多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:民族浄化

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    サラエヴォの旧市街から3番トラムに乗車して、トンネル博物館へと向かいます。
    その道すがら、通称『スナイパー通り』を通りました。 この通りでは、内戦時、
    女子供老人を含む、動く者全ての人間が射殺されました。 ボスニア側の説明に
    よると、セルビア連邦軍が射殺したとの説明でありましたたが、セルビア連邦軍で
    なくとも、そこまでやる必要性があったのか、いくら戦争とは言え、他の民族を
    手当たり次第に殺戮しまくった旧ユーゴにおける内戦は、アメリカが介入して
    来なければ、『民族浄化』まではエスカレートすることはなかったと思います。

    【ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦】
    IMG_1863

    【サラエヴォ包囲網】
    IMG_1864

    上記の図は、サラエヴォ包囲の図と、肌色っぽい場所は、現在のスルプスカ
    共和国の国土を表しています。 旧ユーゴでの内戦中、サラエヴォは、セルビア
    連邦軍に完全に包囲されたため、サラエヴォ空港の真下にトンネルを掘り、物資を
    輸送して、皆何とか生き延びました。 そのため、別名『希望のトンネル』と
    呼ばれています。 このトンネルは、空港のすぐ隣にあるのではなく、空港
    滑走路の真下にあり、そのうち25mのみが一般公開されています。

    IMG_1860
    IMG_1861
    IMG_1862
    IMG_1865
    IMG_1866
    IMG_1867
    IMG_1869
    IMG_1870
    IMG_1876

    元々、ユーゴスラヴィアでは、セルビア人、クロアチア人、ムスリム人、
    スロヴェニア人、マケドニア人、アルバニア人、ハンガリー人が共存して
    いましたが、北部にある経済力のあるクロアチアとスロヴェニアが、南部にある
    マケドニアやボスニアとの経済格差に対して、不公平感の是正を求めて独立を
    宣言しましたがが、これが戦争の始まりでした。 その後、セルビア連邦軍が
    介入し、更に、アメリカを中心としたNATO軍が介入し、クロアチアと
    スロヴェニアでは、内戦はそこまでは泥沼化しなかったものの、ここ
    ボスニア・ヘルツェゴビナでは、宗教が全く異なる3民族が共存していたため、
    内戦が泥沼化し、最終的には、セルビア人の共和国であるスルプスカ共和国が
    ボスニア連邦からは完全に分離し、停戦となりました。 今でも、火種は
    あるものの、今のところは、3民族が完全に住み分けを行うことで、平和が
    保たれている状況です。

    希望のトンネルとそこにある展示品は、実際に戦争で使われた物ばかり。
    希望のトンネルは、現在は埋め立てられており、この25mのみが一般公開されて
    います。 空港滑走路の真下を通っているため、恐らく、安全上の理由により、
    埋め立てられたのだと思いますが、緊急物資を運ぶためとは言え、短期間で
    この様なトンネルを掘るのは、至難の技だと思います。 しかも、天井が非常に
    低いため、相当屈まないと頭がぶつかります。

    IMG_1871
    IMG_1872
    IMG_1873
    IMG_1874
    IMG_1875
    IMG_1878
    IMG_1879
    IMG_1880
    IMG_1881

    壁の銃弾は、当時のまま。 旧ユーゴの時代は、民族や宗教の違いを超えた
    理想郷の様に言われていたサラエボも、最終的には、こんな有様になりました。
    余りにも違い過ぎる場合は、諦めが付いて許せるものの、民族的に非常に似ていて、
    かつ、思考回路が全く違うため、血みどろの戦争へと突入しました。 アメリカが
    介入して来なければ、ここまで大規模な戦争にはならなかったと思います。
    アメリカを中心とするNATO軍に対して、セルビアを身を挺して守ったのは、同じ
    スラブの兄弟国家であるロシアだけでした。

    サラエヴォ・トンネル博物館は、サラエボ空港の真下にあるため、帰りは空港を
    見ながら、歩いて路面電車の駅へ行きました。 正確に言うと、ボスニア・
    マルカの手持ちがゼロになったため、バスに乗れませんでしたw よって、帰り道の
    ショッピングモールにあった、ロシアのズベルバンクでユーロからマルカへと
    両替をしました。 旧ユーゴ諸国で一番メジャーな銀行は、ズベルバンクだと
    思います。 尚、セルビア人のスルプスカ共和国は、サラエボに大きく食い込んで
    いるため、この山を越えた向こう側はもうスルプスカ共和国です。

    IMG_1882
    IMG_1883
    IMG_1886
    IMG_1885
    IMG_1887
    IMG_1888
    IMG_1889
    IMG_1890
    IMG_1891

    再度、スナイパー通りを抜け、途中、西側報道陣が内戦時に最後の最後まで
    立て篭って報道を続けたという『いわく付き』のホテルでおトイレを借りましたw
    サラエボでは、セルビア連邦軍のことを余り良くは語られてはいませんでしたが、
    私の場合は、セルビアやスルプスカ共和国側の状況を先に見て来てからボスニアに
    やって来たため、一切その様には感じませんでした。 『真実はひとつだけ』と
    良く語られているものの、見方によっては、真実はひとつだけではないため、
    多角的に物事を見るべきです。 ムスリム人やクロアチア人から見た場合はそう
    なのかも知れませんが、セルビア人から見た場合は、全く違うと思います。

    この施設は、サラエヴォ市内からは、合計2時間近く掛かる施設ですが、
    サラエヴォを訪れた際には、1回は絶対に見ておくべき施設です。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1991年6月になると、スロベニアとクロアチアがユーゴスラビアからの独立を
    宣言した。 それに反対するセルビア人中心のユーゴスラビア連邦軍は、
    スロベニアに介入。 だが、綿密な計画と戦略、それに国民の9割がスロベニア人
    だったこともあって、10日間でスロベニアは独立を果たす。 しかし、クロアチア
    紛争は違った。 ユーゴスラビア王国当時からの懸案とされていた、セルビア人と
    クロアチア人の激しい民族対立が再燃したのだ。

    nation0904

    6月25日の独立宣言以降、クロアチアでの戦闘は、クロアチア国内に残留した
    セルビア人との間で続いた。 しかし、9月になってユーゴスラビア連邦軍
    (実質的にはセルビア人中心の軍隊)が、クロアチアの首都ザグレブを襲撃
    するにおよび、大規模な戦闘に発展、民族紛争は、本格化した。 特に、
    クロアチア人とセルビア人が混住するスラボニア地区での戦闘では、死者
    3000人を数えたが、元々は仲良く暮らしていた隣り同士だった。

    アメリカ、ロシア、EU、国連などが調停を試みたが、双方の憎しみは深く、
    クロアチア軍は何度もセルビア人自治区に攻勢を掛け、略奪、暴行、虐殺の
    限りをつくした。 この結果、セルビア人自治区は全て制圧され、1995年に
    内戦は終結した。

    クロアチア紛争を契機に、1992年に独立したボスニア・ヘルツェゴビナでも
    紛争が起きた。 430万人の人口のうち、33%を占めるセルビア人の反発を無視し、
    人口比17%のクロアチア人と44%のボシュニャク人(イスラム教徒)が、独立を
    問う住民投票を独断で進めた結果の宣言だった。 不満を抱いたセルビアは、
    大規模な軍事行動を開始。 内戦は3年以上にもおよんだ。

    30b44eaf

    【民族浄化】
    この内戦では、民族浄化と呼ばれる異民族排除の政策がとられた。 民族浄化
    とは、ある地域を民族的に単一なものにすることを目的に、嫌がらせや差別的な
    待遇、資産の強制接収や略奪など、異民族が退去せざるを得ない状況に追いやる
    方法がとられたり、戦闘能力があると見なされた男は、各地で集団殺害や強制
    収容の対象とされたりした。 また、家父長的な男権社会の影響が残るボスニア・
    ヘルツェゴビナの農村部では、強制収用された異民族の女性らを組織的に強姦し、
    妊娠後しばらくしてから解放することによって、出産せざるを得ない状況に
    追い込んだ。 女性を強姦によって妊娠させるこの方法は、更に多くの異民族の
    自発的な避難を促すことが出来るからだ。

    このような民族浄化を含め、全土で戦闘が繰り広げられた結果、死者20万人、
    難民、避難民200万人が発生、第二次世界大戦後のヨーロッパ最悪の紛争となった。

    【お勧めの一冊】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ