多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:牢獄

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    銭屋五兵衛は、1773年11月25日、加賀の国石川郡宮越、今の金沢市金石町で
    生まれました。 五兵衛の先祖は加賀の国鶴来(今の白山市)にあった
    舟岡山城の城主高畠石見守の家臣でした。

    五兵衛から数えて6代前の吉右衛門の時に、宮越に移り住みました。 それから
    代々宮越で両替商をしていたため、『銭屋』が店の称号になったのです。

    maingohei

    海運業に乗り出した五兵衛は、東北地方や北海道の産物を瀬戸内海の海や大阪へ
    運ぶことを考え、海運業にすべてをかけました。 大阪で修業をしてからは、
    次々に大きな船を造り、多くの産物を運び、さばきました。 北は北海道から
    奥羽、西は山陰、山陽、九州方面へ、東は江戸、伊豆、南は阪神四国に至るまで
    五兵衛の船は活躍しました。

    五兵衛は宮越に本店を置き、青森、弘前、松前、箱館、長崎、兵庫、大阪、江戸と
    いった主な地点に大支店を置きました。 全部で日本全国に34の支店があった
    そうです。

    扱う品物は米、材木、生糸、海産物、しめかす(肥料)、衣類、笠なども取引
    しました。 五兵衛の船は百石積みから二千石積みまで、200隻余りの船を持って
    いたと言われていますが、本当のことは分かっていません。 このようにして、
    五兵衛は、一代にして約300万石にのぼる富を築いたのです。



    五兵衛の一生のうちで、一番大きな事件は河北潟の埋め立て工事を行ったことです。
    1849年、五兵衛は周りが25.5キロメートル、面積2576ヘクタールもある河北潟を
    埋め立て、農地にすることを計画しました。

    当時、米は藩にとって重要な産物であり、米は作っても作っても売れました。
    この埋め立て事業には、三男の要蔵が受け持つことになりました。 設計には
    数か月掛かりました。

    835769661603843555
    72543989272003561
    6853765584329098030
    3451569054138545185
    2834049679663555915
    6558457421201887259
    3058112523798674740 53079131630716063316220390455369297844

    藩の許可が下りたので、すぐに工事に取り掛かることになりました。 しかし、
    河北潟沿岸の漁民はこぞって反対しました。 河北潟がなくなると、漁が出来なく
    なるからです。 埋立の土や砂を固めるために石灰を使いました。 ところが、
    それが毒を入れて潟の魚を殺したというように誤解され、潟の魚を食べた多くの
    人が死んだということになったのです。

    多くの魚が死んだのは、潟の水が腐って酸素不足になるという水の問題で、
    これまでにもあったことだったのです。 死者が出たのは、死魚を食べて中毒に
    なったのと、流行り病が流行したからですが、すべて埋め立てのせいにされて
    しまったようです。 これにより、五兵衛一族は捉えられてしまいました。

    1852年9月、五兵衛は金沢の牢獄に入れられてしまいました。 五兵衛は80歳に
    なっていました。 歳を取っている上に牢に入れられたこともあって病気になり、
    同年11月21日に身に覚えのない罪で牢の中で亡くなってしまいました。 さぞ
    無念だったでしょう。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    在位73年間の後、1715年にルイ14世が亡くなると、曾孫ルイ15世がわずか5歳で
    即位した。 この時、フランスの勢力は絶頂期で、ヨーロッパ情勢を左右する
    程だった。 フランスは世界最大の殖民地帝国のひとつとなった。 帝国の支配を
    支えたのは、商船の大船団だった。 フランス語は、ビジネス、科学、外交の
    国際語になった。 フランスの作家は、平等と市民権という新思想でヨーロッパに
    知れ渡った。

    しかし、同時に、フランスの労働者は重税と農作物の不作で生活が苦しかった。
    腐敗した官吏は、職責を悪用して私腹を肥やした。 ルイ15世は、これらの問題に
    取り組もうとも、フランス経済を状況の変化に合わせようともしなかった。
    大きくなった中産階級は貴族たちと一緒になって、政府を改善し、王政へもっと
    自分たちの声を反映させることを要求した。

    351arge

    1774年に王位を継いだルイ16世は、いくらか改善を試みたが、行政官たちの反対に
    あった。 国王による政府の掌握力は、急いでしなければならない政治、財政の
    改革に失敗したために弱まった。 ヨーロッパの他の強国との貿易競争にも
    立ち遅れて、フランス帝国は弱くなった。 田舎では激しいデモが起き、民衆は
    代表議会を要求した。 このため、ルイ16世は1788年に三部会を招集した。

    三部会は、1615年以来、有名無実となっていた。 三部会は僧侶(第一身分)。
    貴族(第二身分)、中産階級(第三身分)の代表で構成されていた。 1789年に
    三部会の第1回会議が開かれた後、第3身分の代表たちは、国民議会を組織して、
    新憲法を制定した。 ルイ16世がこの新しい議会を解散しようとしたため、
    パリ市民は、7月14日にバスチーユ牢獄を襲って占領してしまった。 こうして
    フランス革命が始まった。 革命はパリで続き、地方にも広がった。 国王の
    軍隊はデモ隊の人数よりも少なく、圧倒されてばかりいた。

    一方、国民議会はフランスの政府と社会を全面的に変革する法律を制定した。
    議会は、貴族所有の土地を取り上げ、腐敗した地方の裁判官や徴税官を辞めさせた。
    議会はまた、ローマ・カトリック教会の所有地も取り上げた。 ローマ教皇は、
    この措置ににはもちろん、フランスでの他の変革にも腹を立てた。

    フランスは、国王に忠誠である王党派と国民議会の権限を守る共和派とに分裂した。
    フランスはまた、革命に反対するイギリスとハプスブルグ家のオーストリアの軍事
    干渉を受けた。

    ハプスブルグ軍は1792年春、フランスに侵略し、フランスを負かすと、国内では
    またも民衆が反乱を起こし、ルイ16世とブルボン王朝を倒した。 ルイ16世と
    オーストリア人の王妃マリー・アントワネットは1793年に処刑された。 こうして
    国民議会は第一共和制を打ち立てた。

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ