多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:犯罪

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    犯罪を計画段階から処罰する『共謀罪』の趣旨を含む組織的犯罪処罰法の改正を
    めぐり、自民、公明両党は2017年5月19日午後の衆院法務委員会で、日本維新の会と
    共同で提出した修正案の採決を強行し、3党の賛成多数で可決した。 与党は5月
    23日の衆院本会議で採決し、参院に送る方針。



    共謀罪は、2人以上の人間が犯罪行為について話し合った時点で、犯罪が成立して
    しまう。 これまでは、実行行為がなければ犯罪は成立しないという歴史的に確立
    された刑法の大原則を、この法案によって、ひっくり返そうとしているからだ。
    法務省刑事局長の国会答弁によれば、言葉とは限らず、目配せでも成立するという、
    共謀罪の成立要件は限りなく捜査機関の『解釈』の問題となる。 しかも犯罪と
    規定されるもの全般、676もの犯罪が対象となる。

    犯罪の概念を密かに書き換え、犯罪行為に至るかすら分からない時点で、むしろ
    実際には単なる会話に終わることが大半であったとしても、人々を『犯罪者』に
    変えてしまう可能性があるため、これまで国会で3度も廃案になって来た。
    共謀罪法案は、組織的犯罪集団が重大な犯罪を計画し、資金の調達や犯行現場の
    下見などといった準備行為を行った場合に処罰する内容。

    kyoubouzai0407

    自民、公明、維新の3党は、取り調べの可視化(録音・録画)やGPS(全地球測位
    システム)捜査の制度化について検討することを盛り込んだ修正案に合意し、
    国会に提出したが、審議の継続を求めて来た民進、共産両党が質疑の打ち切りに
    抗議して委員会室は騒然とした。

    民進、共産、自由、社民の野党4党は『一般人が対象になり得る』『警察などの
    捜査権限が拡大し、公権力による監視が強まる』として修正案に反対。 5月17日
    には、答弁が混乱するなど説明責任を十分に果たしていないとして、法案を所管する
    金田勝年法相に対する不信任決議案を出したが、18日の衆院本会議で否決された。

     

    共謀罪は、犯罪の合意(新たな法案では、これを『計画』と言い換える)だけで
    犯罪が成立し、しかも、言葉を直接交わさなくとも、『暗黙・黙示の合意』でも良い
    とされることから(2005年の国会審議では、当時の法務省の大林刑事局長は、
    『目くばせ』でも合意が成立すると答弁したことが有名である)、果たしていかなる
    場合に合意が成立したのかが極めて曖昧となるため、捜査機関、とりわけ警察による
    恣意的な運用によって、市民運動や労働組合などによる反政府的な運動の弾圧に
    利用される恐れがある。

    『暗黙・黙示の合意』は、何ら言葉を交わしていないため、実際には何の合意もして
    いないのにも関わらず、警察が政府に反対する運動をしている市民団体や労働組合の
    構成員について、『犯罪の合意があったに違いない』と認定すれば、逮捕したり
    家宅捜索をすることが可能となるため、捜査機関、とりわけ警察による横暴を招く
    恐れがあり、これによって、えん罪を生む恐れがある。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    来年度で、プロのロシア語の通訳になってから、丸25年が経過するのだが、
    これまでに、外国人被疑者たちの取調べに、何度も立ち会って来ました。
    最近のウクライナ事情のニュースを見ても分かる通り、ロシア人やロシア語圏の
    人たちは、日本に居ると、かなり差別をされます。 結局、お金がなくて、
    ロシアに帰りたい人たちの場合は、端的に言って、犯罪を犯すしかありません。
    ロシア人の日本での平均給料は、その人にも寄ると思いますが、大体7~20万円
    以内程度です。 そんな待遇しか受けられないのに、最後は、『やはりロシア人
    だから』と言われるのが、日本社会。 私は、基本的に、ロシア語圏の人たちに、
    これ以上、日本には来て欲しくありません。 どう頑張っても、差別される
    ため、不幸になるだけです。 逮捕された後も、『国外退去になりたい』という
    人が、後を絶ちません。

    普段やっている通訳業務とは、犯罪を犯してしまった人たちの司法通訳ですが、
    自分が、被疑者の気持ちを代弁して、その人の『口』の役割を果たさなければ
    ならないのと、警察や検察庁からの機械的な調べに対しても、なるべく、被疑者の
    気持ちを和らげてあげなければならないため、彼らにとっては外国である日本で
    逮捕された際に、少しでも精神的に安心をして貰えるように、常に心掛けて、
    司法通訳をしています。

    日本の司法機関に対しては、ロシア語圏の人たちの考え方や、風習等をなるべく
    細かく伝えて、取調べの際の指針にして貰うようにしています。 私の知識は、
    基本的に、ソ連とロシアで得たものが大部分を占めているため、今度は、ロシアの
    ために、自分の知識を生かす番だと思っています。

    ロシア人との付き合いは、来年で、もう丸32年になります。 当時は、
    ゴルバチョフ氏すらまだ登場してはおらず、短命であったチェルネンコ書記長の
    時代でした。 被疑者の人たちに、最後は『ありがとう』や、『もうこういう
    状況では、会わないようにします』と言われるのが、一番の心の支えかも
    知れません。 こんな重要な責務を負わされている司法通訳に対して、日本の
    司法機関は、もっとまともな扱いをすべきです。 この国の法を司る司法機関が、
    自ら、横暴な態度しかとらないため、国が乱れているのだと思います。

    ドイツ人被疑者の通訳も時折行っておりますが、そちらは、麻薬の運び屋が
    ほとんどです。 EU内でも、一人勝ちと言われる程の経済力を持つドイツですが、
    それでも、その栄光の『影』となる人たちは、大勢おります。 どちらも、
    『お金に困って』という理由が、ダントツの1位です。

    10848011_10152893957813749_5763454076371854666_n
     16394_10152893958198749_5263437701660815353_n
     10846389_10152893958488749_708561454027556062_n

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ