1986年4月26日1時23分に発生したチェルノブイリ原発事故により、
プルトニウム(半減期約2万4000年)、ヨウ素131(半減期約8日)、
セシウム134(半減期約2 年)、セシウム137(半減期約30年)、
ストロンチウム90(半減期約28年)等の大量の放射性物質が大気中に
放出された。  大気放出された放射線は、数時間後にスウェーデンや
フィンランドまで到達し、翌日の朝までにはイタリア北部や
アイルランドまで到達した。

26s04 cher5

最も広範囲に汚染された国々は、原発が立地するウクライナ(41,750平方
キロメートル)、ベラルーシ(46,600平方キロメートル)、ヨーロッパ・
ロシアの一部(57,100平方キロメートル)となっており、約9万人の労働者の
力を借りて『石棺』が建設されたのは、1986年6月から11月までの206日間
であった。

1986年11月30日、国家委員会の決定により、チェルノブイリ原子力発電所
4号炉の核燃料が抜き取られた。 現在、この強制避難区域内の特殊企業で
働いている従業員は約6,500名おり、更に、約2,500名がチェルノブイリ原発で
直接働いている。 原発事故後の11日間で、述べ10万人以上が避難をし、
1986年度中には、原発付近から合計約115,000人が避難、1986年以降、
ベラルーシ、ロシア、ウクライナからは合計で約22万人が移住をした。
チェルノブイリ原発から大気中に放出された放射性物質は、北半球全体で
測定された。

26s04 cher11

放射線による人体への影響は、予想されたものとは異なっており、被災地
からの強制移住によって、家族が崩壊したり、失を失ったり、うつ病および
ストレス関連疾患が激増した。 放射線による汚染地域に住む住民らのうち、
国際的に認められた白血病の発生率が増加したという証拠はまだない。
成長過程におけるガンの発生率に関しても、統計的に確かな根拠はなく、
奇形児の誕生もなかった。 ウクライナ西部の慈善団体が寄付を集めるために
使用していた先天的に障害を持った乳児のほとんどの写真は、チェルノブイリとは
何の関係もない病気の写真であった。

原発事故後は、今後奇形児が生まれるという噂により、ウクライナや
ベラルーシでは中絶が激増した。 放射線の影響により数千人が死亡した、
あるいは、深刻な病気を抱えている人が350万人もいるとも言われたが、
実際に原発事故で死亡したのは134名であり、その死亡理由は急性放射線症
であった。 このうち、事故直後の2ヶ月間で28名が死亡した。

最大の放射能汚染を受けたのは、事故当時の天候から、チェルノブイリ原子力
発電所のすぐ北に位置するベラルーシであり、放射性希ガスを除く全放出量の
およそ70%が同国に落下・沈着したと推定されている。 セシウム137の
濃度が1平方メートル当り3万7000ベクレル(旧単位で1平方キロメートル当り
1キュリー)以上の汚染地域がベラルーシでは全国土面積の23%に達した。
これに対しウクライナでは5%、ロシアでは0.6%であった。 ベラルーシの
汚染地域に居住する人口は220万人で、同国人口のおよそ5分の1に達した。

osentizu

1989年に公式に発表された汚染地図は、三つの共和国の約2万5000平方キロ
メートル(日本の四国の面積が約1万8000平方キロメートル)2,225居住地区が、
1平方メートル当り18万5,000ベクレルを超えるセシウム137の地表汚染のある
ことを示している。  これらの地域では外部照射に基づく被曝線量だけでも
年間4.38ミリシーベルトに達し、そこに住み続けた場合は、医学的検診が必要な
レベルに達することになる。

2005年までのデーターによると、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ国内では、
事故により被爆したとされる小児や青少年のうち、6,000件以上が甲状腺ガン
として登録されており、今後も数値の増加が予想される。 これらのガン
発症例の多くは、事故直後の放射線被爆によって引き起こされた可能性が高いが、
発症例の増加や事故20年後の人体への影響に関する医学的な根拠は今のところ
解明されていない。 よって、放射線によるガンの発生率、死亡率、良性腫瘍等の
増加率に関しては、科学的根拠がない。 白血病に関しては、発生率は増加して
おらず、高濃度汚染地域に住んでいる国民は、放射線の影響により、日々被曝の
可能性には直面しているが、国民の多くが重大な健康被害を被る可能性は低い。
原発事故とは全く関係がない他の健康被害もチェルノブイリ原発事故の中には
多数混在している。


26s04 cher6

【放射性物質の放出】
チェルノブイリ原発事故は、定期メンテナンスのために原子炉を停止する際に、
電源システムの実験を行っていた最中に発生した。 安全基準を無視して、
監視システムの電源を切り、元々、設計ミスであった原子炉が不安定となった。
急激に電力が増加したことにより、水蒸気爆発が発生し、原子炉本体に亀裂が
発生し、炉心が破壊され、原子炉建屋が大規模損傷した。 その後、炉心から
発生した火災により、10日間火災が続いた。 このような条件の下、大量の
放射性物質が大気中に放出された。

事故直後に建設された石棺の建設費は3億ドルとなっており、1992年から1998年
までの間は、ロシアだけが連邦予算から30億ドルを支払っていた。 米国と
西ヨーロッパ諸国は、これまでにウクライナにおける事故を処理するために
8億ドル以上を費やした。 予測によると、ベラルーシでは、チェルノブイリ
被災者に対する補償として、820億ドルを2015年までに費やす予定となっている。
欧州復興開発銀行(ECB)は、チェルノブイリの影響を解消するために23億
ユーロを費やす計画となっている。 過去10年間で、ウクライナはチェルノブイリ
原発に対して、60億ドルを費やした。 キエフ政府によると、今後20年間で、
更に50億を要するという。

最も被害を最小に見積もった調査によれば、チェルノブイリ原発の事故処理を
完了するためには、全世界で更に10億から12億ドルのコストが掛かると
言われている。 

26s04 cher7

チェルノブイリ原発強制移住区域における事故と人命への影響
チェルノブイリ原発事故の結果、総面積207.5千平方キロメートル、合計
17カ国に渡る広大な土地が1Ci/km2(37 kBq/m2)以上のレベルでセシウム137に
よって汚染された。 セシウム137による汚染は、ウクライナで37.63千平方
キロメートル、ベラルーシで43.5千平方キロメートル、ロシアで59.3千平方
キロメートルとなっている。 ロシアでは、19名がセシウム137により被爆した。
最も汚染された地域は、ブリャンスク州(汚染地域11.8千平方キロメートル)、
カルーガ州(4.9千平方キロメートル)、トゥーラ州(11.6万平方キロメートル)、
オリョール州(8.9千平方キロメートル)となっている。

1Ci/km2以上のレベルでのセシウム137により汚染された地域は、約6万平方
キロメートルとなっており、この中には、旧ソ連邦以外のオーストリア、ドイツ、
イタリア、英国、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー他が含まれており、
西ヨーロッパ諸国全域が広域に渡って汚染された。 ロシア科学アカデミーに
よると、ロシア、ウクライナ、ベラルーシの国土の広範囲が5Ci/km2(185m2)
以上の水準で汚染され、約52,000平方キロメートルの農地がセシウム137と
ストロンチウム90に汚染されたが、それぞれの半減期は30年と28年となっている。

事故直後に31名が死亡し、消火活動に参加した60万人が高線量の放射線により
被爆した。 約840万人のベラルーシ、ウクライナ、ロシア国民が被爆し、
そのうち約404,000人が移住した。 事故後は、放射線量が非常に高いため、
原子力発電所の運転が停止された。 汚染された地域の除染と石棺建設の後、
1986年10月1日には第1電源回路が、11月5日には第2電源回路が、そして、
1987年12月4日には、第3第一電源回路が遮断された。 チェルノブイリ原子力
発電所は、最終的には、2065年に完全に廃止される予定となっている。

チェルノブイリ原発作業員とその家族が住む街、プリピャチ市民の避難は、
4月27日14:00から始まった。 市民には「3日間」だけ街を離れると告げられたが、
その後、この地に再び戻って来ることはなく、街は土で埋められた。 キエフと
その他の地域から1,225台のバスが到着し、2台のディーゼル車が鉄道の駅に
送られた。 この他にも、自宅に車を持っていた市民らは自力で避難をし、
人口約5万人全員が3時間以内に避難を完了した。 5月上旬には、キエフ市内の
全ての児童がピオネールキャンプ場へと連れて行かれたため、キエフ市内からは
子供の姿が完全に消えた。

2144474

【健康に対する影響】
チェルノブイリ原発事故の直後、放射線の影響により急性放射線障害が発生した。
1986年4月26日早朝からの作業を行っていた600人の作業員のうち、134名は、
高濃度の放射線(0.8-16グレイ)を浴びて急性放射線障害になった。 これらの
うち、28名は事故発生直後の3ヶ月間に死亡し、残りの19名は、必ずしも放射線
被ばくとは関連しておらず、様々な理由により、1987年から2004年の間に
死亡した。 また、原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)の
2008年度の報告書によると、事故後の作業員53万人の大部分は、1986年から
1990年までの期間に、0.02 - 0.5 グレイの被曝をした。 これら作業員は、ガンや
他の病気の発症等の可能性があるため、長期的に厳格な健康管理を行っている。

放射線にさらされた青少年の間では甲状腺ガンの発生率が急激に増加したが、
原発事故が原因でガンや白血病を発症したという明確な証拠はなく、放射線量は
高かったものの、他にも時間を掛けた調査が必要で、これらの病気は、事故前
にも被災地で観察されていたことにも留意すべきである。
【現場責任者のその後】
尚、原発の現場責任者であったブリュハーノフ所長、フォーミン技師長、
ディアトロフ副技師長は、1986年8月に全ての役職を剥奪されて失脚し、安全
規則違反で刑事裁判に掛けられ禁固10年を宣告、労働収容所に収監された。
ブリュハーノフはこれに加えて、権力濫用の廉で更に5年の刑期を追加されている。

>>トップページに戻る





クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村