味不明で、嫌いな事であったとしても、
    やらなければならない事は山ほどある筈なのにも関わらず、それをしないのは、単なる
    怠慢。

    GDP-thumb

    西欧社会では、社会批判が、かなりの割合で、社会的な抑止力の働きをしているが、
    結局のところ、何でも肯定する事以外許されない日本社会においては、世論や民意や
    社会批判が社会を動かす事すらままならず、いつまで経っても一切何も変わらず、
    その場で足踏みをしているだけ。 社会や自分を変えるためには、まずは、悪い点に
    気付き、そこを改善するところから始めなければならない筈が、日本では、それすら認め
    ない人間が多過ぎるため、日本はこの先も、一切変わらないどころか、益々酷い国に
    落ちぶれ果てるのでしょう。

    ブラック企業の求人ばかりが目白押しのハローワークでは、そもそも、ブラック企業に
    転職させられたとしても、特に何もしてはくれず、それを取り締まる立場である筈の労働
    基準監督署に至っては、職員が足りない事を理由に、ほぼ何もしてはくれません。

    ブラック企業が益々増殖して行くのは、この国自体がブラックだからに他なりません。
    他国であれば、訴訟問題にもなりかねない問題でも、日本では、平然と何事もなかった
    かのごとく、処理されております。 無駄なものばかり大量に存在しているのに、人権や
    まともな労働環境等の必要なものが全くないのが、日本だと言う事に国民も早急に気付く
    べきです。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本のマイナス面と真っ向向き合って勝負をしているため、最近では、何かと社会批判
    ばかりをしているのだが、『人の振り見て、我が振り直せ』という諺にもあるように、己の
    マイナスに気付かない者は、他人を批判する資格はそもそもない。
    82E6AEBAE3819B
    最近何かと話題の『ヘイトスピーチ』なのだが、元々、『弱い者虐め』が根底にあると思う。
    相手を受け入れられない人間は、相手からも受け入れられず、自分ばかりを押し付けて
    いると、いつしか、それが凝り固まって、更には、本来、良いものである筈の『愛国心』と
    合体して、『極右』と化している事に全く気付いていない。 愛国心とは、簡単に変化するもの。

    元々、日本はわびさびという右脳文化のため、単に好き嫌いだけでものを語っている人間が
    極端に多いのだが、個人的には、そのような感情は、無用なものだという考えであるため、
    感情ではなく、データでものを語って欲しいところ。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ