多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:社会問題

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    現代社会では、『経済格差』が深刻な社会問題になっているが、その格差社会の
    主な原因として、まず、雇用が非常に不安定な派遣規社員やフリーター、いわゆる、
    非正規雇用労働者の数ばかりが年々増大していることをあげることが出きる。

    2015年11月には、非正規で働く人達の割合が、初めて40%を超えたが、これは
    単なる全国平均であり、経団連に参加している主な大手企業に限って言うと、既に
    70%程度が派遣社員ばかりとなっており、正社員は、管理職のみという状況も既に
    全く珍しくはない。 

    sujidemir

    派遣社員や非正規社員は、企業側にとっては、便利で都合の良い社会の歯車で
    しななく、交通費やボーナス、挙句の果てには、昇給すら一切ないため、正社員との
    経済的な格差が広がるばかりである。 また、非正規雇用の身分のままでは、
    年齢が高くなるほど正社員への転換が難しいと言われており、アベノミクスで
    仕事が増えたと言っているのは、実際は、この非正規での雇用のみにほぼ限定
    されている。 

    jYbzvXlg

    この格差社会の問題点とは、所得格差の固定化、セーフティネットのあり方、
    高所得者と低所得者の階層の固定化がある。 派遣社員や非正規社員の給与の
    実態は、月収で20万円を割り込む人が多く、厳しい給与で働いている人ばかりが
    増え続けた結果、消費が落ち込み、経済が回らなくなった。 低所得で生活を
    している場合は、寝る間も惜しんでダブルワークやトリプルワークで務めている人も
    多いため、近年の関東の電車の車内やホームのベンチで、あられもない姿で寝崩れて
    いる人がめっきりと多くなった。

    派遣社員の主なデメリットは、正社員とは違い、働く期間が決まっている事や、
    働く企業の都合で解雇させられてしまう安定感の無さが常に付きまとい、いつ解雇
    させられてしまうのかといった不安が絶えない。 派遣社員と正社員の差は大きく、
    年収はもちろん、雇用の安定性、社員からの扱いも含め、派遣社員を取り巻く環境は
    年々厳しくなっている。

    【正社員とそれ以外の年収の比較】
    20160525134701

    ブラック企業の正社員に比べると、派遣社員は残業や責任も少なく、サービス
    残業もないため、気楽であるのは確かなのだが、やはり、長期的な目線で考えると、
    圧倒的に派遣社員は不利となっている。 派遣社員は派遣会社にかなりの割合の
    中間マージンを取られており、恒久的な時給アップは事実上不可能。 また、
    いくらでも代わりがいるため、無理に賃金アップを要求すると、即契約打ち切り
    となる。

    派遣社員から正社員になれるケースは、極々稀な場合にのみ限られ、実際には、
    ほぼその可能性はないと言って間違いはない。 派遣社員を正社員にするため
    には、派遣会社に雇用料金を払わなければならず、それであれば、新入社員を
    雇った方が安上がりということになるため、非正規での派遣労働には余り期待を
    するだけ無駄だと言えるのかも知れない。 尚、派遣社員として働いている人の
    約40%程度が、正社員になれないため、派遣として働いていると回答している。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    介護や保育関連、その他、福祉系の仕事は、かなり仕事がキツイ割には、
    給与も非常に安く、それプラス、正規労働者であったとしても、平気でクビを
    切られるので、日本の雇用環境が生んだ闇とも言える事件。 特に、関東の
    雇用環境は最悪なので、日本の雇用環境は、待ったなしのところまで来ていると
    理解すべき。

    この事件を個人の問題と捉えている人は、現在の日本の劣悪な雇用環境を理解
    出来てはいない。 関東では、自殺は日常茶飯事だが、その殺意が内側に
    向いたか、或いは、外側に向いたかの違いです。 いい加減、他人事だけでは
    済まさずに、自分の問題として考えるべき。 そのためには、まず政治が変わら
    なければならないが、今の日本にそれは期待出来ない。

    1607280050

    今の関東では、一度クビになったり、退職をすると、まともな転職先はないので、
    皆ブラック企業で死に物狂いで働いているが、それ以前も経済的に余裕が
    なかったところに、東日本大震災で完全に底が抜けたため、転職自体が出来なく
    なった。 そこへ更にアベノミクスで追い撃ちを掛けられて、他人の事など
    気に掛ける余裕すらなくなったが、現在の生きづらい世の中は、とどの詰まり、
    寛容性のなさから来ているため、社会の隙間に落とされた人間には、居場所
    すらない。

    この事件の犯人を批判するのは簡単だが、その前に、日本社会の闇を良く理解
    すべき。 事件が起きるのには、それ相応の理由があるはずだが、複雑に絡み
    合ったその理由を理解しない限り、単なる個人批判で終わるであろう。 日本
    では、何もかも個人のせいにして闇に葬り去る傾向が強いため、これを期に、
    社会全体の問題として総合的に考えるべき。

    現代日本社会は、皆ギリギリの精神状態で生きているため、最終的には、
    誰しもがこうなる可能性を秘めている。 特に、目標が高い人の場合は、理想と
    現実が反比例しているため、挫折を経験することが多い。 日本で幸せになれる
    のは、支配者になるか、バカになるしか道がないと理解しておくべき。 まとも
    ではない人達が支配している国では、まともな考えは生まれない。 その事を
    無視している限り、この国は変わらない。

    200000011

    安倍政権がこの事件に対して、暫くだんまりを決め込んでいたは、元々国民の
    命には関心がないから。 早急に対策を考えるとはしたものの、この障害者
    施設の安全だけを考えたところで、そもそもが、根深い社会問題であるため、
    その根本部分を変えない限り、何も変わらない。 結局は、口先だけなので、
    単なるパフォーマンスと言えるであろう。

    この種の事件は、『格差』が問題であるため、精神鑑定以前に、社会格差を
    何とかしない限り、このような事件は何度でも起きる可能性がある。
    ヨーロッパで最近頻発しているテロは、そもそもが、格差と差別が原因とも
    言える。 アベノミクスは、むしろ、この格差を拡大しているのと、社会的な
    問題を何もかも無視しているため、安倍張本人が、この事件の原因であると
    言っても過言ではない。

    日本は、民主主義の国などではなく、ひとつのことしか許さない全体主義の国
    であるため、ある種の『たが』が外れてしまうと、このような事件は、何度でも
    起きる可能性がある。 逆に、これまでこのような事件が起きなかった方が
    不思議なぐらいなので、別に驚くような事件ではないと思う。

    特に、関東は、人と人の繋がりが希薄なので、何をしようが、周囲が無視する
    ため、変な人間が特に多い地域。 日本が全体主義の国だと気付いてすらいない
    人たちの場合は、全て『自己責任』にしてしまっているが、その全体主義に
    馴染めなかった人間は、切捨てられて、闇に葬り去られるため、社会全体の
    考え方を変えない限り、このような事件は、今後も増えるため、単に、この事件の
    犯人だけの問題とは言えない。

    この事件を教訓として、この先、自分自身も何かの拍子で被害者にも加害者にも
    なり得るということをしっかりと認識しておくべきなのでは?

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    既に社会問題となっている、ワーキングプアの実情を調査するため、民間団体が
    インターネットによるアンケート形式の調査を行ったところ、驚くべき実態が浮かび
    上がった。

    vf2007_prg_02_1

    『20~39歳』『未婚』『年収200万円未満』を条件に、インターネットで広範な
    アンケート調査をしたところ、1,767人から回答があった。

    【4人に3人以上が親と同居】
    『親との同居』は、77・4%(4人のうち3人以上)。

    手取り月収は、
    『なし』が18・5%
    『15万円未満』が57%

    【収入に占める住居費(家賃)の割合】
    『30%以上』が57・4%
    『50%以上』が30・1%

    【収入から住居費(家賃)を引いた場合】
    『マイナス』が27・8%
    『10万円未満』が49・9% 

    この数字が示すのは、
    『2人に1人は家賃のために働いている』
    『4人に1人以上が自分の収入では家賃さえも賄えない』

    この20年間、労働者の収入は常に低く抑えられ、その割には、家賃は
    下落せずに高止まりしたまま。 当然、親の家に住まなければ、路上に弾き出される。
    今後、同居をしている親の世代が逝去した場合、この国の住宅事情は、どう変わるのか?
     
    PK2007120202169119_size0

    【生活環境の劣悪さは結婚観に表れる】

    『結婚したいとは思わない』…34・1%
    『結婚できるか分からない』…20・3%
    『結婚したいができないと思う』…18・8%

    4人のうち3人が結婚をあきらめている。
     
    income-30generation

    今や20歳~30歳の有職者のうち30%が年収200万円未満。
    (総務省・就業構造基本調査=2012年)

    20歳~39歳の未婚者の14・3%は無職。(国勢調査=2010年)

    ワーキングプアの生活実態調査は、決して偏った数字ではない。
    国の調査からも裏付けられているのだ。

    working-poor-more

    現在、就職難により、まともに正社員になれなかった世代の第一世代は、
    既に、45歳前後となっており、後、15年もすると、その世代が、預金すら
    持たない状態で、定年へと追い込まれる。 ワーキングプアの住宅事情は、
    『社会に仕組まれた時限爆弾』とも言える。

    日本政府による、家賃補助や、公営住宅の供給状況は、決して十分なレベル
    とは言えず、社会的なセイフティーネットが全くない状態で、、その補填は、
    全て企業側が行い、家賃補助等の対応をしてきた。 但し、日本の家賃補助は、
    先進国中でも、最低レベル。

    雇用者の約38%を占める非正規労働者は、当然、家賃補助など望むべくもない。
    既に、年金制度も破綻しているため、それに代わる、社会的な家賃補助制度を
    早急に構築しない限り、この状況は何も変わらない。

    労働者全体のうち、ワーキングプアは、約40%となっている。
    4人に3人が結婚をあきらめているようでは、人口は減る一方だ。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    『ポジティブバカ』は、マイナスな事柄を真っ向全否定して生きているため、マイナス面を
    一切受け入れません。 よって、すぐ目の前で、他人が苦しんでいようが、自分が幸せで
    あれば、関係ありません。 一見、前向きな人間にも見えますが、考え方が非常に
    薄っぺらいため、すぐにボロが出ます。 元々の考えか方が非常に暗く、それを可能な
    限り排除ようと、躍起になっているため、こうなったものと考える事も出来ます。

    一方の『ネガティブバカ』は、何に対しても、一々文句ばかりを言い、挙句の果てには、
    ありもしない妄想に取り付かれて、一切現実を見ようとはしません。 自分の努力が
    足りない事は完全に棚に上げて、他人の足を引っ張っては、それを自己主張だと
    思い込んでいます。

    どちらも、自分の考え方を否定されると、急に感情的になるのは、同じですが、
    『ポジティブバカ』の方が、苦言や、社会問題を否定的に捉えており、そういうところこそ、
    肯定すべきところを、逆に否定しているため、より有害度合いが高いのは、
    『ポジティブバカ』です。 『ネガティブバカ』は、自分の考え方が受け入れられない場合
    には、行動がますますエスカレートして行くため、どちらも、相手にしないのが、賢い
    生き方かも知れません。

    『ネガティブバカ』は、議論にもある程度対応出来ますが、『ポジティブバカ』は、その知識
    すらないので、何も言い返す事すら出来ません。 どちらも、白か黒かだけで生きて
    いるため、両者の妥協案はありません。 

    10388083_951548994862522_6896065788548125260_n

    >>クリックをお願いします☆



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

    このページのトップヘ