多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:浪江

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    事件について に参加中!

    浪江・小高原子力発電所は、福島県南相馬市小高区及び福島県双葉郡浪江町に建設が
    予定されていた東北電力の原子力発電所で、2011年3月11日、東日本大震災により、
    福島第一原発で事故が発生したが、この原発の建設計画予定地であった、浪江町・
    南相馬市小高区は、原発事故による警戒区域(現避難指示解除準備区域)に指定された。

    d26bcbc007e

    この事態を受けて浪江町議会は、同年12月、避難先の二本松市で開催された12月定例
    町議会において、浪江・小高原発誘致決議の白紙撤回を全会一致で可決した。 この
    決議は、原発を同町に誘致する1967年5月の決議を白紙撤回するものであった。
    決議の中で『東京電力福島第1原発事故により、我が国の原子力安全神話は完全に
    崩壊した』と断言し、『事故は、町民の命や健康を脅かし、暮らしや家族、心までも引き裂き、
    浪江の豊かで美しい自然と歴史ある風土を放射能で汚染した』『町民の暮らしと原発は
    共生できないことが明確になった』としている。

    また、南相馬市議会も浪江町議会と時を同じくして、『浪江・小高原子力発電所建設計画の
    中止及び福島県内の原発を全て廃炉とすること』を求める決議を全会一致で可決した。

    PB030098

    浪江町長と南相馬市長も浪江・小高原発の建設を認めない考えを表明していたが、
    2013年3月28日になってようやく、東北電力は、福島原発事故の影響により、地元の
    反発が強く、建設への理解が得られないと判断し、浪江・小高原発建設計画を正式に
    断念して計画の取りやめを発表した。

    福島での原発事故から、丸2年間は、原発事故区域内に新たに原発が建設される計画が
    そのままの状態で放置されていた事自体、驚きの事実とも言える。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    話題のニュース に参加中!

    東日本大震災後、初めて実施された総務省による国勢調査によると、東京電力
    福島第一原発事故により、町全域が避難区域の対象となっている浪江町、双葉町、
    大熊町、富岡町の人口が全ての町でゼロとなった事が明らかになった。 現在、
    これらの町の町役場は、郡山市やいわき市などに移転している。 福島県全体では、
    前回に比べ11万5,458人(5.7%)減の191万3,606人で、減少幅は過去最大となった。

    5281d83ce9762726

    福島県は2015年12月25日、国勢調査の速報値を発表したが、この他にも、全域が
    避難区域の飯舘村は、特別養護老人ホームに入所している41人、葛尾村は、避難
    解除に向け村内で長期宿泊している18人となった。 9月5日に避難指示が解除された
    楢葉町は、9766人で、前回の2010年の調査と比較すると、6,724人(87.3%)の
    大幅減となった。



    浪江町、富岡町他では、今後『帰町運動』を通じて、町への帰還を呼び掛けるが、
    住民達の不安は、一向に消えてはいない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    被災地通信 に参加中!

    日本の米軍基地設備の多くは、沖縄にあるが、日本の原発施設のその多くは、東北に
    ある。 東北電力管内には、東北電力の施設である、女川原発、並びに、東通原発が
    あるが、これ以外の原発は、全て関東に送電するためだけのもの。

    青森、福島、新潟は、100%東北電力管内となっているが、東京電力管内へと送電する
    ための原発が、建設中も含めて、青森と福島にそれぞれ2つづつ、新潟に1つとなっている。
     
    75769ac46b29ff1c9f5015c0c5c3c3ec

    電力に関して、特に歪な構造なのが、福島で、福島県の発電能力は被災前までは、
    日本一であったものの、原子力、火力、水力、それぞれの発電所で発電された、その
    電力のほぼ全てを関東へと送電しているため、実際に自分達が使用する電力は、隣の
    宮城県から送電して貰っているという、かなり変わった県。 事故を起こした福島第一
    原発のすぐそばにある浪江町には、『原子力、明るい未来のエネルギー』という、標語が
    掲げられているが、目の前にある原発の電力を全く使用していないにも関わらず、明るいも
    へったくれもあったものではない。

    今では、この区域は、立ち入りが完全に制限されており、完全にゴーストタウンと化して
    いるため、人影すらない。 但し、チェルノブイリ原発事故後のプリピャチ市のように、
    何もかも取り壊されて、土に埋められた訳ではなく、津波災害の最大の被災地の石巻の
    ように、街が丸ごと流され、死者3,700名超を出した訳でもないので、それに比べれば、
    まだましか。

    福島県は、被災当初から、原発付近には、11メートルを超える津波が来たため、事故は
    致方なしとの見解を示しているが、この原発付近の画像を見ても分かる通り、実際に
    7メートルの津波が到達した石巻と比較すると、街が一切破壊されておらず、どう考えても
    見え透いたウソで何も知らない人たちを騙しているとしか考えられない。 そんな大津波が
    来たのに、福島県の死者・行方不明者と瓦礫の量は、被災3県中、突出して少ないのは、
    不自然極まりなし。

    前福島県知事の息子2人は東京電力の正社員であり、そもそも、福島の県知事は、東京
    電力の操り人形である事が大前提であるため、この事実の真意の程は分からないが、
    国家権力をも上回る東京電力に逆らうと、血祭りに上げられるのは、前々福島県知事の
    事件で既に実証済みで、賄賂を貰っていない汚職なのにも関わらず、有罪が確定した
    という、前代身物の珍事件にまで発展している始末。 逆に、東京電力の元役員は、
    退職金もしっかりと頂き、次々と天下り、または、海外で貴族生活を謳歌しているのに、
    一切誰からも何のお咎めもなし。 『地獄の沙汰も金次第』とは、正にこの事を指して
    いるのだろうか。
     
    shoin-shozo

    神話の果てに/揺らぐ共存、広がる影』の記事の最後の部分には、東北における原発
    年票なるものが記載されているが、ここで2つほど特筆すべき点がある。 2012年10月の
    大間原発の建設工事再開、並びに、2013年3月の浪江・小高原発の建設計画白紙撤回
    である。 大間原発は、全溶鉱炉MOX燃料を使用した、世界初の全プルサーマル炉の
    原発で、電源開発が現在でも建設を進めており、関東へと送電を行う施設。 更に酷い
    のが、事故を起こした20キロ圏内に、更にもうひとつ、浪江・小高原発を建設し続けようと
    した東北電力。 お金さえ儲かれば、人命や被災地は、二の次三の次とでも言いたい
    のだろうか。

    極論を言うと、東北にこれだけ原発が建設された、その主な原因を作ったのは、吉田松陰。
    薩摩と長州が中心となり、古い封建制を捨て去り、新しい時代を築き上げるための戦いで
    あった筈の明治政府は、戊辰戦争で敗れた東北を徹底して、冷遇し、その待遇は、昭和の
    初期まで続いた。 歴史に『もし』はないのだが、もし、長州が京と江戸の身代わりとなり、
    何の罪も無かった『東北列藩』に京守護職に関する全ての罪を被せなかったら、東北に
    ここまで原発はなかった筈。

    明治維新後、その明治政府の命により、仙台は宮城、盛岡は岩手、若松は福島へと
    強制的に県の名前を変えられた。 よって、少なくとも、吉田松陰が居なければ、福島
    第一原発の名前に『福島』という名前が付けられなかったのは、紛れもない事実。 勝ち
    さえすれば、いかなる手段を使っても良しとされ、正直者がバカを見る時代は、その時代
    から始まったとも言える。 吉田松陰が死後褒め称えられるのは、単に長州が戊辰戦争に
    勝ったからであり、もし、負けていたら、単なる国家的なテロリストとして、歴史からも抹殺
    されていたであろう人物なのかも知れない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1

    2014年12月6日(土)開業予定の常磐自動車道。 今回の新規開業区間は、山元~相馬、
    並びに、南相馬~浪江間。 相馬~南相馬間は、現在無料開放中。 福島第一原発の
    すぐ真横を通過する残りの浪江~常磐富岡間は、原発事故により、若干工事が遅れて
    いるが、こちらも、来年のゴールデンウィーク前までに、開業予定となっている。

    頭の中がおめでたいと、こういう狂気沙汰でも、めでたく見えるものなのか? そもそも、
    お金を支払ってまで、事故を起こした原発の真横を通らなければならない意味が理解出来
    ないのだが、当然、料金は発生するという理解で良いのだろうか? 津波災害により、
    線路の土台ごと流出した仙石線は、現在でも不通となっており、その仙石線と並走している
    三陸道の場合は、被災者と言えども、一時的な期間を除いて、通行料金等の値下げは
    一切なかった。
    tohoku_07
    この常磐自動車道を真っ直ぐそのまま北上すると、仙台東部道路に入り、更に北へ進むと、
    三陸自動車に入るのだが、この仙台東部道路は、津波災害時には、防波堤として機能
    したため、北方向に向かって、右側が、何もかも流された被災地、左側が、津波を防いで
    無事だった地域と、一目でそれだと分かる「生命線」となっている。 三陸自動車道の方も、
    来年度中に、南三陸の志津川まで開業予定のため、東京~志津川まで、原発のすぐ真横を
    通り、仙台周辺の被災地と非被災地をまざまざと見ながら、大規模被災した南三陸町へと
    至る、国家的プロジェクトが完成したと言えるのかも知れない。

    ロンドンオリンピックの際に、日本選手団が胸に着けていた震災瓦礫で作ったバッジは、
    この南三陸と石巻の瓦礫だったのだが、そのバッジを付けていた日本選手団は、早々に
    オリンピック会場からは追い出された。 0.05ミリマイクロシーベルト程度しかない地域の
    瓦礫をこのようにしか見ていない人たちが、この常磐自動車道の原発付近での開業を
    知ったら、どのような反応を示すのか、日本政府としては、被災地での喜ばしい開業を
    大々的に公言すると言うよりも、ひっそりと秘密裏に放置を目指すのかも知れない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    常磐自動車道が、いよいよ全線開業します。 ここで問題になるのが、事故を起こした、
    福島第一原発の真横を通過するという事。 ついでに言うと、福島第二原発のすぐそばも
    通過します。 先日の国道6号線の全線再開に続き、今回の常磐道の全線開業は、
    福島第一原発の事故を完全無効化にするための、国策なのではとすら思える程。
    12月9日に、福島第一原発から最寄の浪江~常磐富岡間を除いて、先行開業し、
    来年のGW前までに、原発すぐそばの浪江~常磐富岡間が開業するとか。



    これにより、東京⇔仙台は、東北道に続いて、この常磐道でも行き来出来るように
    なるのだが、下手をすると、高速バスも、こちらの常磐道を通ってしまう可能性が出て来て
    しまうため、よくよく確かめないと、期せずして、福島第一原発の真横を通過する事と
    なります。 距離にすると、東北道よりも常磐道の方が、若干遠くなるのだが、常磐道の方が
    平坦なため、むしろ、こちらがメインルートになってしまう可能性もあり。 溶鉱炉が
    4つも水蒸気爆発(その内1つは、プルサーマル炉)した原発のすぐそばを、世界で初めて、
    高速道路が開業するというのは、正気の沙汰ではありません。 このままでは、
    原発事故は、なかった事にされてしまいます。 ポジティブバカとは、こういう事も
    仕出かしてくれるんですかね。

    10001537_953596711324417_5351604975628171540_n

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログへ

    このページのトップヘ