第二次世界大戦中、カナダはイギリスに協力して反独同盟に加わったが、直ちに
徴兵したり、海外に兵を出したりはしなかった。 1941年の末、カナダはイギリス
及びアメリカ合衆国と同盟し、日本に対して宣戦を布告した。 やがて、100万人
以上のカナダ人の男女が従軍し、アジアやヨーロッパの戦闘に加わった。 死傷者は
9万人を超えた。

15052431

1945年に終戦を迎えると、カナダは国内の改革に関心を向けた。 戦争で荒れ
果てたヨーロッパやアジアの国々から、大量の移民がやって来た。 都市の
人口は増大して、郊外が広がって行った。 住宅の需要が高まり建設業が繁栄した。

キング牧師が目指したのは、全カナダ人の福祉を確立することだった。 同政府は
失業保険、復員軍人恩給の充実、老齢年金の増額、医療制度の改善などをはじめ、
広い範囲に渡る社会保障制度を立法化した。 この制度が一助となって、一般の
人々の生活水準は上がった。

他の分野においても、カナダの努力は目覚しい発展をもたらした。 アルバータ州で
新しい油田が発見され、ケベックとオンタリオ両州では大量の鉱物資源が見つ
かった。 交通が発達し、水力発電も増えた。 製造業は消費者の需要の増大に
合わせて、生産を向上させた。 アメリカ合衆国を筆頭に諸外国がカナダの新しい
工業に莫大な資本を投下するようになった。

1949年、ニューファウンドランドは住民投票によりカナダ第10番目の州になる
ことを決定した。 これはニューファウンドランドが始めてカナダの繁栄を認めた
ことを物語っている。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村