重要伝統的建造物群保存地区の大内宿までの日帰り旅行。 まずは、
長岡駅前でレンタカーを借りて、新潟と福島の県境にある峠超えに挑みます。
県境の峠を越えてすぐのところに、田子倉湖を展望出来る展望台があります。
遊覧船も運航しているという、かなり大規模な人造湖です。 尚、長岡側から
行くと、新潟と福島の県境付近は1時間程度に渡り、電波が入らなくなるため、
俗世間に未練があるお方は、その手前で用事を済ませるべし。



田子倉水力発電所は、電源開発(J Power)が建設した、関東へ送電する
ためだけの施設となっており、現在、電源開発は、この他にも、青森県の
大間にも原発の建設を進めており、こちらも関東へ送電することのみを目的
としているため、地元でこの電力が使われることはありません。

福島県は、東日本大震災で被災前するまでは、日本一の発電力を誇る県でしたが、
現在2つある原発は停止中となっており、残りの火力と水力発電所の殆どが
東京電力、あるいは、電源開発の施設となっています。 実際に福島の人たちが
使っている電力である東北電力の発電所は、ほんの数箇所のみ。 福島の原発
事故は、この歪んだ送電方法が生み出した事故とも言えるため、関東へ送電する
ための施設は、原発に限らず、福島からは出て行くべきです。

福島から電気だけを送電して貰い、事故で巻き散らかされた放射性物質は、全て
福島に押し付けているのが、今の関東の実情です。 都内各地で開催されている
脱原発集会では、このような不都合な事実は一切公表されていため、インテリぶって
脱原発を声高に叫んでいる人たちでも、この事実を全く知りません。 よって、
自称リベラルが主張している内容は、かなり間違っています。 関東の学校では、
このような事実は教えずに、伏せています。

IMG_1989
IMG_1993
IMG_2001
IMG_2007
IMG_2015
IMG_2026
IMG_2030
IMG_2029
IMG_2017

会津地方のお土産は、起き上がりこぼしと絵ろうそくが有名で、福島県は、
戊辰戦争にさえ負けなければ、会津県、あるいは、若松県という県名になって
いたと思います。 現在の福島市は、実際は、この会津藩の分藩のような街で、
明治政府によって、無理やり県庁所在地にさせられた場所であるため、特に
何もありません。

塔のへつりは、会津鉄道沿線の中でも、最も風光明媚な場所として有名です。
へつりとは、この地方の方言で、『断崖絶壁』という意味だとか。 この場所は、
駅から徒歩5分程度と交通の便も良く、大内宿に行くバスも、この景色を見る
ために、数秒間だけ停車します。 つり橋は、かなり揺れるので、注意が
必要ですが、たまには、このような大自然を楽しむのも一風かと思います。

IMG_2045
IMG_2048
IMG_2040
IMG_2056
IMG_2068
IMG_2070
IMG_2085
IMG_2061
IMG_2094

会津旅行のハイライトと言えば、大内宿。 会津西街道の時代絵巻さながらに、
江戸時代の原風景が今尚息衝く宿場町が大内宿となっております。 と言っても、
国道からは5キロ以上も離れているため、かなりひっそりとしているのかと
思いきや、ド田舎の山奥に忽然と現れる福島を代表する一大観光地となって
いるため、土日祝日ともなれば、見渡す限り、ひと、人、ヒトの波。 原発事故
なんてなんのその、県庁所在地の福島駅前のメイン通りなんぞよりも人が歩いて
おりますので、ご注意下され。

IMG_2117
IMG_2109
IMG_2119
IMG_2110
IMG_2112
IMG_2114
IMG_2128
IMG_2126
IMG_2130

旅の締めは、長岡市栃尾で名物の油揚げを購入♪ 栃尾に着いた時点で、既に午後
6時を過ぎていたため、帰りに道の駅に寄って、油揚げを買おうとしていた計画が
水の泡。 とりあえず、道端に油揚げ屋が2軒あったので、2軒目のお店に
レンタカーで突入。受付のおねえさん(世間ではおばさんとも言うw)が、
『豆乳アイスクリームも如何ですか?』と聞いて来たため、ここまでわざわざ来た
からには、清水の舞台どころか、東京スカイツリーの上からでも飛び降りる覚悟で、
ひとつ買わねばなりますまい。

IMG_2171

最後に、アイスクリームを食べ終わって、帰えろうとしたところ、先ほどの
おばさ・・・もとい、おねえさまから『器がエビせんになっていますので、
お持ち帰りにしますか?』と言われ、新潟の人たちは、器まで食べるのか、
ヘーとか思いつつ、お店を後にしました。

【お勧めの一品】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村