横浜通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

記事カテゴリーに CIS独立国家共同体(旧ソ連邦) 他を追加しました♪
    横浜通詞】横浜、大阪、仙台にある多言語翻訳会社
    多言語を専門とした翻訳会社を運営しています。 日本語⇔英語の他にも、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、オランダ語、中国語、韓国語他、世界80言語以上に対応しています。 お気軽にお問い合わせください。

    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:沖縄

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    綺麗ごとしか言えない日本社会において、本気で地方に移住を考えている人に
    是非見てもらいたい『死んでも住みたくない47都道府県ランキング』。
    あなたの住んでいる都道府県は大丈夫ですか?

    【まずはワースト10】

    09142748

    【続いて10位以下】

    9142747

    如何でしたでしょうか? 神奈川の民度が高いというのは、かなり疑問ですが、
    所詮、東京中心目線での記事なので、あくまでもご参考程度にどうぞ。

    元ネタはこちら
    8b643fc6

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2017年6月23日、沖縄では『沖縄全戦没者追悼式』が開催されたが、そこでの
    スピーチに登壇した安倍晋三首相が、会場で『帰れ!』などと住民らから多くの
    罵声を受けたことを海外メディアが大きく報じている。 AFP通信とロイターは、
    以下のように報じた。
    沖縄の式典が最高潮に達した時、安倍首相は『亜熱帯の島にはアメリカの存在が
    大き過ぎる』と怒る地元の人々からヤジを受けた。 彼が演台に立った時、
    数々の『帰れ!』という叫びが聞こえた。 日本の首相は、公衆の場で嘲笑
    されることは、あまりない。

    『沖縄戦70周年で緊張が表面化』AFP通信 2015/06/24 13:02
    安倍首相は、黒い沖縄のシャツを着て、『鉄の暴風』作戦として知られている
    ほぼ3ヶ月の戦いで命を失った人々を追悼する献花をした。 数人が『帰れ!』
    と叫び、黒いベレー帽の老人は立ち上がって安倍首相を指さした。

    琉球新報がYouTubeで公開している動画でも48分25秒ごろ、登壇した安倍首相に
    対する激しい罵声を確認出来る。



    NHKはこれまでにも、数々の安倍政権への不利な情報を隠蔽しており、NHK前
    では、数々の抗議団体が連日抗議を行っているが、そのような情報ですら
    一切報道をしていないため、情報的に非常に偏った放送局と言う事が出来る。

    出典:Haffpost

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    いくつかの点で、台湾の歴史は中国の歴史と切り離すことが出来ない。
    台湾が経験して来た多くの変化は、中国で起こった出来事が原因である。
    とは言え、強い海流、予想のつかない天候変化、台風と言った航海上の危険を
    伴う台湾海峡によって、ふたつの地域の間では、何世紀もの間、大きな人口
    移動が妨げられて来た。

    石器や土器等の考古学的発見によれば、2万年前、台湾には旧石器時代の
    現代人に繋がる人類が住んでいた。 一部の学者は、こうしたヒトは、中国が
    起源だと言う。 また、別の学者は、東南アジアのマレー半島辺りから渡って
    来た最初の移民だと考えられている。 起源は、いずれにせよ、この頃の人々は
    低地一帯だけではなく、深い山林にも住んでいたのは確かである。

    06314889

    【初期の歴史】
    台湾に関する中国・唐時代の記録によれば、漢人とは、この島を流求と呼んだ
    と言う。 後に、琉球と字が変わった時には、沖縄の事を表し、台湾は、小琉球と
    呼ばれた。 また、6世紀はじめに隋の皇帝が兵を送っている。 その頃住民は、
    木を切り倒し、それを焼き払って農地を開墾し、イネ、アワ、マメ等の穀物を
    植えていた。 島には階級支配制度があり、1人の指導者と、何人かの副指導者が
    治めていた。 敵の頭を切り落とし、勇気の証拠として飾る首狩りの風習もあった。
    隋の兵は、彼等を数千人も捕虜にして連れ帰り、以後は関係が絶えたと言う。

    960年から1279年まで続いた宋の時代、近くの膨湖諸島へ渡る者もあった。
    宋代の貨幣や陶器のかけらが膨湖諸島で発見されたことから、島へ渡るように
    なったのは、11世紀頃から考えられる。 島の近海で獲れる豊富な魚にひかれて
    漁師が渡ったのかも知れない。 台湾まで探検する者も居たことであろう。

    13世紀、台湾と膨湖諸島への探検は更に盛んに行われるようになった。 この頃、
    中国北部の勇敢な民族であるモンゴル人が南下し、宋王朝を現在の浙江省にある
    杭州にまで追いつめていた。 南シナ海に面する江南に移った宋の政府は、造船
    技術の向上を支援し、南海貿易を奨励した。 また、船乗り達は、磁気針を水に
    浮かべて、方位を測定する方法を用いて、中国大陸と台湾の間の海域をより正確に
    航海出来るようになった。 水針は、後の明の時代に羅針盤に発展する。 こうした
    航海術の向上が海上交通を盛んにしたのである。

    【お勧めの一冊】



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ◆◇◆ 沖 縄 ◆◇◆ に参加中!
    新宿の夏の風物詩と言えば、新宿エイサー祭り。 毎年、7月の最終末に開催
    されており、梅雨明けと共に、新宿には、沖縄の暑い夏がやって来る。 今年で
    14回めを迎えるエイサー祭りは、毎年来場者が増え続けており、今年度は
    約110万人がエイサーを見に訪れた。 新宿東口一体が沖縄エイサーの会場と化し、
    丸2日間、新宿が沖縄に染まる。



    【エイサーの由来】

    エイサーとは、沖縄の盆踊りのことであり、一般的に、旧暦の7月15日にあたる
    旧盆の先祖をお送りする日の夜、青年男女が集落内を踊り巡り、各家の無病息災、
    家内安全、繁盛を祈り、先祖の霊を供養する行事を指す。 エイサーは、15日の
    夜に踊る。13日に外界に降りてきた先祖の霊が、再び帰りたがらないので、太鼓を
    叩いて脅かし、再びあの世へ送り出したのが、エイサーの成り立ちとなっている。

    IMG_5334
    IMG_5339
    IMG_5342
    IMG_5356
    IMG_5361
    IMG_5368
    IMG_5386
    IMG_5401
    IMG_5390

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    アニメ・漫画ニュース に参加中!

    日本の国民的アニメ番組、サザエさんの放送開始45周年を記念して、現在日本全国
    37都道府県で開催されている『サザエさん展』 。 先日、沖縄会場でこのイベントを
    偶然見に行ったのだが、そこで知った衝撃の事実。

    日本全国37都道府県のうち、関東で開催したのは、東京都のみ。 関東にある県は、
    全部で7つであるため、これを引き算すると、47都道府県のうちの37都道府県で開催
    という事は、日本全国で10県だけ開催しなかったとなる訳で、そこから、関東の
    それぞれの県を引くと、この企画を開催しなかったのは、4県のみ。

    サザエさん展を開催しなかった県は、以下の通り:
    群馬、栃木、茨城、埼玉、千葉、神奈川、愛媛、山口、広島、鳥取

    IMG_4583
    IMG_4580
    IMG_4578
    IMG_4584
    IMG_4594
    IMG_4591
    IMG_4592
    IMG_4589
    IMG_4585

    サザエさんの原作者である長谷川町子氏は、故郷福岡の海を見ながら『サザエさん』を
    発案したため、登場人物の名前からも分かるように、『海』への想いが大変強い作品と
    なっている。 このイベントでは、東日本大震災で甚大な被害を被った沿岸地域の美しい
    海を甦らせ、水産業の復興を切に願って、花沢不動産コーナーでの義援金全てを岩手県
    漁業協同組合連合会、宮城県漁業協同組合、福島県漁業協同組合連合会へ全額寄付
    する事を目的としている。

    関東で東京都以外を全て外したのは、東京電力の圧力なのではないのか? 確かに、
    首都圏で、このサザエさん展の話を一切聞いた事がないが、一番人口が集中している
    場所をわざわざ全て外す意図は一体何なのか? 絆以前に、人との繋がりが全くない
    のが関東の習慣と言ってしまえば、それまでの話なのか。

    那覇の『サザエさん展』に行った際に、アルバイトらしきおばさんから、花沢不動産への
    義援金の寄付を迫られたが、そのおばさんいわく、『1年ぐらい前に福島の方で地震が
    ありましたよね』と言われたが、東日本大震災は、4年ほど前に宮城県沖で起きた地震。

    元々、まともに報道をしていないというところに原因があるものの、そもそも津波被災地
    には全く関心がないため、こうなる模様。 沖縄では、米軍基地の移転問題と言っているが、
    宮城県にも自衛隊の飛行場が、全部で2つあるので、余り変わりない。 しかも、自衛隊の
    実弾を使用した演習場もあるため、沖縄と似たり寄ったり。 西の方に行くと、福島の
    妄想ばかりが広がっているため、こうなる模様。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    沖縄! に参加中!

    【首里城】

    琉球王国は、1429年から1879年まで450年間存在した王国で、中国や日本をはじめ、
    東南アジアとの盛んな交易を行い、琉球独特の文化が生まれた。 その中心地であった
    場所が、この首里城で、1945年の沖縄戦の戦火で灰燼に帰したが、 沖縄の日本復帰
    20周年にあたる1992年に復元された。 中国と日本の築城文化を融合した独特の
    建築様式や石組み技術には、高い文化的・歴史的な価値があるとされ、首里城跡は、
    2000年12月、日本で11番目の世界遺産に登録された。

    IMG_4279
    IMG_4282
    IMG_4302
    IMG_4311
    IMG_4313
    IMG_4326

    1609年に薩摩藩が3,000名の軍勢をもって琉球に侵攻し、首里城を占拠した。
    それ以後、270年間に渡り、琉球王国の表向きは中国の支配下にありながら、内実は
    薩摩と徳川幕府の従属国であるという微妙な国際関係の中で存続していた。 しかし、
    やがて日本の明治維新により成立した日本政府は、1879年に軍隊を派遣して首里城から
    国王尚泰を追放し沖縄県の設置を宣言した。 ここにおいて、琉球王国は滅亡した。

    「沖縄県となった後、首里城は日本軍の駐屯地、各種の学校等に使われた。 1930年代
    には大規模な修理が行われたが、1945年にアメリカ軍の攻撃により全焼した。 戦後、
    跡地は琉球大学のキャンパスとなったが、大学移転後に復元事業が推進され現在に
    及んでいる。 復元された首里城は、18世紀以降をモデルとしている。



    【国際通り】
    沖縄県庁前から1.6キロ続く国際通り。 道路の両側にはTシャツやかりゆしウェア、泡盛や
    スイーツなど沖縄らしいアイテムをそろえたショップが立ち並ぶ。 飲食店も充実しており、
    アメリカ文化にも影響を受けた沖縄ならではのステーキ屋やアイスクリーム屋の他、夜は
    沖縄料理を食べながら沖縄民謡を堪能できる店などもあって夜遅くまでにぎわっている。
    戦後の焼け野原から目覚しい発展を遂げたこと、長さがほぼ1マイルであることから、
    『奇跡の1マイル』とも呼ばれる。 沖縄県で最も賑やかな通りであり那覇最大の繁華街。

    IMG_4406
    IMG_4353
    IMG_4347
    IMG_4365
    IMG_4472
    IMG_4603

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    沖縄! に参加中!

     

    【沖縄ちゅら海水族館】
     
    沖縄本島北西部の本部半島にある国営海洋博公園内にある水族館で、2005年に
    アメリカのジョージア水族館が開館されるまでは、世界最大の水族館であった。
    これまで困難とされてきた、ジンベエザメの複数飼育、並びに、世界最大のエイの
    一種であるナンヨウマンタの複数飼育と繁殖に世界で初めて成功したため、
    世界最大と世界初を一度に見る事が出来る、世界でも非常に珍しい水族館。
    付近には、いかにも南国を感じさせるエメラルドビーチがあり、海が非常に美しい。

    IMG_4113
    IMG_4047
    IMG_4094
    IMG_4068
    IMG_3975
    IMG_3981

    【漢那ビーチ】
    国道329号線から至近距離にあり、少々さんご礁の化石が混じっているものの、
    基本的に砂地であるため、歩きやすい。 波際は浅めなので、子供も安心して
    泳ぐ事が出来る。 ビーチ設備は特になく、すぐ隣に公園がある。
     
    IMG_3881
    IMG_3882
    IMG_3883
    IMG_3884
    IMG_3886
    IMG_3889

    【瀬底島】
    沖縄北部の本部半島にある離島。 沖縄本島とは、橋で結ばれているため、
    そのまま気軽に車で行く事が出来る。 隆起サンゴ礁の島で、主に琉球石灰岩で
    構成され、島中央部は、今帰仁帯と呼ばれる三畳紀の基盤岩類で成る。
    先史時代の貝塚やグスク時代の多数の遺構が発見され、中でも瀬底グスクでは、
    青磁や染付けされた陶磁器が出土している。 伝承によると、ウチグスク周辺に
    生活していた7世帯が瀬底島を開闢したとされる。 1469年に第一尚氏王統最後の
    尚徳王が死去すると、同系の今帰仁按司の一人の子供がウチグスクに住み渡り、
    瀬底島に村落を形成したと言われる。
     
    IMG_4141
    IMG_4144
    IMG_4146
    IMG_4149
    IMG_4162
    IMG_4154

     【世界遺産 今帰仁城】
    沖縄県国頭郡今帰仁村に位置する城跡。 14世紀、琉球王国成立以前に存在した
    北山の国王・北山王の居城であった。 世界遺産、並びに、国の史跡に指定されている。
     
    IMG_3961
    IMG_3904
    IMG_3906
    IMG_3917
    IMG_3955
    IMG_3970

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    沖縄! に参加中!

    おきなわワールド
    は、那覇空港から車で南東方向に約30分のとろこに位置しており、
    最も有名な施設としては、鍾乳洞の「玉泉洞」がある。 この他にも敷地内には、世界に
    ひとつしかない「ハブ博物公園」、本物の古民家を移築し、その中で琉球文化を体験
    出来る「琉球王国城下町」、ハブ酒や地ビールの製造を行っている「南都酒造所」などが
    あり、異なる魅力を持った施設が一か所に全て集まっている。 毎日スーパーエイサー
    等のショーが行われており、各種イベントが充実しているのも特徴。

      

    園内で最初にオープンしたのが、鍾乳洞の「玉泉洞」。 何十万年も掛けて出来た
    鍾乳洞が愛媛大学の研究班によって発見された後、観光用に通路などが整備された。
    鍾乳洞内の鍾乳石の種類は全国で一番多く、37種類もの鍾乳石がある。 また数だけ
    ではなく、鍾乳石の密度も高い。 全長は、約5,000メートルあり、国内最大規模の
    鍾乳洞となっており、このうち、890メートルが一般公開され、100万本の鍾乳石が
    存在している。 残りの4,000メートル程は、研究調査が続けられており、普段は
    入る事が出来ないが、夏季限定で探検出来る要予約のオプションツアーもある。

     

    玉泉洞の出口から地上に出ると、おきなわワールドの一番奥へと辿り着く。 目の前には
    熱帯のフルーツ園が広がっており、更に進むと、お土産作りの体験が出来る陶器工房や
    琉球ガラス工房がある。 続いて、琉球王国城下町が再現されており、このゾーンでは、
    沖縄らしい赤瓦屋根の古民家が立ち並んでいる。 この古民家は、国の登録有形文化財
    にも指定されており、かつで実際に使用されていた古民家がここへ移築されたもの。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆ 

    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    沖縄! に参加中!

    旧海軍司令部壕は、昭和19年(1944)日本海軍設営隊によって掘られた司令部壕で、
    当時は、450メートルほどあったと言われている。 沖縄戦において大日本帝国海軍の
    司令部として使用された防空壕であったもの。 壁を見ると、手で掘った跡が残っており、
    これだけの規模の防空壕を手で掘り進めるのは、容易ではなった事が想像出来る。

    IMG_3468
    IMG_3472
    IMG_3479
    IMG_3482
    IMG_3483
    IMG_3494
    IMG_3499
    IMG_3497
    kaigunshireibu3

    カマボコ型に掘り抜いた横穴をコンクリートと坑木で固め、米軍の艦砲射撃に耐え、
    持久戦を続けるための地価陣地で、4,000人余の兵士が収容されていた。  幕僚室の
    壁には、手榴弾によって自決した後がクッキリと残っている。
     


    戦後しばらく放置されていたが、数回に渡る遺骨収集の後、昭和45年(1970)3月、
    観光開発事業団によって、司令官室を中心に、「旧海軍司令部壕」として、
    その一部が一般に公開され、周辺は海軍壕公園として整備されている。

    沖縄各地には、戦争の爪痕が各地に残っているが、旧海軍司令部壕は、那覇市内
    中心部からも近く、車で気軽に訪れる事が出来る場所であるため、一度は是非訪れて
    見て欲しい場所。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    沖縄! に参加中!

    昭和20(1945)年3月、アメリカ軍が上陸する直前の沖縄は、海上からの艦砲射撃と
    空からの爆撃と機銃掃射を浴びて、沖縄住民は戦争への総動員を余儀なくされて
    いた。 日本軍は、徹底抗戦の構えを取ったため、沖縄師範学校女子部と
    沖縄第一高等女学校女の生徒達は、それぞれ学校ごと戦争へと駆り立てられ、
    女学生達を勤労奉仕と称して、最前線の沖縄南部へと送った。 この学徒隊は、
    通称『ひめゆり部隊』と呼ばれた。

    IMG_3858

    沖縄南部の現糸満市付近では、日本軍が米軍との死闘を繰り広げられており、
    ひめゆり部隊が配属されたのは、後に、戦後最大の犠牲者を出した伊原第三外科
    壕跡であった。 そこは、防空壕の中に、仮設のベッドを備えただけの空気も
    よどんだ洞穴の中であったが、ひめゆり部隊は、ますます激化する戦火の中、
    命懸けで、弾丸運び、水汲み、死体運び、負傷者の手当て等々、日夜を問わず
    必死で働いた。

     

    重病患者達を日々壕の中に入れる作業は、正に命懸けで、 手足に重症を負って
    しまった患者の場合は、手足を切り落とすしか術がなかったため、学徒隊は、その
    切り落とした手足の運搬作業も行った。 更に、酷い患者の場合は、後で別の壕に
    移すと偽りを述べて、そのまま見殺しにし、毒入りのミルクを手渡して、自決を
    迫った。 



    ひめゆり部隊の卒業式も壕の内部で行われたが、ますます激しくなる一方の米軍の
    攻撃に、日本軍はいち早く後退してしまった。 だが、彼女達には何の保護も
    与えられず、敵軍の弾丸や機銃に曝されながら、大勢の犠牲者を出すばかりで
    あった。 その後、辛くも後退しながら軍隊に追い着いたが、狭い沖縄の島は
    何処へ行っても安全な場所は無く、島から脱出するには、既に時期を逃して
    しまっていた。

    沖縄にある平和を祈念する数々の慰霊碑他
    IMG_3838
    IMG_3833
    IMG_4240
    IMG_4209
    IMG_3867
    IMG_3853

    敵軍に包囲された島の中で、難民達は右往左往し、降伏を勧告する敵軍の放送に
    対して、思わず駆け出す住民達を日本軍は情け容赦もなく射ち殺した。 敗戦が
    濃厚となった6月18日、ひめゆり部隊には、突然解散命令が出され、学徒達は、
    突如、戦火の中へと投げ出される羽目となってしまったため、翌日の6月19日を
    はじめとする約1週間の間に、全体の死亡者のうちの約80%が死亡するといいう
    悲劇に見舞われた。

    201412170112354cc

    第三外科壕には、米軍によって、ガス弾が投げ込まれたため、その中に残っていた
    学徒の殆どの命が奪われ、荒崎海岸まで逃げ延びた学徒のうち、10人が手榴弾等を
    使用して、集団自決をした。 最終的には、教師・学徒297名のうち、戦没者は
    224名となっており、このような大量な死者を出してしまった背景には、敵への
    投降の仕方を教えられてはおらず、あくまでも、日本への忠誠と従順だけを強い
    られた結果と言える。

    IMG_4210
    荒崎海岸 ひめゆり部隊集団自決の地

    太平洋戦争での沖縄全体の死者数は約14万人。 現在、激戦地であった沖縄
    南部には、沢山の慰霊碑の建立や平和祈念公園の整備が行われており、改めて、
    平和を考え直すための場として、その意義を発揮している。



    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    アメリカとの関係は、日本では、沖縄ばかりが取り沙汰されているが、東日本大震災
    での米軍による『トモダチ作戦』は、日本では、殆ど報じられなかった。 先日、
    みやぎびっきの会会長のさとう宗幸氏が舞台の上で、『果たして、我々の状況が
    正確に伝わっているのか、不安になる時があります』と述べていたのだが、その
    不安は、もっともな話しで、長年関東に住んでいるものの、ハッキリ言って
    しまうと、東北の被災状況は、関東には、殆ど伝わってはいない。 その証拠に、
    周囲の人達から、被災地の状況等、一切訊かれた事すらないので、『無関心』が、
    この日本を駄目にしているのは、明白な事実と言える。

    現在、被災地に行くと、鉄道の路線が残っていない箇所が多々あるのだが、それは、
    自衛隊と米軍が、鬼のような活躍でものの数ヶ月程度で撤去したもの。 米軍が
    被災地に留まったのは、GW明けまでで、その米軍が去る際に、被災地の海岸に
    ローマ字で米軍へ向けて『Arigatou』と書かれていた事は、関東では、報道され
    なかった。

    tayori21-2

    東日本大震災被災地である東松島には、航空自衛隊がありながら、津波災害により、
    その機能が全てが麻痺し、自衛隊員たちの不眠不休の活躍により、4日後には、一部
    復旧を果たしたものの、その間、被災者達を助けに来たのは、米軍であった。
    実際に、アメリカと戦争になってしまった場合は、この勢いで米軍が押し寄せて
    来るのだと、逆に勘ぐってしまったが、沖縄の場合は、自分達を助けに来るのか、
    または、殺しに来るのか、良く分からない人たちが、目の前に居るため、気が気
    ではないのであろう。

    自衛隊や、米軍がすぐ近所にない人たちの場合は、何でも適当にものを言える
    のだが、一度、現地の人たちの気持ちを多少なりとも考えてみた方が良いと思う。
    自分の主義主張だけを押し通していると、相手からも、拒否されるだけ。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ